基本情報

写真a

石川 孝

ISHIKAWA TAKASHI


職名

講師

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学

  • 理学

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本生化学学会

  • 日本癌学会

  • 日本電気泳動学会

  • 日本結合組織学会

  • 弘前医学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 機能生物化学

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    グリコサミノグリカン、細胞外マトリックス、タンパク質、プロテアーゼ、放射線被ばく

    (研究概要)

    生化学
    ○硫酸化グリコサミノグリカンの生物学的機能に関する研究
    ○細胞外マトリックスタンパク質分解酵素の制御に関する研究
    ○放射線被ばくバイオマーカー(タンパク質)の検索

    (PR)

    細胞外マトリックスの再構築や癌の浸潤に関与するマトリックスメタロプロテアーゼ、カテプシン等のマトリックスタンパク質分解酵素の発現・活性の人為的な制御と、硫酸化グリコサミノグリカンの新しい機能、タンパク質性の放射線被ばくバイオマーカーについて研究しています。

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Alteration of MMP and TIMP expression in human skin fibroblasts under acidic culture conditions.,弘前大学保健学科紀要,6巻 (頁 135 ~ 139) ,2007年02月,Naoki Nanashima 他

    研究論文(大学,研究機関紀要),共著

  • 英語,Suppression of matrix metalloproteinase-9 by 4-methylumbelliferone.,Cell Biology International,31巻 9号 (頁 1022 ~ 1026) ,2007年03月,Rika Nakamura 他

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Novel L-amino acid oxidase with antibacterial activity against methicillin-resistant Staphylococcus aureus isolated from epidermal mucus of the flounder Platichthys stellatus,The FEBBS Journal,277巻 2号 (頁 453 ~ 465) ,2009年12月,Kasai K, Ishikawa T, Komata T, Fukuchi K, Chiba M, Nozaka H, Nakamura T, Sato T, Miura T

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Examination of urinary protease activity as a biomarker for evaluating effects of external irradiation of rats,The Proceedings of the 2nd International Symposium on Radiation Emergency Medicine at Hirosaki University, (頁 93 ~ 95) ,2011年03月,Takashi Ishikawa 他

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

  • 英語,Damage of hair follicle stem cells and alteration of keratin expression in external radiation-induced acute alopecia.,International journal of molecular medicine,30巻 3号 (頁 579 ~ 584) ,2012年09月,Naoki Nanashima 他

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,分子生物学実験,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,分子生物検査学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,医用化学実験(放射線),専門教育科目(学部)

  • 2018年度,医用化学実験(検査),専門教育科目(学部)

  • 2018年度,特殊検査機器演習,修士課程・博士前期課程

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 生体試料特殊検査演習(被ばくプロフェッショナル育成計画),2012年10月

  • 生体試料特殊検査演習(被ばくプロフェッショナル育成計画) ,2013年06月