基本情報

写真a

岡﨑 雅明

OKAZAKI MASAAKI


職名

教授

ホームページ

http://www.ric.hi-ho.ne.jp/organomet/index.html

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会東北支部

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Synthesis, Structures, and Reactions of Dirhodium Complexes Bearing 1,2-Diphenyl-3,4-diphosphinidenecyclobutene Ligand (DPCB),Organometallics,28巻 (頁 902 ~ 908) ,2009年02月,Masaaki Okazaki, Akito Hayashi, Ching-Feng Fu, Shiuh-Tzung Liu, and Fumiyuki Ozawa

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Redox-responsive Recombination of Carbon–Carbon Bonds on Flexible Tetrairon Cores,J. Am. Chem. Soc.,131巻 (頁 1684 ~ 1685) ,2009年02月,Masaaki Okazaki, Masato Takano, Fumiyuki Ozawa

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Synthesis and Characterization of DMAP-Stabilized Aryl(silylene) Complexes and (Arylsilyl)(DMAP) Complexes of Tungsten: Mechanistic Study on the Interconversion between These Complexes via 1,2-Aryl Migration,Organometallics,28巻 (頁 1791 ~ 1799) ,2009年03月,Eiji Suzuki, Takashi Komuro, Masaaki Okazaki, Hiromi Tobita

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Redox-Active Phosphorus Ligands Bearing a [4Fe–4C] Core Substituent,Organometallics,28巻 (頁 7055 ~ 7058) ,2009年12月,Masaaki Okazaki, Ken-ichi Yoshimura, Masato Takano, Fumiyuki Ozawa

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Synthesis and Characterization of κ2C,N-N-Silyliminoacyl Tungsten Complexes Cp*(CO)2W{κ2C,N-C(R)═NSiR'3} [R = Me, Et, i-Pr, t-Bu; R'3 = (p-Tol)2Me, (p-Tol)3, Et3; Cp* = η5-C5Me5]: Thermally Induced Carbon−Carbon Bond Cleavage of Their Iminoacyl Ligands,Organometallics,29巻 (頁 1839 ~ 1848) ,2010年04月,Eiji Suzuki, Takashi Komuro, Yuto Kanno, Masaaki Okazaki, Hiromi Tobita

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,無機化学命名法-IUPAC2005年勧告-,東京化学同人,2010年03月,荻野博,岩本としたけ,岡崎雅明,斉藤太郎,中原まさよし

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,錯体化学選書「有機金属化学」,三共出版,2010年10月,中沢 浩,小坂田耕太郎編,上野圭司,岡﨑雅明,河野泰朗,松坂裕之,水田勉

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,錯体化学選書6 有機金属化学第2版,三共出版,2014年06月,中沢浩、小坂田耕太郎、上野圭司、岡崎雅明 他

    単行本(学術書),共著,無機化学

  • 日本語,基本無機化学第3版,東京化学同人,2016年09月,荻野博, 飛田博実, 岡崎雅明

    単行本(学術書),共著

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 日本語,四鉄-四炭素相乗系錯体の化学,触媒学会,触媒,52巻 4号 ,2010年06月,岡崎雅明

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 英語,Oxidative addition of Boron-Fluorine Bonds toward Transition Metals,近畿化学協会,Organomtallic NEWS,1巻 (頁 27) ,2012年03月,Masaaki Okazaki

    総説・解説(その他),単著

  • 日本語,元素戦略に基づく普遍金属の多機能化による二酸化炭素資源化プロセスの開発,HIROSAKI UNIVERSITY,2014 HIROSAKI UNIVERSITY RESEARCH HIGH LIGHTS,2014年,岡崎雅明

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著

  • 日本語,多金属反応場での二酸化炭素をC1炭素資源とする物質エネルギー創成化学,内閣府,最先端次世代研究開発支援プログラム成果集, (頁 11) ,2014年10月,岡崎雅明

    総説・解説(その他),共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • BCSJ賞,2016年01月15日

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2013年度,化学の基礎Ⅱ(A),21世紀教育科目

  • 2013年度,フロンティア化学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2013年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2013年度,無機・分析化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2013年度,無機化学Ⅰ,専門教育科目(学部)

全件表示 >>