基本情報

写真a

有賀 義明

ARIGA Yoshiaki


職名

教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

  • 修士(工学)

  • 学士(工学)

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 電力土木技術協会 個人会員

  • 土木学会 正会員(フェロー)

  • 土木学会地震工学委員会耐震基準小委員会

  • 日本地震工学会 正会員

  • 耐震工学構造に関する国際科学諮問委員会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 構造工学・地震工学・維持管理工学

  • 自然災害科学・防災学

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    ・地震工学、防災工学
    ・ダム、洪水吐、電力施設、耐震性能照査、地震対策技術、緊急地震速報、津波避難行動、三次元動的解析、地震防災、都市防災

    (研究概要)

    ・ダム、洪水吐施設の耐震性能照査法に関する研究
    ・水道施設の耐震性能照査および地震対策技術に関する研究
    ・損傷・破壊を考慮した地震対策技術の合理化に関する研究
    ・地表の断層変位に対する長大構造物の安全性評価法の研究
    ・緊急地震速報、大津波警報を活用した即時的地震防災技術の研究
    ・大都市の地上構造物と地下構造物の地震時相互影響に関する研究
    ・原子力発電施設の地下立地に関する研究

    (協力できる内容)

    ・ダム、洪水吐、電力施設等の耐震性能照査および地震対策
    ・水道施設の耐震性能照査および地震対策
    ・地表に現れる地震断層の変位に対する重要構造物の安全性評価
    ・緊急地震速報および津波警報を活用した地震防災技術
    ・免震ジョイントを活用した各種構造物の地震対策技術
    ・地震災害の繰返しを断つための方策についての提言、助言

    (PR)

    地震・防災工学は、人の生命と財産を救うことができる技術分野であり、世の中の役に立つ教育・研究の実践をいつも心がけています。地震防災を実現するためには、地震、地震動、地盤、構造物、人間、都市、数値解析、振動実験、現地観測等々、非常に多岐にわたる知識と総合的な技術力が要求されると思いますが、電力会社における豊富な実務経験を生かして、有用性に優れた研究・教育に取り組んでいます。

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Seismic Stability Assessment of an existing arch dam considering the effects of joints (共著),21th International Congress on Large Dams,9巻 (頁 553 ~ 576) ,2003年06月,Y. Ariga,Z. Cao,H. Watanabe

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

  • 日本語,ジョイントの挙動を考慮した既設アーチダムの耐震性評価 (共著),大ダム,185号 (頁 78 ~ 87) ,2003年10月,有賀義明,曹増延,渡邊啓行

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 日本語,強震時のジョイントの非連続的挙動を考慮したアーチダムの三次元動的解析に関する研究,土木学会論文集,759号 (頁 53 ~ 67) ,2004年04月,有賀義明,曹増延,渡邊啓行

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Reproduction Analysis of Real Behavior of Existing Arch Dam during the 1995 Hyogoken Nanbu Earthquake ,13th World Conference on Earthquake Engineering ,405号 (頁 1 ~ 10) ,2004年08月,Yoshiaki ARIGA, Hiroyuki WATANANE

    研究論文(国際会議プロシーディングス),論文執筆および口頭発表,共著,構造工学・地震工学・維持管理工学

  • 英語,Development of 3D Dynamic Analysis Method for coupled Dam-Joints-Foundation-Reservoir System,13th World Conference on Earthquake Engineering,412号 (頁 1 ~ 13) ,2004年08月,Y. ARIGA, Z. CAO, H. WATANABE

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著,構造工学・地震工学・維持管理工学

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,性能規定型耐震設計-現状と課題-,日本地震工学会,2006年06月,「川島一彦」「久保哲夫」「有賀義明」「和泉信之」「他」

    単行本(学術書),第2章2.5 (p110~117),共著,構造工学・地震工学・維持管理工学

  • 日本語,緊急地震速報-揺れる前にできること-,東京法令出版,2007年08月,「目黒公郎」「藤縄幸雄」「堀内茂木」「有賀義明」「他」

    単行本(学術書),第3章4.電力分野における活用のあり方,共著,自然災害科学・防災学,構造工学・地震工学・維持管理工学

  • 日本語,防災ハンドブック2012年度版,エフエム青森,2012年09月,有賀 義明

    その他,全部,監修書,自然災害科学・防災学

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 日本語,ズームアップ地下 構造物間の接続面に安価な免震構造,日経BP社,日経コンストラクション,494号 (頁 6 ~ 11) ,2010年04月,大村拓也, 猪子敬之介

    総説・解説(商業誌),共著,構造工学・地震工学・維持管理工学

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 水力百年記念懸賞論文最優秀論文賞,1992年08月20日

  • 電力土木技術協会創立50周年記念懸賞論文優秀論文賞,2002年07月20日

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,科学・技術の最前線(F),21世紀教育科目

  • 2016年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,地球環境学概論Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,地球環境学演習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,地球環境学演習Ⅱ,専門教育科目(学部)

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 津軽広域水道企業団研修会講師,2008年01月

  • 1968年十勝沖地震40年防災フォーラム(1968年十勝沖地震40年防災フォーラム実行委員会),2008年01月 ~ 2008年05月

  • 岩手県立黒沢尻北高校出前講義,2008年06月

  • 青森県立田名部高校ドリーム講座,2008年08月

  • 青森県立青森戸山高校 出張講義,2008年10月

全件表示 >>