基本情報

写真a

戸塚 学

TOTSUKA MANABU


職名

教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)

  • 体育学修士

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本体育学会

  • 日本体力医学会

  • 日本バイオメカニクス学会

  • 体力・栄養・免疫学会

  • 日本衛生学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • スポーツ科学

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    運動、健康維持増進、スポーツ競技力向上、体力づくり、身体トレーニング、体重の減量、体力測定、ストックウォーキング

    (研究概要)

    ○血液性状からみたオーバートレーニングの評価法の検討
    ○安全で効率的な運動処方のための最適運動負荷とその決定法に関する研究

    (協力できる内容)

    ・ 健康維持増進のための運動プログラムの作成について
    ・ スポーツ競技力向上のためのトレーニングプログラムの作成について
    ・ ストックウォーキングの指導

    (PR)

    身体トレーニング・運動処方,ストック・ウォーキングの指導等でお困りの方は是非ご相談ください 

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Adverse effects energy restriction on myogenic enzymes in judoists ,Journal od Sports Science,22巻 (頁 329 ~ 338) ,2004年04月,梅田 孝 他

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,A tube-fed liquid formula diet containing dietaly fiber increased stool weight in bed-ridden elderly patients ,Nutrition,203巻 (頁 955 ~ 960) ,2004年11月,著者:Shigeuki Nakaji et al.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 日本語,2時間30分の柔道練習が大学女子柔道選手に及ぼす精神的・身体的影響について ,体力・栄養・免疫学雑誌 ,14巻 3号 (頁 228 ~ 236) ,2004年12月,米内山真之介 他

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 日本語,大学相撲選手の肥満に関する研究 :大学柔道選手との血液生化学値の比較 ,体力・栄養・免疫学雑誌 ,15巻 1号 (頁 22 ~ 27) ,2005年10月,齋藤和男 他

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 日本語,食餌厚生タンパク質の差異が走トレーニングによるラットヒラメ筋の筋タンパク量と筋線維径に及ぼす影響,体力・栄養・免疫学雑誌,15巻 1号 (頁 22 ~ 27) ,2007年08月,黄仁官 他

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 英語,Epidemiological Feature of Lung Cancer in Japan「Jointly worked」,The Society of Physical Fitness, Nutritioin and Immunology,Journal of Physical Fitness, Nutrition and Immunology,21巻 2号 (頁 75 ~ 82) ,2011年06月,Takashi UMEDA et al.

    総説・解説(その他),共著,衛生学・公衆衛生学

  • 英語,Epidemiological Feature of Multiple Myeloma in Japan「Jointly worked」,The Society of Physical Fitness, Nutritioin and Immunology,Journal of Physical Fitness, Nutrition and Immunology,21巻 2号 (頁 151 ~ 155) ,2011年06月,Takashi UMEDA et al.

    総説・解説(その他),共著,衛生学・公衆衛生学

  • 英語,Epidemiological Feature of Pancreatic Cancer in Japan「Jointly worked」,The Society of Physical Fitness, Nutritioin and Immunology,Journal of Physical Fitness, Nutrition and Immunology,21巻 2号 (頁 94 ~ 98) ,2011年06月,Takashi UMEDA et al.

    総説・解説(その他),共著,衛生学・公衆衛生学

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,保健体育学の基礎(A),21世紀教育科目

  • 2016年度,スポーツ生理学,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,スポーツ科学基礎実験Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,トレーニング実技,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,保健体育基礎実験Ⅱ,専門教育科目(学部)

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 弘前大学岩木健康増進プロジェクト研究員,2005年04月 ~ 継続中

  • 弘前大学教育学部公開講座講師,2007年09月

  • 弘前大学教育学部公開講座講師,2007年10月

  • 弘前大学公開講座講師,2008年03月

  • 弘前大学公開講座講師,2008年09月

全件表示 >>