基本情報

写真a

丸居 篤

MARUI Atsushi


職名

准教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学)

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 農業農村工学会

  • 国際水田・水環境学会

  • 日本砂丘学会

  • 日本ICID協会

  • システム農学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 地域環境工学・計画学

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    農業水利,水質,水文学,灌漑,排水,循環型社会,生物多様性保全,持続可能な開発,砂漠,乾燥地農業

    (研究概要)

    地域環境における水の量や質などについて研究しています
    ・白神山地から岩木川流域における水量や水質に関する研究
    ・砂漠化進行地域における水資源および植生調査
    ・循環型社会を目指した栽培培地の開発

    (協力できる内容)

    流域の水文水質に関する分野
    農地の水質環境に関する分野

    (PR)

    農村や農業の活性化,持続的な農業の推進,自然環境の保全や修復等で役立つ仕事をしたいと思っています

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Monitoring the Growing Environment of Wild Licorice with Analysis of Satellite Data at a Semi-arid Area in Mongolia,沙漠研究 : 日本沙漠学会誌,24巻 1号 (頁 199 ~ 202) ,2014年06月,Atsushi MARUI, Akihiko KOTERA, Zentaro FURUKAWA, Noriyuki YASUFUKU, Kiyoshi OMINE, Takanori NAGANO, Indree TUVSHINTOGTOKH and Bayart MANDAKH

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Relationships between Soil Water/ Calcium Environment and Growth of Licorice (Glycyrrhiza uralensis),沙漠研究 : 日本沙漠学会誌,24巻 1号 (頁 113 ~ 116) ,2014年06月,Zentaro Furukawa, Noriyuki Yasufuku, Kiyoshi Omine, Atsushi Marui, Ren Kameoka

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Water consumption and retention of crushed bamboo as an agricultural organic material,proceedings of 2014 ASABE and CSBE/SCGAB Annual International Meeting, Paper Number: 1899086 ,2014年07月,Atsushi Marui and Shojiro Omoto

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

  • 英語,Water Holding Capacity and Runoff Load at the Anmon River in the Shirakami-Sanchi World Heritage Site,Proceedings of the International Conference on Fluvial Hydraulics (River Flow 2014), (頁 2381 ~ 2388) ,2014年09月,A. Marui, A. Kudo, M. Izum, E. Kurashima

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

  • 日本語,GISを用いた旧前原市における耕作放棄地とイノシシ被害との関係解析,システム農学 = Journal of the Japanese Agricultural Systems Society,29巻 4号 (頁 155 ~ 160) ,2013年10月,丸居 篤, 鹿野 翔, 凌 祥之

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,基礎ゼミナール,21世紀教育科目

  • 2016年度,白神学入門(A),21世紀教育科目

  • 2016年度,21世紀の環境問題(A),21世紀教育科目

  • 2016年度,地域環境工学実験,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,地域環境工学概論,専門教育科目(学部)

全件表示 >>