基本情報

写真a

長内 智宏

OSANAI TOMOHIRO


職名

教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本高血圧学会

  • 日本循環器学会

  • 日本内科学会

  • 日本脳卒中学会

  • 日本腎臓学会

全件表示 >>

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    心不全、急性心筋梗塞、プロスタグランジン、一酸化窒素、高血圧

    (研究概要)

    循環器病学
    ◯虚血性心疾患・心不全の病態治療に関する生化学的並びに生理学的な研究。特に再
    灌流障害の治療並びに冠攣縮性狭心症の病態について検討。
    ◯高血圧の成因に関する基礎的並びに臨床的研究。特に心臓、血管、腎プロスタグラ
    ンジン系の血管調節における役割並びに新規の昇圧物質Coupling Factor 6の循環器疾患における病態生理学的意義について検討。

    (協力できる内容)

    なし

    (PR)

    なし

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Phospholipase C activity is enhanced in skin fibroplasts obtained from patients with essential hypertension,J Hypertens,21巻 (頁 583 ~ 590) ,2003年04月,Kosugi T, Osanai T, Kamada T, Natano T, Okumura K

    研究論文(学術雑誌),すべて,共著

  • 英語,Effect of allopurinol pretreatment on free radical generation after primary coronary angioplasty for acute myocardial infarction,J Cardiovasc Pharm,41巻 (頁 699 ~ 705) ,2003年05月,Guan W, Osanai T, Kamada T, Hanada H, Ishizaka H, Onodera H, Iwasa A, Fujita N, Kudo S, Ohkubo T, Okumura K

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Comparison of the effects of losartan and angiotensin converting enzyme inhibitor on nocturnal blood pressure in patients with stroke, International Congress Series ,1251巻 (頁 111 ~ 117) ,2003年06月,Fujiwara N, Osanai T, Okuguchi T, Kato T, Metoki N, Konta Y, Okumura K

    研究論文(その他学術会議資料等),共著

  • 英語,Plasma concentration of coupling factor 6 and cardiovascular events in patients with end-stage renal disease, Kidney Int,64巻 (頁 2291 ~ 2297) ,2003年07月,Osanai T, Nakamura M, Sasaki S, Tomita H, Saitoh M, Osawa H, Yamabe H, Murakami S, Magota K, Okumura K

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Circulating coupling factor 6 in human hypertension: role of reactive oxygen species., J Hypertens,21巻 (頁 2323 ~ 2328) ,2003年08月,Osanai T, Sasaki S, Kamada T, Fujiwara N, Nakano T, Tomita H, Matsunaga T, Magota K, Okumura K

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,悪性高血圧における診断と治療のポイント,中山書店,2004年09月,長内智宏

    単行本(学術書),共著

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 日本語,合併症を伴う高血圧の治療「脳血管障害」,診断と治療,診断と治療,91巻 (頁 86 ~ 91) ,2003年04月,長内智宏、奥村 謙

    総説・解説(商業誌),共著

  • 日本語,Coupling factor 6 —新規の昇圧物質,医学のあゆみ,医学のあゆみ,204巻 (頁 505) ,2003年06月,長内智宏、孫田浩二、奥村 謙

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,悪性高血圧の治療のポイント,Medical Practice(内科総合誌),Medical Practice(内科総合誌),20巻 (頁 1231) ,2003年07月,長内智宏

    総説・解説(商業誌),共著

  • 日本語,V-heFT-1,V-HeFT-2,メディカルレビュー社,Heart Disease Navigator, (頁 148 ~ 149) ,2003年09月,長内智宏

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,生活習慣病の最前線—新規昇圧物質coupling factor 6と血管内皮機序障害.,Molecular Medicine(臨時増刊号),Molecular Medicine(臨時増刊号),42巻 (頁 266 ~ 269) ,2005年09月,長内智宏、奥村 謙、孫田浩二

    総説・解説(商業誌),共著

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,成人看護方法論Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,基礎ゼミナール,教養教育科目

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 市民公開講座(日本高血圧協会主催),2004年12月

  • 健康・医療講演会-沈黙の殺人者-高血圧の予防と治療,2007年07月

  • 健康・医療講演会-危険な心臓病の予防・管理,2007年12月

  • 高血圧の正しい知識,2008年12月

  • 高血圧治療ガイドライン,2009年02月

全件表示 >>