基本情報

写真a

今井 雅

IMAI Masashi


職名

教授

ホームページ

http://www.hal.eit.hirosaki-u.ac.jp/

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

  • 修士(工学)

  • 学士(工学)

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 電気電子学会 (IEEE)

  • 電子情報通信学会 (IEICE)

  • 電気学会 (IEEJ)

  • 情報処理学会(IPSJ)

  • SASIMI運営委員会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 計算機工学、ディペンダブルコンピューティング、非同期式回路、大域非同期局所同期(GALS)、ネットワークオンチップ(NoC)、システムオンチップ(SoC)

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    ディペンダブルコンピューティングシステム(高信頼計算機システム)、システムオンチップ(System-on-Chip)、大域非同期局所同期システム(GALS:Globally-Asynchronous Locally-Synchronous)、ネットワークオンチップ(NoC:Network-on-Chip)、計算機アーキテクチャ、非同期式回路、低消費電力技術、セル設計、Webベースシステム・データベースシステム設計

    (研究概要)

    ディペンダブルコンピューティングシステム実現に関する研究。回路レベルからシステムレベルまで階層をまたいだ、よりよいシステム実現を目指した研究。

    (協力できる内容)

    連携キーワードに関する共同研究、講義・講演等。
    同期式回路の非同期式回路実現。

    (PR)

    安心安全に使用出来る計算機システムの実現に関して、回路レベルでは非同期式回路を中心に大域非同期局所同期システム設計、非同期式オンチップネットワーク設計に関する研究を行っている。アプリケーションレベルではWebベースのデータベースシステム設計、大学事務システムの設計・実装等を行ってきた。

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,BDD表現からの非同期式組合せ回路の構成法,電子情報通信学会技術研究報告,CPSY95巻 11号 ,1995年04月,上野洋一郎,今井 雅,南谷 崇

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Concurrent error detection for Asynchronous Circuits using Current Sensing Techniques,電子情報通信学会春期大会,1996年03月,Ravi Kishore,今井 雅,南谷 崇

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 日本語,非同期式乗算器の設計と試作,電子情報通信学会技術研究報告,ICD96巻 (頁 33 ~ 40) ,1996年04月,今井 雅,藤井太郎,上野洋一郎,南谷 崇

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 日本語,レイアウトデータに基づく非同期式加算回路の性能比較,情報処理学会第54回全国大会−講演論文集(1), (頁 133 ~ 134) ,1997年03月,今井 雅,藤井太郎,上野洋一郎,南谷 崇

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 日本語,非同期式プロセッサTITAC-2のALU構成,情報処理学会第54回全国大会−講演論文集(1), (頁 97 ~ 98) ,1997年03月,藤井太郎,今井 雅,池田吉郎,石田伯仁,西川慎哉,上野洋一郎,南谷 崇

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 日本語,解説「アミュレット(マンチェスター大)の挑戦」,日経,日経エレクトロニクス,1998年04月,今井 雅,南谷 崇

    総説・解説(商業誌),共著

  • 日本語,多重化CPUコアの故障検出と再構成手法,日本信頼性学会,日本信頼性学会誌,35巻 8号 (頁 514) ,2013年12月,今井雅, 米田友洋

    総説・解説(その他),共著

  • 日本語,非同期式ネットワークオンチップ,日本信頼性学会,日本信頼性学会誌,35巻 8号 (頁 482) ,2013年12月,米田友洋, 今井雅

    総説・解説(その他),共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第1回システムLSI琵琶湖ワークショップ 最優秀ポスター賞,1997年11月29日

  • 第5回ASICデザイン・オブ・ザ・イヤー グランプリ,1998年01月20日

  • ASPDAC1998 Outstanding Design Award,1998年02月10日

  • 第1回 LSI IPデザイン・アワード IP賞,1999年05月19日

  • THE Encouragement PRIZE,2014年12月05日

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,コンピュータアーキテクチャ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,ハードウェア設計,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,ハードウェア設計演習,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,制御工学,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

全件表示 >>