基本情報

写真a

古川 賢一

FURUKAWA Kenichi


職名

准教授

ホームページ

http://hippo.med.hirosaki-u.ac.jp/~pharmaco/furukawa.html

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学会

  • 日本薬理学会

  • 日本薬学会

  • 日本骨代謝学会

  • 米国薬理学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 薬理学一般

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    医学、医薬品開発、国際交流、

    (研究概要)

    ○分子薬理学 
    病因としてのメカニカルストレス応答のメカニズムの解析、天然
    生理活性物質の薬理作用の解析

    ○病態生理学
    異所性骨化・石灰化の原因究明と治療法・予防法への橋渡しとなる基礎研究

    (協力できる内容)

    ・新規医薬品のシーズとなる生理活性物質の探索

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Endothelium-dependent vasodilatory effect of vitisin C, a novel plant oligostilbene from Vitis Coignetiae (Vitaceae) in rabbit aorta.,Clinical Science,105巻 (頁 73 ~ 79) ,2003年04月,Seya K, Furukawa K-I, Taniguchi S, Takaya Y, Kodzuka G, Oshima Y, Niwa M, Motomura S

    研究論文(学術雑誌),共著,薬理学一般

  • 英語,Role of prostaglandin I2 in the gene expression induced by mechanical stress in spinal ligament cells derived from patients with ossification of the posterior longitudinal ligament. ,Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics,305巻 (頁 818 ~ 824) ,2003年07月,Ohishi H, Furukawa K-I, Iwasaki K, Ueyama K, Okada A, Motomura S, Harata S, Toh S

    研究論文(学術雑誌),共著,薬理学一般,整形外科学

  • 英語,Vasodilative effects of urocortin II via protein kinase A and a mitogen-activated protein kinase in rat thoracic aorta.,Journal of Cardiovascular Pharmacology,42巻 (頁 561 ~ 565) ,2003年07月,Kageyama K, Furukawa K-I, Miki I, Terui K, Motomura S, Suda T

    研究論文(学術雑誌),共著,薬理学一般

  • 英語,Uniaxial cyclic stretch induces osteogenic differentiation and syntheses of bone morphogenetic proteins of spinal ligament cells derived from patients with ossification of the posterior longitudinal ligaments.,Bone,33巻 (頁 475 ~ 484) ,2003年07月,Tanno M, Furukawa K-I, Ueyama K, Harata S, Motomura S

    研究論文(学術雑誌),共著,薬理学一般

  • 英語,Genomewide linkage and linkage disequilibrium analyses pinpoint the ossification of the posterior longitudinal ligament of the spine to COL6A1 locus on chromosome 21.,American Journal of Human Genetics,73巻 (頁 812 ~ 822) ,2003年09月,Tanaka T, Ikari K, Furushima K, Okada A, Tanaka H, Furukawa K-I, Yoshida K, Ikeda T, Ikegawa S, Hunt S, Takeda J, Toh S, Harata S, Nakajima T, and Inoue I

    研究論文(学術雑誌),共著,人類遺伝学

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,脊柱靱帯骨化症発症におけるメカニカルストレスの関与,日本整形外科学会,2004年05月,岩崎弘英,古川賢一,丹野雅彦,楠美智巳,植山和正,岡田晶博,元村成,原田征行,籐哲

    その他,共著,整形外科学

  • 日本語,脊柱靱帯骨化症の薬物治療法開発を目指して,難病と在宅ケア,2006年06月,古川賢一

    その他,単著,薬理学一般

  • 日本語,多方面からの解析アプローチによる後縦靱帯骨化症の感受性遺伝子同定をめざして,骨・関 節・靱帯,2007年04月,田中利弘, 猪狩勝則, 塚原聡, 岸谷正樹, 古川賢一, 元村成, 井ノ上逸朗, 藤哲

    単行本(学術書),共著,整形外科学

  • 日本語,心臓弁膜石灰化の分子機序,Clinical Calcium,2011年01月,古川賢一,元村成

    単行本(学術書),共著,薬理学一般

  • 日本語,脊柱靭帯骨化における間葉系幹細胞の役割,脊椎脊髄,2013年03月,小野睦、浅利亨、陳俊輔、和田簡一郎、田中利弘、古川賢一

    単行本(学術書),共著,整形外科学,薬理学一般

全件表示 >>

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 日本語,メカニカルストレスと生体応答,日本農芸化学会,化学と生物,42巻 5号 (頁 286 ~ 287) ,2004年05月,古川賢一

    総説・解説(学術雑誌),単著,薬理学一般

  • 日本語,脊柱靱帯骨化症の薬物治療法開発を目指して,難病と在宅ケア,難病と在宅ケア,12巻 3号 (頁 11 ~ 14) ,2006年04月,古川賢一

    総説・解説(商業誌),単著,薬理学一般,整形外科学

  • 英語,Molecular Basis of Ectopic Bone Formation Induced by Mechanical Stress. ,The Japanese Pharmacological Society,Journal of Pharmacological Sciences,100巻 (頁 201 ~ 204) ,2006年12月,Furukawa, K-I

    総説・解説(学術雑誌),単著,薬理学一般

  • 英語,Current topics in pharmacological research on bone metabolism. ,The Japanese Society of Pharmacology,Journal of Pharmacological Sciences,100巻 (頁 187) ,2006年12月,Furukawa K-I, Shinoda H

    総説・解説(学術雑誌),共著,薬理学一般

  • 日本語,心臓弁膜石灰化の分子機序,医薬ジャーナル社,Clinical Calcium,21巻 12号 (頁 61 ~ 66) ,2011年12月,古川賢一,元村成

    総説・解説(学術雑誌),共著,薬理学一般

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本薬学会東北支部奨励賞,1994年12月

  • 第22回唐牛記念医学研究基金助成金A,2004年01月

  • 弘前大学教員業績評価に係る教員派遣,2010年04月

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,生物学の基礎Ⅰ(B),21世紀教育科目

  • 2018年度,研究室研修,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,臨床薬理学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,薬理学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,薬理学実習,専門教育科目(学部)

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 学術雑誌の審査員,1995年01月 ~ 継続中

  • 学術雑誌の審査員,1996年04月 ~ 継続中

  • 学術雑誌の審査員,2005年03月 ~ 継続中

  • 学術雑誌の審査員,2009年11月 ~ 継続中