基本情報

写真a

大山 力

OHYAMA CHIKARA


職名

教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本泌尿器科学会

  • 日本癌学会

  • 米国泌尿器科学会

  • 日本癌治療学会

  • 日本Endourology and ESWL学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 泌尿器科学

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    泌尿器科学
    糖鎖生物学
    腎移植

    (研究概要)

    尿路性器悪性腫瘍の診断と治療 
    前立腺癌、膀胱癌、精巣腫瘍、腎癌
    癌化学療法、尿路変向術、鏡視下手術 
    泌尿器疾患における糖脂質、糖たんぱく質発現の意義に関する研究
    腎移植

    (協力できる内容)

    腎・泌尿器疾患に関する基礎的、臨床的研究
    糖タンパク、糖脂質の研究
    臨床検体提供

    (PR)

    泌尿器科学と糖鎖生物学の融合を目指しています。臨床現場の問題を基礎研究の成果を駆使して解決してゆくのが基本姿勢です。

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,A novel strategy for evasion of NK cell immunity by tumours expressing core2 O-glycans.,EMBO J,30巻 15号 (頁 3173 ~ 3185) ,2011年07月,Tsuboi S, Sutoh M, Hatakeyama S, Hiraoka N, Habuchi T, Horikawa Y, Hashimoto Y, Yoneyama T, Mori K, Koie T, Nakamura T, Saitoh H, Yamaya K, Funyu T, Fukuda M, Ohyama C.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Core 2 N-acetylglucosaminyltransferase-1 expression induces aggressive potential of testicular germ cell tumor.,Int J Cancer,127巻 5号 (頁 1052 ~ 1059) ,2010年09月,Hatakeyama S, Kyan A, Yamamoto H, Okamoto A, Sugiyama N, Suzuki Y, Yoneyama T, Hashimoto Y, Koie T, Yamada S, Saito H, Arai Y, Fukuda M, Ohyama C.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Risk factors for erectile dysfunction in healthy Japanese men.,Int J Androl,33巻 4号 (頁 569 ~ 573) ,2010年08月,Imai A, Yamamoto H, Hatakeyama S, Iwabuchi I, Yoneyama T, Hashimoto Y, Koie T, Kamimura N, Danjyo K, Ohyama C.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Predictive value of N-acetylglucosaminyltransferase-V for superficial bladder cancer recurrence.,J Urol,171巻 1号 (頁 90 ~ 93) ,2006年01月,Takahashi T, Ohyama C

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,N-acetylglucosaminyltransferase V and beta1-6 branching N-linked oligosaccharides are associated with good prognosis of patients with bladder cancer.,Clin Cancer Res. ,12巻 8号 (頁 2606 ~ 2511) ,2006年04月,Isimura H, Ohyama C

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,知って安心病気のあれこれ,秋田魁新報社,2003年03月,大山 力

    単行本(一般書),共著

  • 日本語,講義録 腎臓学,メジカルビュー,2006年11月,大山 力

    教科書,共著

  • 日本語,Topics of RCC-分子標的薬のAE-「消化管症状(下痢・口内炎・食欲不振・消化管穿孔)」.,メディカルレビュー社,2009年09月,大山 力、神村典孝、米山高弘

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,膀胱拡大術「回腸利用膀胱拡大術」.新Urologic Surgeryシリーズ6 尿路変更・再建術,メジカルビュー社,2010年03月,大山 力

    単行本(学術書),単著

  • 日本語,手術療法「手術療法 ③膀胱全摘除術時の尿路変更術」.インフォームコンセントのための図説シリーズ 膀胱がん,医薬ジャーナル社,2010年06月,大山 力,古家琢也,杉山尚樹

    単行本(学術書),共著

全件表示 >>

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 日本語,前立腺癌の新しいバイオマーカーの可能性,メジカルビュー社,Urology View,1巻 (頁 93 ~ 99) ,2003年03月,大山 力

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,ミニマム創内視鏡下前立腺全摘術の実際 ,メジカルビュー, Urology View,4巻 (頁 73 ~ 79) ,2006年12月,大山 力

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,尿路として利用された腸管の発癌性について,メジカルビュー,Urology View,5巻 (頁 86 ~ 91) ,2007年10月,大山 力

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

  • 日本語,代用膀胱(自排尿型新膀胱)の管理.,医学書院,臨床泌尿器科,71巻 12号 (頁 1007 ~ 1009) ,2007年11月,古家琢也、大山 力

    総説・解説(大学・研究所紀要),共著

  • 日本語,精巣腫瘍における画像診断の進歩;FDG-PETを中心に.,メジカルビュー社,Urology View ,7巻 3号 (頁 41 ~ 45) ,2009年03月,神村典孝,盛 和行

    総説・解説(学術雑誌),共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本泌尿器科学会賞,2003年04月15日

  • 弘前大学表彰,2009年06月

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度,泌尿器腫瘍学,博士一貫課程・博士後期課程

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 市民健康講座,2005年01月 ~ 継続中

  • 青森県腎臓バンク臓器移植推進講演会,2009年10月

  • 平成24年度青森県臓器移植推進セミナー,2012年07月

  • 第5回いのちのリレー・市民公開講座 ,2012年10月

  • 青森県臓器移植推進セミナー~透析患者さん&ご家族との勉強会~,2012年11月

全件表示 >>