基本情報

写真a

清水 武史

SHIMIZU TAKESHI


職名

助教

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(農学)

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本育種学会

  • 日本腫瘍マーカー研究会

  • 日本癌学会

  • 日本生化学会

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    バイオテクノロジー 発がん機構

    (研究概要)

    ・植物の紫外線応答機構
    ・植物の遺伝子ターゲッティング(遺伝子相同組み換え)
    ・プロテオミクス手法を用いたストレス応答性タンパク質の解析
    ・ラットの肝発がん機構の解析

    (協力できる内容)

    ・バイオテクノロジー
    ・耐病性、耐ストレス性
    ・ラット肝がん
    ・発がん物質

    (PR)

    植物、動物のバイオテクノロジーについてのご相談を承ります。

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Virus-induced silencing of WIPK and SIPK genes reduces resistance against a bacterial pathogen but no effect on INF1-induced HR in Nicotiana benthamiana.(共著),Mol. Gen. Genomics,2003年08月,Sharma PC, Ito A, Shimizu T, Terauchi R, Kamoun S, Saitoh H.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,High-throughput in planta expression screening identifies a class II ethylene-responsive element binding factor-like protein that regulates plant cell death and non-host resistance.(共著),Plant J.,2005年08月,Nasir KH, Takahashi Y, Ito A, Saitoh H, Matsumura H, Kanzaki H, Shimizu T, Ito M, Fujisawa S, Sharma PC, Ohme-Takagi M, Kamoun S, Terauchi R.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 日本語,Muクラスのグルタチオントランスフェラーゼ遺伝子多型ラットにおけるクロフィブレート肝発がん感受性の差異(共著),日本分子腫瘍マーカー研究会誌,2005年08月,土田成紀、工藤敏啓、浅野純平、間山 淳、清水武史、范 洋、早狩 誠

    研究論文(その他学術会議資料等),共著

  • 英語,Nuclear localization of STAT5A modified with O-linked N-acetylglucosamine and early involution in the mammary gland of hirosaki hairless rat.(共著),J. Biol. Chem.,2005年12月,Nanashima N, Asano J, Hayakari M, Nakamura T, Nakano H, Yamada T, Shimizu T, Akita M, Fan Y, Tsuchida S.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 日本語,ペルオキシソーム増殖剤によるラット肝前がん病変における炭酸脱水酵素IIIの欠損(共著),日本分子腫瘍マーカー研究会誌,2006年05月,清水武史、工藤敏啓、浅野純平、七島直樹、范 洋、山田俊幸、土田成紀

    研究論文(その他学術会議資料等),共著

全件表示 >>

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 英語,Differentiation inhibition of regulatory t cells in hirosaki hairless rat due to deletion of the ly49 family genes expressed in thymic t cells and dendritic cells.,Hirosaki Med J.,2013年04月,Yamada T, Nanashima N, Shimizu T, Tsuchida S.

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

  • 英語,Sustained repression and translocation of ntcp and expression of mrp4 for cholestasis after rat 90% partial hepatectomy.,Hirosaki Med J.,2013年04月,Miura T, Kimura N, Yamada T, Shimizu T, Nanashima N, Yamana D, Hakamada K, Tsuchida S.

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

  • 英語,Phospholipase A2 group IVc blocks mammary tumor apoptosis.,Atlas of Science,2015年11月,Nanashima N, Yamada T, Shimizu T, Tsuchida S.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,アンジオテンシン変換酵素阻害剤:新たな展開,弘前医学,2017年10月,早狩誠、清水武史、中川潤一、兵藤塁、上野桂代、下山律子

    総説・解説(学術雑誌),共著

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,基礎人体科学演習,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,生化学実習,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,生化学(講義2),専門教育科目(学部)

  • 2018年度,研究室研修,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,医学研究基礎技術実習,博士一貫課程・博士後期課程

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 地域産業科学技術の活性化推進事業,2007年09月 ~ 2008年03月

  • 地域産業科学技術の活性化推進事業,2008年09月 ~ 2009年03月

  • 岩木健康増進プロジェクト健診,2016年06月

  • 弘前市いきいき健診,2016年06月