基本情報

写真a

多田羅 洋太

TATARA Yota


職名

助教

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0172-39-5015

ホームページ

http://www.med.hirosaki-u.ac.jp/~bioche1/

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会

  • 日本農芸化学会

  • 日本糖質学会

  • 日本応用糖質科学会

  • 日本結合組織学会

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Identification of catalytic residues of Ca2+-independent 1,2-alpha-D-mannosidase from Aspergillus saitoi by site-directed mutagenesis.,The Journal of Biological Chemistry,278巻 28号 (頁 25289 ~ 25294) ,2003年04月,Yota Tatara, Byung Rho Lee, Takashi Yoshida, Koji Takahashi, and Eiji Ichishima

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Grifolisin, a member of the sedolisin family produced by the fungus Grifola frondosa.,Phytochemistry,66巻 9号 (頁 983 ~ 990) ,2005年04月,Norio Suzuki, Kohzoh Nishibori, Yasuo Oodaira, Shin-ichi Kitamura, Kenji Michigami, Keiko Nagata, Yota Tatara, Byung Rho Lee, and Eiji Ichishima

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,A single free cysteine residue and disulfide bond contribute to the thermostability of Aspergillus saitoi 1,2-alpha-mannosidase.,Bioscience Biotechnology and Biochemistry,69巻 11号 (頁 2101 ~ 2108) ,2005年11月,Yota Tatara, Takashi Yoshida, and Eiji Ichishima

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Acid activation of protyrosinase from Aspergillus oryzae: homo-tetrameric protyrosinase is converted to active dimers with an essential intersubunit disulfide bond at acidic pH.,Pigment Cell & Melanoma Research,21巻 1号 (頁 89 ~ 96) ,2008年02月,Yota Tatara, Takeshi Namba, Youhei Yamagata, Takashi Yoshida, Takafumi Uchida, and Eiji Ichishima

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Novel Functions of prolyl isomerase Pin1.,Tohoku journal of agricultural research,58巻 4号 (頁 147 ~ 156) ,2008年03月,Hirotada Akiyama, Yota Tatara, and Takafumi Uchida

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 日本語,GH 47 α-マンノシダーゼの触媒構造について,日本応用糖質科学会,日本応用糖質科学会誌,1巻 2号 (頁 168 ~ 173) ,2011年02月,吉田 孝, 多田羅 洋太, Yuri D. Lobsanov, and Lynne P. Howell

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

  • 日本語,クラスター効果による糖鎖の相互作用,国際文献社,化学と生物,54巻 11号 (頁 789 ~ 790) ,2016年10月,多田羅 洋太

    総説・解説(学術雑誌),単著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会東北支部優秀論文賞,2016年05月21日

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,最新医学の現状(Q),21世紀教育科目

  • 2018年度,特別教育科目(研究室研修),専門教育科目(学部)

  • 2018年度,生化学実習,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,生化学講義,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,医学・医療の世界-医学研究の進歩-,教養教育科目

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • プレスリリース,2017年11月