基本情報

写真a

中村 武司

NAKAMURA Takeshi


職名

准教授

ホームページ

http://researchmap.jp/read0106710

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(文学)

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本西洋史学会

  • 史学会

  • 史学研究会

  • 東アジアブリテン史学会

  • 大阪大学西洋史学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • ヨーロッパ史・アメリカ史

  • 史学一般

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    イギリス史
    イギリス帝国史
    西洋史
    世界史

    (研究概要)

    18世紀後半から19世紀前半にかけてのイギリス史ならびにイギリス帝国史にかんして、以下の3つの課題を並行して研究を進めています。
    (1) 近代イギリスにおけるコメモレイション(記念・顕彰行為)とモニュメント
    (2) ロンドンの選挙と政治文化
    (3) イギリスの改革運動と大西洋革命との関係

    (協力できる内容)

    イギリス史・西洋史
    世界史教育

    (PR)

    これまで長い18世紀のイギリス史ならびにイギリス帝国史を中心に研究を進めてきましたが、近年では、高大連携や社学連携をどう進めるのかという問題意識から、グローバル・ヒストリー研究や世界史教育にも関心をもっています。
    なお、わたしの経歴や業績の詳細については、上記のResearchmapのウェブページもあわせてご覧いただければ幸いです。

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,「ナポレオン戦争の記憶とセント・ポール大聖堂」,『パブリック・ヒストリー』,1号 (頁 57 ~ 73) ,2004年02月,中村武司

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 日本語,「「イギリスのパンテオン」の創出と偉人顕彰 ──19世紀前半のセント・ポール大聖堂とその公開性」,『待兼山論叢(史学篇)』,39号 (頁 31 ~ 55) ,2005年12月,中村武司

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 日本語,「ネルソンの国葬 ──セント・ポール大聖堂における軍人のコメモレイション」,『史林』,91巻 1号 (頁 176 ~ 197) ,2008年01月,中村武司

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 英語,'Admirals in the first city of the empire: navy, culture and politics in pre-radical Westminster',Korean Journal of British Studies ,20巻 2号 (頁 395 ~ 422) ,2008年12月,Takeshi Nakamura

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 英語,'The commemoration of Nelson and Trafalgar in St Paul's Cathedral',The East Asian Journal of British History,2巻 (頁 1 ~ 22) ,2012年03月,Takeshi Nakamura

    研究論文(学術雑誌),単著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,『空間のイギリス史』,山川出版社,2005年01月,川北稔・藤川隆男(編)、中村武司他

    単行本(学術書),「イギリスの2つのパンテオン ──ウェストミンスタ・アビィとセント・ポール大聖堂」(150-162頁)を分担執筆,共著

  • 日本語,『国際政治事典』,弘文堂,2005年12月,猪​口​孝​・​田​中​明​彦​他​編

    事典・辞書,​ギ​リ​シ​ア​独​立​戦​争​」、258-259頁;​「​対​仏​大​同​盟​」、582頁を分担執筆,共著

  • 英語,Rulers of the sea: naval commemoration and British political culture, c.1780-1815,PhD dissertation, Osaka University,2007年12月,Takeshi Nakamura

    その他,単著

  • 英語,British history 1600-2000: expansion in perspective ,Institute of Historical Research, University of London,2010年10月,Edited by Kazuhiko Kondo and Miles Taylor; Takeshi Nakamura, et al.

    単行本(学術書),'Belisarius the counterfeit? Lord Cochrane, war and British radicalism, 1807-1818' (pp.247-256),共著

  • 日本語,『アニメで読む世界史』,山川出版社,2011年09月,藤川隆男(編)、中村武司他

    単行本(一般書),「母をたずねて三千里──大西洋を渡る移民たち」(137-58頁)を分担執筆,共著

全件表示 >>

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 日本語,(翻訳)「イギリス帝国史研究の現在」,大阪大学西洋史学会,『パブリック・ヒストリー』,1号 (頁 30 ~ 48) ,2004年02月,アンドリュー・ポーター(中村武司・林剛志訳)

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,(翻訳)「近世ヨーロッパにおける日本人と中国人のイメージ:身体的特徴・習俗・技術 ──極東の文化へのさまざまなアプローチの比較」,大阪大学西洋史学会,『パブリック・ヒストリー』,2号 (頁 38 ~ 59) ,2005年02月,ヴァルター・デーメル(中村武司訳)

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,(書評)「長井伸仁著『歴史がつくった偉人たち──近代フランスとパンテオン』」,日本西洋史学会,『西洋史学』,232号 (頁 75 ~ 76) ,2009年03月,中村武司

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,(書評)「水島司編『グローバル・ヒストリーの挑戦』」,大阪歴史科学評議会,『歴史科学』,197号 (頁 13 ~ 18) ,2009年05月,中村武司

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,「世界システム論を見直す」,大阪大学,『最新の研究成果を歴史教育につなぐ教材・教授資料の研究開発(平成20-22 年度科学研究費補助金(基盤研究(B)・課題番号20320094)、研究代表者:堤一昭)──成果報告書シリーズ4』, (頁 1 ~ 19) ,2011年03月,中村武司

    総説・解説(その他),単著

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,歴史学の基礎(F),21世紀教育科目

  • 2017年度,歴史学入門,専門教育科目(学部)

  • 2017年度,歴史文化演習A,専門教育科目(学部)

  • 2017年度,歴史文化演習B,専門教育科目(学部)

  • 2017年度,西洋史,専門教育科目(学部)

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 全国歴史教育研究協議会・第54回研究大会,2013年07月

  • りんご王国こうぎょくカレッジ,2013年06月

  • 北海道高等学校世界史研究会・第43回研究大会,2012年08月

  • 弘前大学ドリーム講座,2012年08月

  • 大阪大学歴史教育研究会大会・阪大史学の挑戦2,2010年08月

全件表示 >>