基本情報

写真a

冨田 哲

TOMITA Tetsu


取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本精神神経学会

  • 日本神経精神薬理学会

  • 日本精神科予防学会

  • 日本臨床精神神経薬理学会

  • 日本総合病院精神医学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 精神神経科学

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    うつ病
    統合失調症
    薬物治療

    (研究概要)

    治療反応の予測

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Association between plasma paroxetine concentration and changes in plasma brain‐derived neurotrophic factor levels in patients with major depressive disorder.,Human psychopharmacology,26巻 3号 (頁 194 ~ 200) ,2011年04月,Norio Yasui-Furukori, Shoko Tsuchimine, Taku Nakagami, Akira Fujii, Yasushi Sato, Tetsu Tomita, Kaori Yoshizawa, Yoshimasa Inoue, Sunao Kaneko

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 英語,The association between sunshine duration and paroxetine response time in patients with major depressive disorder.,Journal of affective disorders,136巻 3号 (頁 1067 ~ 1071) ,2012年02月,Tetsu Tomita, Norio Yasui-Furukori, Taku Nakagami, Ayako Kaneda, Sunao Kaneko

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 英語,Effect of adjunctive treatment with aripiprazole to atypical antipsychotics on cognitive function in schizophrenia patients.,Journal of psychopharmacology (Oxford, England),26巻 6号 (頁 806 ~ 812) ,2012年06月,Norio Yasui-Furukori, Ayako Kaneda, Norio Sugawara, Tetsu Tomita, Sunao Kaneko

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 英語,Visual hallucinations during duloxetine treatment in a patient with major depressive disorder.,Clinical neuropharmacology,36巻 5号 (頁 175 ~ 176) ,2013年,Tetsu Tomita, Norio Yasui-Furukori, Sunao Kaneko

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 英語,Interaction between paliperidone extended release and TS-1(®), an oral anticancer drug containing a 5-fluorouracil derivative, in a schizophrenic patient.,Neuropsychiatric disease and treatment,9巻 (頁 317 ~ 320) ,2013年,Norio Yasui-Furukori, Kojiro Hashimoto, Kazutoshi Kubo, Tetsu Tomita

    研究論文(学術雑誌),単著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本臨床精神神経薬理学会学術奨励賞,2015年11月

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,最新医学の現状,21世紀教育科目

  • 2018年度,精神医学概論,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,医学研究概論2 ,博士一貫課程・博士後期課程