基本情報

写真a

久保田 健

KUBOTA TAKESHI


職名

准教授

研究室電話

017-762-7764

ホームページ

http://njrise.cc.hirosaki-u.ac.jp/reserach-groups/electric-vehicle-g

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

  • 修士(理学)

  • 学士(理学)

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本金属学会

  • 東北大学金属材料研究所新素材共同研究開発センター共同利用運営委員会(兼採択委員会)

  • 日本MRS学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 複合材料・表界面工学

  • 金属物性・材料

  • 機械材料・材料力学

  • 構造・機能材料

  • ナノ材料化学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Rapid-Solidification Effect on Magnetostriction in Fe based Ferromagnetic Shape Memory Alloy,MRS Proceedings,703巻 V1号 (頁 23 ~ 25) ,2001年01月,Yasubumi Furuya, Takeshi Kubota, Teiko Okazaki, Mitsutaka Sato, Manfred Wuttig

    研究論文(国際会議プロシーディングス),試料作製、磁性全般の測定、構造解析,共著,金属物性・材料

  • 日本語,急冷凝固Fe-Pd 合金薄帯の超磁歪,日本金属学会誌,65巻 9号 (頁 827 ~ 830) ,2001年09月,久保田 健, 古屋 泰文, 岡崎 禎子, 道上 宗巳

    研究論文(学術雑誌),素材作製、磁気測定、構造解析、執筆,共著,金属物性・材料

  • 日本語,Fe-Pd 合金超磁歪の急冷凝固効果,日本金属学会誌,65巻 12号 (頁 1053 ~ 1056) ,2001年12月,久保田 健, 岡崎 禎子, 古屋 泰文

    研究論文(学術雑誌),試料作製、磁気測定、構造解析、執筆,共著,金属物性・材料

  • 日本語,磁性形状記憶Fe-Pd 合金相変態の磁気バルクハウゼンノイズによる評価,日本金属学会誌,66巻 1号 (頁 28 ~ 33) ,2002年01月,古屋 泰文, Nesbitt W. Hagood, 田本 静香, 久保田 健, 岡崎 禎子

    研究論文(学術雑誌),試料作製、バルクハウゼンノイズのデータ変換と解析、執筆,共著,金属物性・材料

  • 英語,Effect of Rapid Solidification on Giant Magnetostriction in Ferromagnetic Shape Memory Iron-Based Alloys,Science and Technology of Advanced Materials,3巻 2号 (頁 201 ~ 207) ,2002年02月,T. Kubota, T. Okazaki, H. Kimura, T. Watanabe, M. Wuttig, Y. Furuya

    研究論文(学術雑誌),磁性測定と解析、構造解析、執筆,共著,金属物性・材料

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,未来型アクチュエータ材料・デバイス,シーエムシー出版,2006年12月,古屋 泰文、樋口 俊郎、今泉 伸夫、久保田 健、他44名

    単行本(学術書),第5章第1節 マルチフェロイクスの材料科学とデバイス化研究,共著,構造・機能材料,複合材料・表界面工学

  • 日本語,高出力の磁歪振動発電デバイスの開発と将来展望 ~道路・橋脚・ITS・医療などの無給電モニタを実現~,(株式会社))電子ジャーナル,2013年08月,久保田 健

    その他,単著,構造・機能材料,電力工学・電力変換・電気機器,電子・電気材料工学

  • 日本語,磁気便覧,丸善出版,2016年01月,久保田 健, 牧野 彰宏 他

    事典・辞書,論文推敲、執筆、図表作製、校正,分担執筆,金属物性・材料,電子デバイス・電子機器,無機材料・物性

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 日本語,アモルファス磁歪層を用いた磁歪/電歪マルチ・フェロイック素子の検証,東北大学金属材料研究所新素材共同研究開発センター,新素材共同研究開発センターニュース,3巻 (頁 12 ~ 14) ,2014年05月,久保田 健

    総説・解説(大学・研究所紀要),単著,電子・電気材料工学,金属物性・材料

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 奨励賞,2003年11月

  • 若手研究奨励賞,2007年09月

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,環境と資源(F),21世紀教育科目

  • 2016年度,環境と生活-総合エネルギー学-,教養教育科目