基本情報

写真a

片岡 太郎

Kataoka Taro


職名

講師

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(生物資源科学)

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本文化財科学会

  • 北海道・東北保存科学研究会

  • 日本木材学会

  • 日本植生史学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 文化財科学・博物館学

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,リグノフェノールを用いた出土木材の保存処理(I)-リグノフェノールの出土木材への吸着と強度および吸放湿特性-,考古学と自然科学,52巻 (頁 39 ~ 50) ,2006年02月,片岡太郎、栗本康司、高妻洋成

    研究論文(学術雑誌),研究の総括および総括,共著,文化財科学・博物館学

  • 日本語,リグノフェノールを用いた出土木材の保存処理(II) −劣化程度が異なる広葉樹材へのリグノフェノールの吸着特性と処理材の強度および吸放湿特性−,木材保存,33巻 2号 (頁 63 ~ 72) ,2007年03月,片岡太郎、栗本康司、高妻洋成

    研究論文(学術雑誌),研究の総括および遂行,共著,文化財科学・博物館学

  • 英語,Fundamental Research on Waterlogged Archeological Wood Conservation Using Lignophenol,Transactions of the Materials Research Society of Japan,33巻 4号 (頁 1137 ~ 1140) ,2008年11月,Taro KATAOKA, Yasuji KURIMOTO and Yohsei KODZUMA

    研究論文(学術雑誌),研究の総括および遂行,共著,文化財科学・博物館学

  • 日本語,青森県板柳町土井(1)遺跡出土漆器類の材質同定と製作技術の解明,考古学と自然科学,67巻 (頁 7 ~ 27) ,2015年02月,片岡太郎、上條信彦、柴正敏、伊藤由美子、小林和貴、鈴木三男、佐々木由香、白鳥文雄、鳥越俊行

    研究論文(学術雑誌),研究の総括および遂行,共著,文化財科学・博物館学

  • 日本語,宮城県大崎市根岸遺跡出土籃胎漆器の製作技法 −X線CT分析を使った構造調査 −,東北歴史博物館研究紀要,16巻 (頁 53 ~ 58) ,2015年03月,片岡太郎、上條信彦、鹿納晴尚、佐々木理、柳澤和明

    研究論文(学術雑誌),研究の総括および遂行,共著,文化財科学・博物館学

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,コンサイス木材百科改訂2版,秋田県立大学木材高度加工研究所、有限会社パレア,2011年02月,秋田県立大学木材高度加工研究所

    単行本(一般書),出土木材の保存,分担執筆,木質科学

  • 日本語,亀ヶ岡文化の漆工芸I 青森県板柳町土井(1)遺跡漆製品の自然科学・保存科学的研究(冷温帯地域の遺跡資源の保存活用促進プロジェクト研究報告2),弘前大学人文学部北日本考古学研究センター,2014年07月,片岡太郎、上條信彦

    調査報告書,研究の遂行および総括,共編者,文化財科学・博物館学

  • 日本語,亀ヶ岡文化の漆工芸II 北日本における先史資源利用の研究(冷温帯地域の遺跡資源の保存活用促進プロジェクト研究報告5),弘前大学人文学部北日本考古学研究センター、株式会社六一書房,2015年09月,片岡太郎、上條信彦

    調査報告書,研究の遂行および総括,共編者,文化財科学・博物館学

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 日本語,奉納品の材質と保存状態,弘前大学人文学部文化財論講座,弘前市鬼沢 鬼神社奉納品の調査報告,1巻 (頁 24 ~ 26) ,2013年03月,片岡太郎

    その他記事,単著,文化財科学・博物館学

  • 日本語,弘前大学の文化財レスキュー活動報告,東京文化財研究所,東北地方太平洋沖被災文化財等救援委員会平成24年度活法報告書, (頁 155 ~ 157) ,2013年05月,片岡太郎、上條信彦

    その他記事,共著,文化財科学・博物館学

  • 日本語,奉納品の保存処理,弘前大学人文学部文化財論講座,弘前市鬼沢 鬼神社の信仰と民俗,2巻 (頁 90 ~ 98) ,2014年03月,片岡太郎

    その他記事,単著,文化財科学・博物館学

  • 日本語,梶子遺跡16次発掘調査出土木製品の樹種同定,浜松市教育委員会,梶子遺跡16次, (頁 169 ~ 171) ,2015年03月,片岡太郎

    その他記事,単著,文化財科学・博物館学

  • 日本語,X線CT観察による内部構造からみた古屋敷遺跡出土漆櫛の製作技術,島根県教育委員会,古屋敷遺跡(C・F・H・I区)一般国道9号(静間仁摩道路)改築工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書3,3巻 (頁 164 ~ 168) ,2017年03月,片岡太郎、村田泰輔、星野安治

    その他記事,共著,文化財科学・博物館学

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第三回日本文化財科学会ポスター賞,2009年07月12日

  • 第三回日本文化財科学会奨励論文賞,2010年06月27日

  • 優秀発表賞(日本植生史学会第30回大会),2015年11月14日

  • 日本文化財科学会第11回論文賞,2017年06月11日

  • 優秀ポスター賞(The 46th Conference of The Korean Society of Conservation Science for Cultural Heritage),2017年09月23日

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,保存科学実習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,保存科学実習Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,博物館資料保存論,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,地域文化振興論,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,文化財科学,専門教育科目(学部)

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • JOMON亀ヶ岡文化フォーラム,2016年02月

  • 文化財と関連科学研修,2016年07月

  • 地域未来創生塾@中央公民館,2016年08月

  • 平成29年度青森県考古学会公開講座,2017年10月

  • 平成29年度青森県博物館等協議会博物館大会,2017年11月