基本情報

写真a

二階堂 義和

NIKAIDO Yoshikazu


生年

1982年

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0172-39-5113

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 学術博士

  • 農学修士

  • 農学士

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本生気象学会

  • 日本生理学会

  • 日本神経科学会

  • 日本行動神経内分泌学研究会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 環境生理学(含体力医学・栄養生理学)

  • 生理学一般

  • 神経生理学・神経科学一般

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Effects of environmental novelty on fear-related behavior and stress responses of rats to emotionally relevant odors.,Behavioural brain research,199巻 2号 (頁 241 ~ 246) ,2009年05月,Y Nikaido, T Nakashima

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Exposure to TMT odor affects adrenal sympathetic nerve activity and behavioral consequences in rats.,Behavioural brain research,214巻 2号 (頁 317 ~ 322) ,2010年12月,Yuko Horii, Yoshikazu Nikaido, Katsuya Nagai, Toshihiro Nakashima

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Localization of plasminogen in mouse hippocampus, cerebral cortex, and hypothalamus.,Cell and tissue research,343巻 2号 (頁 303 ~ 317) ,2011年02月,Yuki Taniguchi, Naoko Inoue, Shoko Morita, Yoshikazu Nikaido, Toshihiro Nakashima, Nobuo Nagai, Kiyotaka Okada, Osamu Matsuo, Seiji Miyata

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Different patterns of neuronal activities in the infralimbic and prelimbic cortices and behavioral expression in response to two affective odors, 2,5-dihydro-2,4,5-trimethylthiazoline and a mixture of cis-3-hexenol and trans-2-hexenal, in the freely moving rat.,Behavioural brain research,218巻 1号 (頁 218 ~ 227) ,2011年03月,Y Nikaido, T Nakashima

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Mixture of cis-3-hexenol and trans-2-hexenal attenuates behavioral and stress responses induced by 2,5-dihydro-2,4,5-trimethylthiazoline and electric footshock stress in rats.,Physiology & behavior,103巻 5号 (頁 547 ~ 556) ,2011年07月,Y Nikaido, S Miyata, T Nakashima

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第19回JSIVA賞,2012年09月29日

  • 平成26年度 弘前大学若手・新任研究者支援事業研究成果発表会優秀賞,2015年03月05日

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,生活習慣と健康(L),21世紀教育科目

  • 2018年度,医学・医療の世界-脳のしくみ-,教養教育科目