基本情報

写真a

今田 匡彦

IMADA TADAHIKO


職名

教授

ホームページ

https://humusicedu.wixsite.com/hu-music-edu

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 哲学博士

  • 芸術学修士

  • 芸術学士

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 国際音楽教育学会

  • 国際ポピュラー音楽学会

  • 世界音響生態学フォーラム

  • 日本音楽教育学会

  • 日本音楽学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 音楽教育学

  • 哲学

  • サウンドスケープ研究

  • 教育学

  • 身体教育学

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    ・ 音楽教育
    ・ サウンドスケープ
    ・ パフォーミング・アート

    (研究概要)

    ○ 音楽教育学
    ○ サウンドスケープ研究
    ○ 哲学;身体論
    ○ ポストコロニアル研究

    (協力できる内容)

    ・ サウンドスケープ・デザイン
    ・ サウンド・エデュケーション(音のワークショップ)
    ・ 舞踊,ヴィジュアル・アートとのコラボレーション
    ・ 作曲,演奏

    (PR)

    ・声を含む身体、及び身近な素材を使った創作・表現活動(英語による指導も可能)

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Transcendeing Borders: Music Education in Asia, Tracking Past, Presnt and Future,APEMER2017 Proceedings, (頁 441 ~ 449) ,2017年07月,Hung Pai CHEN, Tadahiko IMADA, Shahanuma Mohamad SHAH, Sang Ah SEOK, Pan-hang TANG

    研究論文(国際会議プロシーディングス),全体の5分の1,共著,美学・芸術諸学,教科教育学

  • 英語,Shifting from Big Music to Small Muisc through Creative Music Making,APEMER2017 Proceedings, (頁 204 ~ 209) ,2017年07月,Tadahiko Imada, Takeshi Mikami, Kento, Takahashi

    研究論文(国際会議プロシーディングス),全体の総括,共著,身体教育学,教科教育学,美学・芸術諸学

  • 日本語,〈小さな音楽〉の実践的探究:2つのワークショップを通して,音楽教育学,47巻 2号 (頁 49 ~ 56) ,2018年03月,髙橋憲人, 今田匡彦,前田一明

    研究論文(学術雑誌),共著,美学・芸術諸学,教科教育学,地域研究

  • 英語,Proposing an Active Learning Approach in Japanese Music Education Policy,Proceedings of the 19th International Seminar of the ISME Commission on Music Policy: Culture, Education, and Media , (頁 113 ~ 120) ,2018年07月,Tadahiko Imada

    研究論文(学術雑誌),単著,教育学,哲学・倫理学,芸術一般

  • 英語,Developing the Universal Design in Music Education for a New Teacher Policy,Proceedings of the 19th International Seminar of the ISME Commission on Music Policy: Culture, Education, and Media ,2018年07月,Tadahiko Imada

    研究論文(学術雑誌),単著,教育学,哲学・倫理学,芸術一般

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,哲学音楽論:音楽教育とサウンドスケープ,恒星社厚生閣,2015年04月,今田匡彦

    単行本(学術書),単著,美学・芸術諸学,教科教育学,哲学・倫理学

  • 日本語,Creativity in Music Education,The Springer,2019年01月,Yukiko Tsubono, Ai-Girl Tan, Mayumi Oie, Tadahiko Imada, et al

    単行本(学術書),Chapter 3: Soundscape, Sound Education, and the Grain of the Music: Experiencing the Luninousness of Music Being What It Is,共著,教育学,美学・芸術諸学,哲学・倫理学

  • 英語,The Oxford Handbook of Philosophy in Music Education,Oxford University Press,2012年05月,Wayne D. Bowman, Ana Lucia Frega, Tadahiko Imada

    単行本(学術書),Chapter 8 "The Grain og the Music: Does Music Education 'Mean' Something in Japan?"(147-162)担当,共著,哲学・倫理学,美学・芸術諸学,教科教育学

