基本情報

写真a

斉藤 まなぶ

SAITOU MANABU


職名

講師

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本児童青年精神医学会

  • 東北児童青年精神医学会

  • 日本臨床精神神経薬理学会

  • 日本子ども虐待防止学会

  • 日本精神神経学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 児童精神医学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Poor reliability of therapeutic drug monitoring data for haloperidol and bromperidol using enzyme immunoassay.(共著),Therapeutic Drug Monitoring,25巻 6号 (頁 709 ~ 714) ,2003年12月,Yasui-Furukori N, Furukori H, Saito M, Inoue Y, Kaneko S, Tateishi T.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Establishment of new cloned enzyme donor immunoassays (CEDIA) for haloperidol and bromperidol.(共著),Therapeutic Drug Monitoring,26巻 3号 (頁 336 ~ 341) ,2004年06月,Yasui-Furukori N, Saito M, Furukori H, Inoue Y, Someya T, Kaneko S, Tateishi T.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Steady-state pharmacokinetics of a new antipsychotic agent perospirone and its active metabolite, and its relationship with prolactin response.(共著),Therapeutic Drug Monitoring,26巻 4号 (頁 361 ~ 365) ,2004年08月,Yasui-Furukori N, Furukori H, Nakagami T, Saito M, Inoue Y, Kaneko S, Tateishi T.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Thioridazine inhibits risperidone metabolism: a clinically relevant drug interaction.(共著),Journal of Clinical Psychopharmacology,25巻 1号 (頁 89 ~ 91) ,2005年02月,Nakagami T, Yasui-Furukori N, Saito M, Mihara K, De Vries R, Kondo T, Kaneko S.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Effect of verapamil on pharmacokinetics and pharmacodynamics of risperidone: in vivo evidence of involvement of P-glycoprotein in risperidone disposition.(共著),Clinical Pharmacology and Therapeutics,78巻 1号 (頁 43 ~ 50) ,2005年07月,Nakagami T, Yasui-Furukori N, Saito M, Tateishi T, Kaneo S.

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,子どものこころの医学,金芳堂,2014年07月,中村和彦, 他

    単行本(学術書),その他

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 日本語,Clinical pharmacogenetics in the treatment of schizophrenia,日本神経精神薬理学会,Nihon Shinkei Seishin Yakurigaku Zasshi.,2005年06月,Saito M, Yasui-Furukori N, Kaneko S.

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著

  • 日本語,自閉症スペクトラム障害の早期発見-5歳児健診-,金剛出版,臨床心理学,16巻 2号 ,2016年03月,斉藤まなぶ、吉田恵心、他

    総説・解説(学術雑誌),共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床精神神経薬理学会 奨励賞,2006年10月

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,BSL,専門教育科目(学部)

  • 2017年度,クリニカルクラークシップ,専門教育科目(学部)

  • 2017年度,研究室研修,専門教育科目(学部)

  • 2017年度,神経精神医学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2017年度,神経精神医学Ⅱ,専門教育科目(学部)

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 第6回北東北精神科研究会,2009年06月

  • DSS Symposium in AOMORI,2009年07月

  • 平成21年度中南地区市町村児童家庭相談担当者および施設職員等研修会,2009年08月

  • 弘前市民生委員児童委員協議会児童福祉部会研修会,2009年08月

  • 青森精神科薬物治療研究会,2009年09月

全件表示 >>