基本情報

写真a

成田 大一

NARITA HIROKAZU


職名

助教

ホームページ

http://www.med.hirosaki-u.ac.jp/~anatomy2/

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)

  • 修士(理工学)

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 社団法人日本理学療法士協会

  • 一般社団法人青森県理学療法士会

  • (社)日本解剖学会

  • 日本リンパ学会

  • 日本細胞組織化学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 理学療法学,リハビリテーション

  • 分子形態学

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    解剖学,分子形態学,リハビリテーション

    (研究概要)

    ・リンパ管や血管といった脈管系の機能形態を分子形態学手法を用いて検討しております。

    (協力できる内容)

    分子形態学的解析

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,靴の違いが静的および動的運動課題の成績に及ぼす影響,東北理学療法学,16巻 (頁 7 ~ 13) ,2004年03月,成田大一, 尾田敦

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 日本語,下肢伸展挙上運動の指導方法が膝関節伸展筋力の増強効果に及ぼす影響について,Hirosaki Orthopaedic Journal 2, (頁 133 ~ 136) ,2008年04月,尾田敦,石川玲,対馬栄輝,長谷川至,成田大一,秋元博之

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 日本語,特定高齢者に対する運動器機能向上プログラムの効果-弘前大学『てんとう虫体操』の考案-,弘前大学大学院保健学研究科紀要,8巻 (頁 39 ~ 45) ,2009年03月,成田大一,藤田俊文,對馬均

    研究論文(大学,研究機関紀要),共著

  • 英語,Does instability during standing occur just after transcutaneous xenon light irradiation around the stellate ganglion?,Journal of Physical Therapy Science,21巻 (頁 355 ~ 359) ,2009年07月,Hideki Yoshida, Kazuya Nagata, Hirokazu Narita, Saichi Wakayama

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 日本語,解剖学的指標を用いたモーターポイントの位置推測,総合リハビリテーション,2010巻 38号 (頁 57 ~ 63) ,2010年01月,溝畑日出昌,千葉正司,成田大一

    研究論文(その他学術会議資料等),共著

全件表示 >>

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 日本語,Functional Reach Test,医歯薬出版株式会社,Journal of CLINICAL REHABILITATION,17巻 1号 (頁 78 ~ 80) ,2008年01月,對馬均,成田大一

    総説・解説(商業誌),共著

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,PBL,専門教育科目(学部)

  • 2017年度,基礎人体科学演習,専門教育科目(学部)

  • 2017年度,研究室研修,専門教育科目(学部)

  • 2017年度,解剖学,専門教育科目(学部)

  • 2017年度,解剖学実習,専門教育科目(学部)

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 大鰐健康祭り,2007年07月

  • 弘前大学大学院保健学研究科公開講座,2007年09月

  • 出前講義,2008年08月

  • 弘前大学大学院保健学研究科公開講座,2008年09月