基本情報

写真a

津田 治敏

Tsuda Harutoshi


職名

准教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学)

  • 修士(農学)

  • 学士(農学)

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学会

  • 日本畜産学会

  • 日本酪農科学会

  • 日本食品科学工学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 食品科学

  • 動物生産科学

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    乳製品,食肉製品,発酵,乳酸菌

    (研究概要)

    当研究室では畜産物のうち,特に乳および肉の利用について研究しています。

    1. 乳酸菌の分離・同定
    和牛の乳汁中の乳酸菌を分離・同定しています。また,得られた乳酸菌を応用した発酵乳製品の創製に向け実験を行っています。
    2. チーズ製造における成分変化および汚染細菌の生育抑制
    乳は栄養価が高く,風味が佳く,比較的廉価であるため食品として高価値です。栄養価が高いことは,有用細菌および汚染細菌どちらにとっても絶好の培養基となり得ることを意味します。
    有用細菌の代表として乳酸菌があり,これらを利用した発酵乳製品の代表にチーズがあります。チーズの熟成中に乳酸菌が様々な成分を分解・生成し,独特の風味を形成します。
    汚染細菌の生育を抑制する因子には,pH,温度および水分活性などがあります。これらの因子を管理することにより,食品の風味を維持しながら保存性を高めることができます。

    (協力できる内容)

    乳製品の製造法に関する内容。乳酸菌の分離同定。

    (PR)

    乳や食肉などの畜産物を主たる対象として,発酵から食中毒細菌の抑制まで微生物学的な研究を行ってきました。

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Expression of citrate permease gene of plasmid pCM1 isolated from Lactococcus lactis subsp. lactis biovar diacetylactis NIAI N-7 in Lactobacillus casei L-49-4,Applied Microbiology and Biotechnology,74巻 (頁 609 ~ 616) ,2007年,安 和容,津田 治敏,宮本 拓

    研究論文(学術雑誌),実験および論文の一部を執筆,共著

  • 英語,High bile- and low pH-resistant lactic acid bacteria isolated from traditional fermented dairy products in Inner Mongolia, China,ミルクサイエンス,55巻 (頁 129 ~ 134) ,2007年,津田 治敏,原 和志,宮本 拓

    研究論文(学術雑誌),実験および論文執筆,共著

  • 英語,Survival and colonization of orally administered Lactobacillus plantarum 301102 in porcine gastrointestinal tract,Animal Science Journal,79巻 (頁 274 ~ 278) ,2008年04月,津田 治敏,原 和志,宮本 拓

    研究論文(学術雑誌),実験および論文執筆,共著

  • 英語,Binding of mutagens to exopolysaccharide produced by Lactobacillus plantarum mutant strain 301102S,Journal of Dairy Science,91巻 (頁 2960 ~ 2966) ,2008年08月,津田 治敏,原 和志,宮本 拓

    研究論文(学術雑誌),実験および論文執筆,共著

  • 英語,Angiotensin I-converting enzyme inhibitory peptides in skim milk fermented with Lactobacillus helveticus 130B4 from camel milk in Inner Mongolia, China,Journal of the Science of Food and Agriculture,88巻 (頁 2688 ~ 2692) ,2008年09月,双全,津田 治敏,宮本 拓

    研究論文(学術雑誌),実験および論文の一部を執筆,共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 英語,Lactic acid bacteria R & D for food, health & livestock purposes,InTeck,2013年03月,津田 治敏

    単行本(学術書),Exopolysaccharides of lactic acid bacteria for food and colon health applications,分担執筆

  • 日本語,食品衛生検査指針 理化学編,公益社団法人日本食品衛生協会,2015年02月,津田 治敏,石見 佳子

    単行本(学術書),5. 灰分,7. 無機質,分担執筆

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度,食の機能安全科学,専門教育科目(学部)

  • 2019年度,食品学実験,専門教育科目(学部)

  • 2019年度,食品衛生学,専門教育科目(学部)

  • 2019年度,食料資源学専門実験,専門教育科目(学部)

  • 2019年度,食料資源学概論,専門教育科目(学部)