基本情報

写真a

木田 和幸

KIDA KAZUYUKI


職名

教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本産業衛生学会

  • 日本衛生学会

  • 日本農村医学会

  • 弘前医学会

  • 日本学校保健学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 衛生学・公衆衛生学

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    生活環境保健

    (研究概要)

    生活環境保健学

    (協力できる内容)

    生活環境・保健指標について

    (PR)

    生活環境保健

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,The Measurement of Total Daily Energy Expenditure by Heart Rate and Its Application for Long-Term Period in Young Male Subjects,Hirosaki Med. J. ,48巻 1号 (頁 1 ~ 9) ,1996年06月,Guang Sun, Kazuyuki Kida, Reizo Mita, Saburo Usutani

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 日本語,アトピー性皮膚炎と居住環境の関連について,日本公衛誌,43巻 12号 (頁 1033 ~ 1044) ,1996年12月,木村有子,孫 光,金沢善智,木田和幸,三田禮造,西沢義子,橋本 功

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Silver in suger particles and systemic argyria,The Lancet,351巻 9107号 (頁 960) ,1998年03月,K. Hanada, I. Hashimoto, A. Kon, K. Kida, R. Mita

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 日本語,踵骨音響的骨評価装置AOS-100の使用経験,Osteoporosis Japan,6巻 2号 (頁 5 ~ 8) ,1998年06月,三井博行, 原田征行, 熊沢やすし, 佐々木資成, 岩崎哲也, 三田禮造, 木田和幸, 柘植光夫

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Eating Patterns, Weight St Japanese Pupilsatus and Egogram Characteristics among Japanese Pupils ,Environ. Health Prev. Med ,3巻 2号 (頁 96 ~ 101) ,1998年07月,Y. Nishizawa, K. Kida, K. Nishizawa, K. Saito, R. Mita

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 日本語,国試の常識50 公衆衛生学,医歯薬出版株式会社,MEDICAL TECHNOLOGY,39巻 1号 (頁 94 ~ 95) ,2011年01月,木田和幸

    総説・解説(商業誌),単著

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,保健統計学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,地域保健学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,環境衛生学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,衛生学・公衆衛生学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,衛生学・公衆衛生学実習,専門教育科目(学部)

全件表示 >>