基本情報

写真a

三村 純正

MIMURA Junsei


職名

講師

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本分子生物学会

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    酸化ストレス
    転写因子

    (研究概要)

    専門分野:分子生物学
    研究概要:酸化ストレス応答応答性の転写因子Nrf2の生体防御あるいは恒常性維持における役割の解明

    (協力できる内容)

    転写因子関連研究
    酸化ストレス応答関連

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Xenobiotics and transcriptional regulation,Tanpakushitsu kakusan koso,48巻 16号 (頁 2261 ~ 2266) ,2003年12月,Mimura J, Fujii-Kuriyama Y.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Biological role of AhR signaling pathway,Seikagaku,76巻 4号 (頁 359 ~ 363) ,2004年04月,Mimura J.

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 英語,A constitutively active arylhydrocarbon receptor induces growth inhibition of jurkat T cells through changes in the expression of genes related to apoptosis and cell cycle arrest.,The Journal of biological chemistry,279巻 24号 (頁 25204 ~ 25210) ,2004年06月,Ito T, Tsukumo S, Suzuki N, Motohashi H, Yamamoto M, Fujii-Kuriyama Y, Mimura J, Lin TM, Peterson RE, Tohyama C, Nohara K.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Expression of hypothalamic neuropeptides after acute TCDD treatment and distribution of Ah receptor repressor.,Regulatory peptides,119巻 1-2号 (頁 113 ~ 124) ,2004年06月,Fetissov SO, Huang P, Zhang Q, Mimura J, Fujii-Kuriyama Y, Rannug A, Hökfelt T, Ceccatelli S.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Phosphorylation analysis of 90 kDa heat shock protein within the cytosolic arylhydrocarbon receptor complex.,Biochemistry,43巻 49号 (頁 15510 ~ 15519) ,2004年12月,Ogiso H, Kagi N, Matsumoto E, Nishimoto M, Arai R, Shirouzu M, Mimura J, Fujii-Kuriyama Y, Yokoyama S.

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 日本語,Nrf2システムによる生体防御応答制御,科学評論社,臨床免疫・アレルギー科,67巻 6号 (頁 642 ~ 648) ,2017年06月,三村 純正,伊東 健

    総説・解説(商業誌),共著

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,生物学の基礎Ⅰ(B),21世紀教育科目

  • 2018年度,PBL,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,研究室研修,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,医学研究概論I,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2018年度,医学・医療の世界-人体のしくみA-,教養教育科目

全件表示 >>