基本情報

写真a

松坂 方士

MATSUZAKA MASASHI


職名

准教授

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本消化器病学会

  • 日本消化器内視鏡学会

  • 体力・栄養・免疫学会

  • 弘前医学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 疫学・予防医学

  • 医療社会学

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (研究概要)

    がん登録

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Bowel habits before and during menses in Japanese women of climacteric age: a population based study. ,Tohoku J Exp Med,206巻 2号 (頁 99 ~ 104) ,2005年06月,Fukuda S, Matsuzaka M, Takahashi I, Oyama T, Umeda T, Shimoyama T, Nakaji S, Wada S, Kumae T

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 日本語,女子柔道合宿前後の身体的・精神的変化とその関連について,Journal of Physical Fitness, Nutrition and Immunology,15巻 2号 (頁 110 ~ 120) ,2005年12月,松坂方士,梅田孝,高橋一平,塚本利昭,古川照美,片桐朝美,吉岡美子,岡村典慶,中路重之

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Change in the capability of reactive oxygen species production by neutrophils following weight reduction in female judoists,Br J Sports Med,41巻 5号 (頁 322 ~ 327) ,2007年01月,Yaegaki M, Umeda T, Takahashi I, Matsuzaka M, Sugawara N, Shimaya S, Tanabe M, Kojima A, Mochida N, Yamamoto Y, Nakaji S

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,The effects of a two-hour judo training session on the neutrophil immune functions in university judoists,Luminescence,23巻 (頁 49 ~ 53) ,2008年01月,Umeda T, Yamai K, Takahashi I, Kojima A, Yamamoto Y, Tanabe M, Totsuka M, Nakaji S, Sugawara N, Matsuzaka M

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Measuring neutrophil functions might be a good predictive marker of overtraining in athletes,Luminescence,Epub巻 Epub号 (頁 Epub) ,2008年01月,Yaegaki M, Umeda T, Takahashi I, Yamamoto Y, Kojima A, Tanabe M, Yamai K, Matsuzaka M, Sugawara N, Nakaji S

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,最新! がん治療 予防から緩和ケアまですべてがわかる,朝日新聞出版,2011年06月,弘前大学大学院医学研究科

    単行本(一般書),共著

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 日本語,がんの疫学 大腸がん,(株)ヴァンメディカル ,臨床腫瘍プラクティス,1巻 2号 (頁 124 ~ 133) ,2005年11月,中路重之,松坂方士

    総説・解説(商業誌),共著

  • 日本語,がんの疫学 肝細胞がん,(株)ヴァンメディカル ,臨床腫瘍プラクティス,2巻 4号 (頁 328 ~ 335) ,2006年11月,中路重之, 菅原典夫, 松坂方士

    総説・解説(商業誌),共著

  • 英語,The decreasing burden of gastric cancer in Japan,TOHOKU UNIVERSITY MEDICAL PRESS,Tohoku J Exp Med.,212巻 3号 (頁 207 ~ 219) ,2007年07月,Matsuzaka M, Fukuda S, Takahashi I, Shimaya S, Oyama T, Yaegaki M, Shimoyama T, Sakamoto J, Nakaji S, Umeda T

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,がん登録 その概要と青森方式の紹介,(株)ヴァンメディカル ,臨床腫瘍プラクティス,4巻 (頁 73 ~ 83) ,2008年02月,松坂方士, 中路重之, 松谷秀哉

    総説・解説(商業誌),共著

  • 日本語,がんの疫学 膵がん,(株)ヴァンメディカル ,臨床腫瘍プラクティス,4巻 (頁 104 ~ 110) ,2008年05月,松坂方士, 中路重之, 松谷秀哉

    総説・解説(商業誌),共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第1回藤本伊三郎賞,2014年07月

  • 第3回藤本伊三郎賞,2016年07月

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,生活習慣と健康(M),21世紀教育科目

  • 2018年度,PBL,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,医学英語Ⅳ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,研究室研修,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,最新医学の動向,博士一貫課程・博士後期課程

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 青森県がん医療・施設検討委員会,2006年04月 ~ 2008年03月

  • 「これだけは知っておきたいがんの話」講演会,2007年02月

  • 総合的地域診断手法に係る研究検討委員会,2007年04月 ~ 2008年03月

  • 青森県感染症発生動向調査企画委員会,2007年12月 ~ 継続中

  • 労働者健康福祉機構青森産業保健推進センター産業保健相談員,2008年04月 ~ 継続中

全件表示 >>