基本情報

写真a

星野 隆行

HOSHINO Takayuki


職名

准教授

ホームページ

https://sites.google.com/view/hoshino-lab/

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(情報理工学)

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (研究概要)

    生物の情報処理やそこに共通する物理現象を利用することによって,生体由来の機能を工学的に利用して拡張することを目指している.ナノ・マイクロ構造科学や生体信号処理を基盤として生物の機能がどのような仕組みにより自己組織的に形づくられているかを明らかにすることによって,組織再生や生体インターフェース開発に生かすことができる.具体的には,リアルタイムのナノ空間制御をおこない自己組織的な細胞の形状および機能形成の過程を調べるテーマや,ヒトが動作前に発生させる予備的な筋活動から行動予測や主観的情報量の取得が可能なインターフェース開発などに取り組んでいる.

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Pinpoint Delivery of Molecules by Using Electron Beam Addressing Virtual Cathode Display.,IEEE transactions on nanobioscience,17巻 1号 (頁 62 ~ 69) ,2018年03月,Takayuki Hoshino, Moto Yoshioka, Akira Wagatsuma, Hiroki Miyazako, Kunihiko Mabuchi

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Pharmacological targeting of HSP90 with 17-AAG induces apoptosis of myogenic cells through activation of the intrinsic pathway.,Molecular and cellular biochemistry,445巻 1-2号 (頁 45 ~ 58) ,2018年08月,Akira Wagatsuma, Yuzo Takayama, Takayuki Hoshino, Masataka Shiozuka, Shigeru Yamada, Ryoichi Matsuda, Kunihiko Mabuchi

    研究論文(学術雑誌),共著

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 日本語,地形形状による筋芽細胞 C2C12 の細胞運動の方向誘導,フナコシニュース,2018年4月15日号 (No.655)号 (頁 29) ,2018年04月,[1] 奥谷智裕,我妻玲,星野隆行

    総説・解説(商業誌),共著

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,人間医工学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,創造実習,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,医用科学実験,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,医用科学設計,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

全件表示 >>