  • 英語,Music Education Policy and Impelmentation: International Perspectives,弘前大学出版会,2008年06月,Chi Cheung Leung. Lai Chi Rita Yip. Tadahiko Imada

    単行本(学術書),編著者,共編者,教科教育学,身体教育学,教育社会学

  • 日本語,音さがしの本:リトル・サウンド・エデュケーション(増補版),春秋社,2009年01月,R.マリー・シェーファー.今田匡彦

    単行本(学術書),全体の翻訳、及びエクササイズ数編、エッセイ2編,共著,身体教育学,美学・芸術諸学,教科教育学

全件表示 >>

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 日本語,先住民のカルチュラル・プラクティスに学ぶブリティッシュ・コロンビア州の音楽教育,日本音楽教育学会,音楽教育学,43巻 2号 (頁 15 ~ 21) ,2013年12月,Anita Prest

    総説・解説(学術雑誌),全体の翻訳,単著,文化人類学・民俗学,教科教育学,教育学

  • 日本語,多様化するアメリカの音楽教育実践:その社会的、教育学的、音楽的問題,日本音楽教育学会,音楽教育学,42巻 1号 (頁 15 ~ 23) ,2012年06月,Patricia Shehan Campbell, Karen Howard, Matthew Swanson

    総説・解説(学術雑誌),全体の翻訳,共著,文化人類学・民俗学,教科教育学

  • 日本語,特集に寄せて,日本音楽教育学会,音楽教育実践ジャーナル,9巻 1号 (頁 6 ~ 9) ,2011年08月,R.マリー・シェーファー

    総説・解説(学術雑誌),全体の翻訳,単著,美学・芸術諸学

  • 日本語,解き放たれた耳:サウンドスケープ・リスニングの40年をめぐって,日本音楽教育学会,音楽教育実践ジャーナル,9巻 1号 (頁 10 ~ 19) ,2011年08月,ヒルデガード・ウェスタ―カンプ

    総説・解説(学術雑誌),全体の翻訳,単著,美学・芸術諸学,教育学

  • 日本語,サウンドスケープ・コンポジション:作曲された音の瞬間、時間そして場所,日本音楽教育学会,音楽教育実践ジャーナル,9巻 1号 (頁 20 ~ 24) ,2011年08月,ガブリエーレ・プロイ

    総説・解説(学術雑誌),全体の翻訳,単著,美学・芸術諸学

全件表示 >>

作品 【 表示 / 非表示

  • A tribute to Charles Ives for Graphic Score,2018年02月15日

    芸術活動

  • A Pseudo-Courante for Two Tubas,2018年03月03日

    芸術活動

  • Homage to C.P.T.,2019年02月14日

    芸術活動,芸術一般

  • Both Sides of Winter,2019年02月14日

    芸術活動,芸術一般

  • The Cloud Quilt,2019年02月16日

    芸術活動

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,地域サウンドスケープ論,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2018年度,演習,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2018年度,特別研究,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2018年度,教育実践研究II,修士課程・博士前期課程

  • 2018年度,音楽教材実践演習I,修士課程・博士前期課程

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • サウンドスケープによる地域アート・プロジェクトの実践:音楽のユニヴァーサル・デザインに向けて,弘前大学大学院地域社会研究科平成30年度「公開セミナー」都市を再興する in 大館,2018年10月

  • サウンドスケープとユニヴァーサルデザイン :音楽教育から発信する音楽の普遍項について, エリザベト音楽大学特別講座,2019年01月

  • Lunchtime Lecture presented by Tadahiko Imada, "Using the Concept of Soundscape to Develop the Universal Design in Music, The Goldsmiths, University of London,2019年03月

  • 子どもたちのための哲学音楽論:サウンドスケープとユニヴァーサル・デザイン,土井道子記念京都哲学基金主催,シンポジウム「日本哲学と音楽」,2019年03月

  • 講演,Japan in the 21st Century: Effects of postmodernism on Japanese culture and education(University of New England, Armidale, Australia),2014年03月

全件表示 >>