基本情報

写真a

今泉 忠淳

IMAIZUMI TADAATSU


職名

教授

ホームページ

http://hippo.med.hirosaki-u.ac.jp/~pathop/

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 弘前医学会

  • 日本公衆衛生学会

  • 日本血管生物医学会

  • 日本脂質生化学会

  • 日本内科学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 呼吸器内科学

  • 整形外科学

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    血管、遺伝子、培養、生理活性物質、炎症性疾患
    自己免疫性疾患

    (研究概要)

    脳血管病態学
    ・脳血管障害の成因及び病態形成における分子細胞生物学的研究
    ・生理活性物質と細胞機能・障害との関連性の研究
    ・炎症性疾患の分子機構の研究

    (協力できる内容)

    研究:血管系細胞の培養,血液や培養細胞からの核酸抽出、生理活性物質の血管系細胞への影響の検討、
    講演:社員教育や研修会の講師、

    (PR)

    血管障害や炎症性疾患の病態生理に関する基礎研究を行っております。
    二年間の臨床経験(都立府中病院)と、五年間の留学経験(米国・ユタ大学)があります。

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Double-stranded RNA induces galectin-9 in vascular endothelial cells: involvement of TLR3, PI3K and IRF3 pathway.,Glycobiology,17巻 7号 (頁 12C ~ 15C) ,2007年07月,Imaizumi T. et al.

    研究論文(学術雑誌),実験を担当した。,共著

  • 英語,Expression of interferon-stimulated gene 20 (ISG20) in vascular endothelial cells,Microbiology and Immunology,52巻 1号 (頁 30 ~ 35) ,2008年01月,Imaizumi T, Mechti N, et al.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Basic-helix-loop (bHLH) transcription factor DEC2 negatively regulates vascular endothelial growth factor expression,Genes to Cells,13巻 2号 (頁 131 ~ 144) ,2008年02月,Sato F, Bhawal U, Kawamoto T, Fujimoto K, Imaizumi T, et al.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Negative feedback regulation of RIG-I-mediated anti-viral signaling by interferon-induced ISG15 conjugation ,Journal of Virology,82巻 3号 (頁 1474 ~ 1483) ,2008年02月,Kim MJ, Hwang SY, Imaizumi T, et al.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Retinoic aci-inducible gene-I is induced by interferon-gamma and regulates CXCL11 expression in HeLa cells,Life Sciences,82巻 1号 (頁 672 ~ 675) ,2008年03月,Yuzawa E, Imaizumi T, et al.

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,医学英語Ⅲ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,基礎人体科学演習,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,特別教育科目(研究室研修),専門教育科目(学部)

  • 2018年度,神経科学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,医学研究概論,博士一貫課程・博士後期課程

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 「Translational Research」誌論文の査読,2009年05月

  • 「Proteomics」誌論文の査読,2009年06月

  • 「BMC research notes」誌論文の査読,2009年07月