基本情報

写真a

柿崎 育子

KAKIZAKI IKUKO


職名

准教授

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0172-39-5542

ホームページ

http://hippo.med.hirosaki-u.ac.jp/~bioche1/test/Seika-top/Seika-top1.html

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)

  • 修士(薬学)

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会

  • 日本癌学会

  • 青森糖質研究会

  • 日本糖質学会

  • 日本結合組織学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 機能生物化学

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    細胞外マトリックス ヒアルロン酸

    (研究概要)

    生化学, 分子生物学
    細胞外マトリックスの主要な構成成分であるヒアルロン酸の代謝に関する研究

    (協力できる内容)

    技術相談(生化学)

    (PR)

    糖鎖に注目した研究の発展に貢献したいと思います。

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Cell cycle-dependent activation of C-myc enhancer.,International journal of oncology,2巻 4号 (頁 657 ~ 661) ,1993年04月,I Kakizaki, Y Imamura, I Galli, F Kihara, H Ariga, S Iguchiariga

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Identification and cDNA cloning of single-stranded DNA binding proteins that interact with the region upstream of the human c-myc gene.,Oncogene,9巻 4号 (頁 1133 ~ 1143) ,1994年04月,Y Negishi, Y Nishita, Y Saëgusa, I Kakizaki, I Galli, F Kihara, K Tamai, N Miyajima, S M Iguchi-Ariga, H Ariga

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,cDNA and deduced amino acid sequence of human PK-120, a plasma kallikrein-sensitive glycoprotein.,FEBS letters,357巻 2号 (頁 207 ~ 211) ,1995年01月,H Nishimura, I Kakizaki, T Muta, N Sasaki, P X Pu, T Yamashita, S Nagasawa

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Lentinan enhances sensitivity of mouse colon 26 tumor to cis-diamminedichloroplatinum (II) and decreases glutathione transferase expression.,Japanese journal of cancer research : Gann,87巻 11号 (頁 1171 ~ 1178) ,1996年11月,T Murata, I Hatayama, I Kakizaki, K Satoh, K Sato, S Tsuchida

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Epitope mapping of a monoclonal antibody to human glutathione transferase P1-1 the binding of which is inhibited by glutathione.,The Biochemical journal,321 ( Pt 2)巻 (頁 531 ~ 536) ,1997年01月,T Takahata, S Tsuchida, M Oomura, T Matsumoto, J Azumi, I Hatayama, M Hayakari, J Kimura, I Kakizaki, H Kano, K Satoh, K Sato

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 英語,A possible cardiolipin-dependent inhibition mechanism of hyaluronan synthesis by 4-methylumbelliferone in streptococcus equi FM100, in Hyaluronan 2003 Conference Proceedings” Hyaluronan: Structure, Metabolism, Biological Activities, Therapeutic Applications”,Matrix Biology Institute,2005年01月,Kakizaki, I., Baggenstoss, B. A., Tlapak-Simmons, V. L., Nakane, A., Weigel, P. H., Endo, M., and Takagaki, K.

    単行本(学術書),p159–p163,共著

  • 英語,Degradation of glycosaminoglycans, in Comprehensive Glycoscience - from Chemistry to Systems Biology,Elsevier Science B. V.,2007年08月,Takagaki, K., and Kakizaki, I.

    単行本(学術書),p171-p192,共著

  • 英語,Endoglycosidases (Glycosaminoglycans),Springer,2008年02月,Kakizaki, I., and Takagaki, K.

    単行本(学術書),p173-p176,共著,機能生物化学

  • 日本語,マリンバイオテクノロジーの新潮流,シーエムシー出版,2011年11月,加藤陽治, 柿崎育子

    単行本(学術書),サケ鼻軟骨由来のプロテオグリカン,共著

  • 日本語,シンプル生化学 改訂第6版(分担執筆),南江堂,2014年03月,林典夫, 廣野治子, 野口正人, 五十嵐和彦, 柿崎育子, 他

    教科書,2章 糖質, 10章 糖質の代謝,共著

全件表示 >>

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 日本語,Hyaluronan Degradation in Tumor Growth and Metastasis(翻訳),学進出版,Trends in Glycoscience and Glycotechnology,16巻 89号 (頁 171 ~ 185) ,2004年05月,Stern, R

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,医学応用を目指したプロテオグリカンの糖鎖工学,株式会社 化学工業社,月刊「化学工業」,61巻 3号 (頁 216 ~ 220) ,2010年03月,柿崎育子

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 英語,Synthesis of neoproteoglycans using the transglycosylation reaction as a reverse reaction of endo-glycosidases.,The Japan Academy,Proc. Jpn. Acad., Ser. B.,88巻 7号 (頁 327 ~ 344) ,2012年07月,Endo, M., and Kakizaki, I.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 英語,Custom synthesis of hyaluronan/chondroitin sulfate hybrid oligosaccharides: for future medical applications,Hirosaki Univ Press,Hirosaki Med. J.,64巻 64 (Suppl.)号 (頁 S53 ~ S57) ,2013年05月,Kakizaki, I., Suto, S., Tatara, Y., and Endo, M.

    総説・解説(その他),共著

  • 日本語,新規プロテオグリカン複合体(ヒアルコPG(R))摂取による紫外線からの防御効果,月刊バイオインダストリー,32巻 11号 (頁 45 ~ 50) ,2015年11月,後藤 昌史, 加藤 陽治, 柿崎 育子

    総説・解説(学術雑誌),共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第6回日本生化学会東北支部奨励賞,2006年05月13日

  • 第5回インテリジェント・コスモス奨励賞,2006年05月15日

  • 第13回弘前大学医学部学術賞特別賞,2009年01月30日

  • 第3回 資生堂 女性研究者サイエンスグラント,2010年06月09日

  • 日本応用糖質科学会技術開発賞,2016年09月15日

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,PBL,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,クリニカルクラークシップ(5クール、6クール),専門教育科目(学部)

  • 2018年度,基礎人体科学演習(前期、後期),専門教育科目(学部)

  • 2018年度,特別教育科目(研究室研修)3年次後期,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,生化学実習,専門教育科目(学部)

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • (一財)双仁会厚生看護専門学校 非常勤講師(生化学),2006年09月 ~ 継続中

  • 弘大60周年記念事業プレ企画「科学者発見プロジェクト」における共同研究,2008年11月 ~ 2009年01月

  • 弘大60周年記念事業プレ企画「科学者発見プロジェクト」における共同研究,2010年09月

  • 放送大学面接授業,2013年12月

  • 新潟大学自然科学研究科 非常勤講師,2015年10月