基本情報

写真a

髙畑 武功

TAKAHATA Takenori


職名

講師

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0172-39-5346

研究室FAX

0172-39-5347

ホームページ

http://www.med.hirosaki-u.ac.jp/~oncology/

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本消化器内視鏡学会

  • 日本消化器学会

  • 日本癌学会

  • 日本癌治療学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 腫瘍内科学

  • 血液内科学

  • 内科学一般(含心身医学)

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    がん化学療法

    (研究概要)

    がん化学療法、消化器病、薬剤耐性

    (協力できる内容)

    抗腫瘍活性や薬物代謝に影響する食物と薬物との相互作用研究など

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,下北半島過疎地域在住高齢者におけるCYP2C19遺伝子変異頻度の検討(共著),弘前医学,55巻 (頁 18 ~ 22) ,2003年04月,石澤幸男,高畑武功他

    研究論文(大学,研究機関紀要),共著

  • 英語,Time effects of food intake on the pharmacokinetics and pharmacodynamics of quazepam (jointly worked),British Journal of Clinical Pharmacology,55巻 (頁 382 ~ 388) ,2003年04月,Norio Yasui-Furukori, Takenori Takahata et al

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Nucleotide changes in the translated region of SCN5A from Japanese patients,Life Science,72巻 (頁 2391 ~ 2399) ,2003年04月,Takenori Takahata et al

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Inhibition of 3T3-L1 adipocyte differentiation by 6-ethoxyzolamide: repressed peroxysome proliferator-activated receptor gamma mRNA and enhanced CCAAT/enhancer binding protein beta mRNA levels,Biochemical Pharmacology,67巻 (頁 1667 ~ 1675) ,2004年04月,Takenori Takahata et al

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Weekly paclitaxel and nedaplatin with concurrent radiotherapy for locally advanced non-small-cell lung cancer: a phase I/II study, Japanese Journal of Clinical Oncology,34巻 (頁 647 ~ 653) ,2004年04月,Yukihiro Hasegawa, Shingo Takanashi,Takenori Takahata et al

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 日本語,胃癌化学療法-レジメン選択の基本,ヴァンメディカル,別冊臨床腫瘍プラクティスⅡ 消化器がん化学療法レジメン, (頁 35 ~ 39) ,2012年09月,佐藤温, 高畑武功, 石黒敦, 田中諭

    総説・解説(商業誌),共著

  • 日本語,副作用対策のコツとピットフォール 癌治療による下痢とその対策,メディカルレビュー社,外来癌化学療法,4巻 1号 (頁 38 ~ 40) ,2013年02月,田中諭, 石黒敦, 高畑武功, 佐藤温

    総説・解説(商業誌),共著

  • 日本語,ガイドラインで推奨されている薬を使い切った患者への対応は?,ヴァンメディカル,臨床腫瘍プラクティス,9巻 2号 (頁 162 ~ 168) ,2013年05月,佐藤温、高畑武功、花田直之、田中諭

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

  • 日本語,ハイリスクグループ(高齢者・合併症を有する患者)に対するG-CSF使用、放射線併用時の注意点およびG-CSFの有害反応,癌と化学療法,2014年06月,花田直之、田中諭、高畑武功、佐藤温

    総説・解説(商業誌),共著

  • 日本語,抗がん剤の副作用と支持療法-より適切な抗がん剤の安全使用を目指して- V 系統別抗がん剤の副作用 化学療法薬 トポイソメラーゼ阻害薬 Ⅱ型トポイソメラーゼ阻害薬(アントラサイクリン系薬剤),日本臨床,2015年01月,佐藤温、高畑武功、齋藤絢介

    総説・解説(商業誌),共著

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,BSL,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,クリニカルクラークシップ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,病態薬理,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,臨床腫瘍学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,最新医学の動向,博士一貫課程・博士後期課程

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 弘前大学健康・医療講演会(三沢),2008年11月

  • 県保健師向け講義,2012年08月

  • FMアップルウェーブりんご王国紅玉カレッジ出演,2014年06月

  • ブルーリボンキャラバン もっと知ってほしい大腸がんのことin弘前,2015年09月

  • 附属病院腫瘍センター市民公開講座,2015年12月

全件表示 >>