基本情報

写真a

床次 眞司

TOKONAMI SHINJI


職名

教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本保健物理学会

  • 日本原子力学会

  • 日本アイソトープ協会

  • 日本放射線影響学会

  • 青森県原子力施設環境放射線等監視評価会議

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 放射線・化学物質影響科学

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    放射線計測、線量評価、国際標準

    (研究概要)

    1)放射線計測技術・線量評価手法の高度化・標準化に関する研究
    2)環境中の放射性物質・放射線の測定にかかる評価並びに動態に関する研究
    3)放射線防護体型構築のためのリスク解析研究(リスクコミュニケーション、疫学調査など)

    (協力できる内容)

    環境中や施設などの放射線計測や線量評価に関する相談。

    (PR)

    国内のみならず海外の研究機関と連携して複数の共同研究を展開中。特にアジアとアフリカに対して環境放射線計測に関する技術的支援を行なっている。

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Radiation dose of workers originating from radon in the show cave of Tapolca, Hungary,Journal of Radioanalytical and Nuclear Chemistry,279巻 1号 (頁 219 ~ 225) ,2009年01月,J. Somlai, S. Gabor, P. Szabo, A. Varhegyi, S. Tokonami, T. Ishikawa, A. Sorimachi, S. Yoshinaga, T. Kovacs

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Influence of the presence of humidity, ambient aerosols and thoron on the detection responses of electret radon monitors.,Radiation Measurements,44巻 1号 (頁 111 ~ 115) ,2009年01月,A. Sorimachi, H. Takahashi, S. Tokonami

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Experimental system to evaluate the effective diffusion coefficient of radon,Review of Scientific Instruments,80巻 1号 (頁 013501 ~ ) ,2009年01月,M. Hosoda, S. Tokonami, A. Sorimachi, J. Miroslaw, T. Ishikawa, Y. Yatabe, J. Yamada, S. Uchida

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Generation and control of thoron emanated from lantern mantles,Review of Scientific Instruments,80巻 1号 (頁 015104-1 ~ 015104-4) ,2009年01月,A. Sorimachi, S. K. Sahoo, S. Tokonami

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,222Rn exhalation rate from Egyptian building materials using active and passive methods,Japanese Journal of Health Physics,44巻 1号 (頁 106 ~ 111) ,2009年03月,N. M. Hassan, M. Hosoda, T. Ishikawa, S. Tokonami, M. Fukushi et.al

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 英語,Radon amomalies prior to earthquake (1) - Review of previous studies-,Anomalous Radon Concentration Prior to an Earthquake : A Case Study on the 1995 Kobe Earthquake, Japan Collected Papers,2011年02月,Tetsuo Ishikawa, Yumi Yasuoka, Hiroyuki Nagahama, Yusuke Kawada, Yasutaka Omori, Shinji Tokonami, Masaki Shinogi

    単行本(学術書),共著

  • 英語,Preseismic changes in atmospheric radon concentration and crustal strain,Anomalous Radon Concentration Prior to an Earthquake : A Case Study on the 1995 Kobe Earthquake, Japan Collected Papers,2011年02月,Yumi Yasuoka, Yusuke Kawada, Hiroyuki Nagahama, Yasutaka Omori, Tetsuo Ishikawa, Shinji Tokonami, Masaki Shinogi

    単行本(学術書),共著

  • 英語,An anomalous increase in atmospheric radon prior to the Kobe earthquake,Anomalous Radon Concentration Prior to an Earthquake : A Case Study on the 1995 Kobe Earthquake, Japan Collected Papers,2011年02月,Yumi Yasuoka, Hiroyuki Nagahama, Yusuke Kawada, Yasutaka Omori, Tetsuo Ishikawa, Shinji Tokonami, Masaki Shinogi

    単行本(学術書),共著

  • 英語,Changes in radon exhalation before the Kobe earthquake,Anomalous Radon Concentration Prior to an Earthquake : A Case Study on the 1995 Kobe Earthquake, Japan Collected Papers,2011年02月,Yumi Yasuoka, Hiroyuki Nagahama, Tetsuo Ishikawa, Yusuke Kawada, Yasutaka Omori, Shinji Tokonami, Tetsuo Hashimoto, Masaki Shinogi

    単行本(学術書),共著

  • 英語,Anomalous radon emanation linked to preseismic electromagnetic phenomena,Anomalous Radon Concentration Prior to an Earthquake : A Case Study on the 1995 Kobe Earthquake, Japan Collected Papers,2011年02月,Yasutaka Omori, Yumi Yasuoka, Hiroyuki Nagahama, Yusuke Kawada, Tetsuo Ishikawa, Shinji Tokonami, Masaki Shinogi

    単行本(学術書),共著

全件表示 >>

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 日本語,ハンガリーのウラン鉱山印象記,(株)千代田テクノル,FBNews 放射線安全管理総合情報誌,388巻 (頁 16 ~ 18) ,2009年04月,反町篤行、細田正洋、石川徹夫、床次眞司

    総説・解説(その他),共著

  • 英語,Radon migration process and its influence factors; review,Japan Health Physics Society,Jpn. J. Helth Phys.,44巻 2号 (頁 218 ~ 231) ,2009年11月,Nabil M. Hassan, Masahiro Hosoda, Tetsuo Ishikawa, Atsuyuki Sorimachi, Sarata K. Sahoo, Shinji Tokonami

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,ハンガリーにおける閉山処理中のウラン鉱山訪問記,日本保健物理学会,保健物理,43巻 4号 (頁 320 ~ 322) ,2009年12月,石川徹夫、反町篤行、細田正洋、床次眞司

    総説・解説(その他),共著

  • 日本語,文部科学省科学技術振興調整費「自然放射線被ばく研究ネットワークの構築」第一回全体会議の報告,日本保健物理学会,保健物理,45巻 1号 (頁 15 ~ 18) ,2010年03月,反町篤行, 床次眞司, M. Janik, 石川徹夫, S. K. Sahoo, 吉永信治, 米原英典, 酒井一夫, 山澤弘実, 秋葉澄伯, 古川雅英, 孫全冨, 金庸宰, S. Chanyotha, R. Ramola

    総説・解説(その他),共著

  • 英語,Thoron 2010 Workshop in Chiba, Japan,International Nuclear Tracks Society,INTS Newsletter,10巻 1号 (頁 4 ~ 5) ,2010年10月,M. Janik, S. Tokonami, A. Sorimachi, M. Hosoda, T. Ishikawa, S. K. Sahoo, K. Chutima

    総説・解説(学術雑誌),共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 弘前大学表彰,2011年05月

  • The best paper ward,2013年01月

  • (2) 武見記念賞,2013年12月

  • 1st Runner-up Poster Presenter,2014年05月

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,被ばく医療学,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,エネルギーと環境,修士課程・博士前期課程

  • 2016年度,被ばく医療総論・被ばく医療学特論,修士課程・博士前期課程

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 弘前大学被ばく医療総合研究所市民公開講座「放射線を考える」,2011年04月

  • 福島県酪農業協同組合FD24総会,2011年07月

  • 城西町会連合会役員研修会,2011年09月

  • 原子燃料サイクル意見交換会,2011年09月

  • 原子燃料サイクル意見交換会,2011年10月

全件表示 >>