基本情報

写真a

山﨑 祥平

YAMAZAKI Shohei


職名

助教

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://www.st.hirosaki-u.ac.jp/~shy/

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)

  • 修士(理学)

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • 分子科学会

  • アメリカ化学会(American Chemical Society)

  • 理論化学研究会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 理論化学

  • 物理化学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Excited-State Proton Transfer of 1-[(Dimethylamino)Methyl]-2-Naphthol in Acetonitrile Solvent: RISM-SCF and MRMP Approach,Chemical Physics Letters,386巻 4–6号 (頁 414 ~ 418) ,2004年03月,Shohei Yamazaki, Shigeki Kato

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Locating the Lowest Free-Energy Point on Conical Intersection in Polar Solvent: Reference Interaction Site Model Self-Consistent Field Study of Ethylene and CH2NH2+,The Journal of Chemical Physics,123巻 11号 (頁 114510) ,2005年09月,Shohei Yamazaki, Shigeki Kato

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Solvent Effect on Conical Intersections in Excited-State 9H-Adenine: Radiationless Decay Mechanism in Polar Solvent,Journal of the American Chemical Society,129巻 10号 (頁 2901 ~ 2909) ,2007年03月,Shohei Yamazaki, Shigeki Kato

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Ab Initio Studies on the Photophysics of Guanine Tautomers: Out-of-Plane Deformation and NH Dissociation Pathways to Conical Intersections,The Journal of Physical Chemistry A,112巻 30号 (頁 7090 ~ 7097) ,2008年07月,Shohei Yamazaki, Wolfgang Domcke

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Nonradiative Decay Mechanisms of the Biologically Relevant Tautomer of Guanine,The Journal of Physical Chemistry A,112巻 47号 (頁 11965 ~ 11968) ,2008年11月,Shohei Yamazaki, Wolfgang Domcke, Andrzej L Sobolewski

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,化学専門実験,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,基礎化学実験,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,構造物理化学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,構造物理化学Ⅱ,専門教育科目(学部)

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • FMアップルウェーブ・ りんご王国こうぎょくカレッジ,2015年06月

  • 平成27年度教員免許状更新講習,2015年08月

  • 第253回化学への招待(弘前)実験担当,2016年08月