基本情報

写真a

大熊 洋揮

OKUMA HIROKI


職名

教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本脳神経外科学会

  • 日本脳卒中学会

  • 日本脳卒中の外科学会

  • スパズムシンポジウム

  • 日本老年脳神経外科学会

全件表示 >>

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    脳卒中,脳血管障害,クモ膜下出血,脳動脈瘤,脳梗塞,虚血性脳血管障害

    (研究概要)

    ○ 青森県における脳動脈瘤性クモ膜下出血の発生頻度と危険因子に関する疫学的研究
    ○ 脳動脈瘤性クモ膜下出血の超急性期管理に関する研究
    ○ クモ膜下出血後に後発する脳血管攣縮の病態の解明,治療法の開発に関する研究
    ○ クモ膜下出血後の脳血管攣縮,水頭症の早期診断に関する研究
    ○ 脳動脈瘤の発生に関する研究
    ○ 脳血管障害に対する遺伝子治療の研究
    ○ 内頸動脈系解離性動脈瘤に関する研究

    (協力できる内容)

    脳卒中について(疫学,予防等)
    脳血管障害の外科的治療について
    脳血管障害の遺伝子分析・治療について

    (PR)

    脳卒中・脳血管障害に関し知りたい方はご相談下さい

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,A case of anaplastic pleomorphic xanthoastrocytoma presenting with tumor bleeding and cerebrospinal fluid dissemination,Brain Tumor Pathol,23巻 1号 (頁 55 ~ 63) ,2006年01月,Asano K, Miyamoto S, Kubo O, Kikkukawa T, Yagihashi A, Ohkuma H

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 日本語,脳転移を来した子宮平滑筋肉腫の1例,脳神経外科,34巻 4号 (頁 409 ~ 413) ,2006年04月,棟方聡,浅野研一郎、畑山徹、伊藤勝博、鈴木重晴、大熊洋揮

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Effect of clot removal and the different incidence of vasospasm between clipping and GDC,Neurological Research,28巻 4号 (頁 424 ~ 430) ,2006年06月,Ohkuma H

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 英語,Inhibition of integrin alphavbeta3 ameliorates focal cerebral ischemic damage in the rat middle cerebral artery occlusion model.Inhibition of integrin alphavbeta3 ameliorates focal cerebral ischemic damage in the rat middle cerebral artery occlusion model.,Stroke,37巻 7号 (頁 1902 ~ 1909) ,2006年07月,Shimamura N, Matchett G, Yatsushige H, Calvert JW, Ohkuma H, Zhang J

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Comparison of silicon-coated nylon suture to plain nylon suture in the rat middle cerebral artery occlusion model.,J Neurosci Methods,156巻 1-2号 (頁 161 ~ 165) ,2006年09月,Shimamura N, Matchett G, Solaroglu I, Tsubokawa T, Ohkuma H, Zhang J

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,高血圧性脳内出血の病態,中山書店,2004年04月,大熊洋揮,鈴木重晴

    単行本(学術書),共著

  • 英語,Animal Models of Acute Neurological Injuries II,Humana Press,2012年05月,Hiroki Ohkuma

    単行本(学術書),共著

  • 英語,Animal Models of Acute Neurological Injuries II,Humana Press,2012年05月,Ohkuma H,Suzuki S

    単行本(学術書),共著

  • 英語,Animal Models of Acute Neurological Injuries II,Humana Press,2012年05月,Shimamura N,Munakata A, Ohkuma H

    単行本(学術書),共著

  • 英語,Animal Models of Acute Neurological Injuries II,Humana Press,2012年05月,Munakata A,Shimamura N, Ohkuma H

    単行本(学術書),共著

全件表示 >>

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 日本語,突然の激しい頭痛に頭部CT-クモ膜下出血を見逃すな!  疑ったら必ずCT-CT読影のポイントと追加検査の必要な場合は?,CBR,ERマガジン,1巻 3号 (頁 186 ~ 1909) ,2004年08月,大熊洋揮

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,未破裂脳動脈瘤ーUCAS前夜ー,医学書院,脳神経外科,33巻 5号 (頁 417 ~ 431) ,2005年05月,大熊洋揮

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,Clip 症例および Coil 症例における脳血管攣縮対策,日本脳神経外科コングレス,脳神経外科ジャーナル,15巻 12号 (頁 814 ~ 821) ,2006年12月,大熊洋揮,菊池潤、棟方聡

    総説・解説(その他),共著

  • 日本語,内頸動脈瘤のクリッピング,メデイカ出版,脳神経外科速報,17巻 1号 (頁 18 ~ 28) ,2007年01月,大熊洋揮

    総説・解説(学術雑誌),単著

  • 日本語,前交通動脈瘤ー解剖と手術手技,医学書院,脳神経外科,36巻 1号 (頁 27 ~ 43) ,2008年01月,大熊洋揮,棟方聡、嶋村則人

    総説・解説(学術雑誌),共著

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,脳神経外科学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,臨床実習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,医学研究基礎技術実習,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2018年度,機能的脳神経外科学実験実習,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2018年度,機能的脳神経外科学演習,博士一貫課程・博士後期課程

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 第17回弘前脳疾患臨床セミナー,2009年07月

  • 第1回北海道整容脳神経外科セミナー,2009年09月

  • 第32回弘前大学白菊会総会,2009年10月

  • 第112回山口県脳神経外科談話会,2009年11月

  • 平成21年度弘前大学大学院医学研究科「健康・医療講演会」,2009年11月

全件表示 >>