基本情報

写真a

三浦 富智

MIURA TOMISATO


職名

教授

メールアドレス

メールアドレス

ホームページ

http://tomisato.wix.com/hs-biol

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)

  • 修士(理学)

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本放射線影響学会

  • 国際生物学的生体線量計測学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 放射線科学

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    被ばく線量評価
    放射線生物影響
    食品機能性

    (研究概要)

    ○緊急被ばく医療における細胞遺伝学的線量評価法に関する研究
     放射線事故等により被ばくした個人の被ばく線量推定法のゴールドスタンダードとして二動原体染色体(DIC)法があります。我々は、DIC法に加え未成熟染色体凝縮(PCC)法やCBMN法に関する新規手法の開発を行っています。さらに、国内外からの研修生を受け入れ、人材育成を行っております。

    ○リンゴプロシアニジンの生活習慣病予防効果に関する研究
     リンゴに豊富に含まれるプロシアニジン(ポリフェノールの1種)の機能性に着目し、生活習慣病の予防効果に関する研究を行っています。高重合型プロシアニジンは生体利用性(吸収率)が低く、その作用機序は不明な点が多いのが現状です。低生体利用性プロシアニジンがどのようにして生体調節に関与するのかを解明しています。

    (協力できる内容)

    ・被ばく線量評価の評価
    ・放射線生物影響の評価
    ・食品機能性の評価

    (PR)

    我々研究グループは「弘前大学染色体研究グループ」を立ち上げ、被ばく線量評価法の開発および被ばく影響評価を行っています。
    また、2011年3月11日に発生した東日本大震災により発生した福島第一原発事故により避難を余儀なくされている住人の復興支援活動を行っております。
    さらに、日本一の生産を誇るリンゴの主な成分であるプロシアニジンの機能性に着目し、農研機構果樹研究所との共同研究を実施しています。

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,A novel parameter, cell-cycle progression index, for radiation dose absorbed estimation in the premature chromosome condensation assay.,Radiat Prot Dosimetry.,159巻 1-5号 (頁 52 ~ 30) ,2014年06月,Miura T, Nakata A, Kasai K, Nakano M, Abe Y, Tsushima E, Ossetrova NI, Yoshida MA, Blakely WF.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Increase in dicentric chromosome formation after a single CT scan in adults.,Scientific reports,5巻 (頁 13882) ,2015年09月,Yu Abe, Tomisato Miura, Mitsuaki A Yoshida, Risa Ujiie, Yumiko Kurosu, Nagisa Kato, Atsushi Katafuchi, Naohiro Tsuyama, Takashi Ohba, Tomoko Inamasu, Fumio Shishido, Hideyoshi Noji, Kazuei Ogawa, Hiroshi Yokouchi, Kenya Kanazawa, Takashi Ishida, Satoshi Muto, Jun Ohsugi, Hiroyuki Suzuki, Tetsuo Ishikawa, Kenji Kamiya, Akira Sakai

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Novel L-amino acid oxidase with antibacterial activity against methicillin-resistant Staphylococcus aureus isolated from epidermal mucus of the flounder Platichthys stellatus (共著),FEBS Journal,277巻 2号 (頁 453 ~ 465) ,2010年01月,Kasai K他

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Optimization of calyculin A-induced premature chromosome condensation assay for chromosome aberration studies.,Cytometry Part A,79巻 12号 (頁 1016 ~ 1022) ,2011年12月,Miura T, Blakely WF.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Apple procyanidins induce tumor cell apoptosis through mitochondrial pathway activation of caspase-3.,Carcinogenesis,29巻 3号 (頁 585 ~ 593) ,2008年03月,Tomisato Miura, Mitsuru Chiba, Kosuke Kasai, Hiroyuki Nozaka, Toshiya Nakamura, Toshihiko Shoji, Tomomasa Kanda, Yasuyuki Ohtake, Tatsusuke Sato

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 英語,Polyphenols in Human Health and Disease. 1st ed. Apple polyphenols in cancer prevention., Academic Press, Elsevier.,2013年11月,Shoji T, Miura T.

    単行本(学術書),共著

  • 英語,Regulation between anti-bacterial immunity and acute GVHD in mice. Excep. Medica Inter. Cong. Series 1216. Progress in transplantation.,ELSEVIER,2000年11月,Miura T, Mizuki D, Sasaki S, Hasegawa S, Sashinami H, Nakane A.

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,メディカルサイエンス遺伝子検査学,近代出版,2012年02月,有波忠雄 太田敏子 清水淑子 福島亜紀子 三村邦裕 / 編

    教科書,共著

  • 日本語,りんごの赤はママの愛,青森県農林水産部リンゴ果樹課発行,2017年01月,三浦富智、前多隼人、池田友子、間山マミー(執筆・監修)

    その他,共著

  • 日本語,りんごの赤はママの愛(改訂版),青森県農林水産部リンゴ果樹課発行,2019年01月,三浦富智、前多隼人、池田友子、間山マミー(執筆・監修)

    その他,監修

全件表示 >>

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 英語,The cytokinesis-block micronucleus (CBMN) assay,IAEA,IAEA HUman Health Campus, Biodosimetry in the 21st Century,2013年07月,Miura T.

    総説・解説(その他),単著

  • 英語,Antibacterial properties of L-amino acid oxidase: mechanisms of action and perspectives for therapeutic applications, Applied microbiology and biotechnolog,99巻 19号 (頁 7847 ~ 7857) ,2015年10月,Kosuke KasaiTakashi IshikawaToshiya NakamuraTomisato Miura

    総説・解説(学術雑誌),共著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • インテリジェント・コスモス奨励賞,2008年05月16日

  • 「第3回ものづくり日本大賞」東北経済産業局長賞,2009年08月21日

  • Poster Prize winner,2013年03月26日

  • Excellent Poster Award,2015年05月26日

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2019年度,生物学の基礎Ⅱ(D),21世紀教育科目

  • 2019年度,分子生物学実験,専門教育科目(学部)

  • 2019年度,分子生物検査学,専門教育科目(学部)

  • 2019年度,医用生物学実験(R),専門教育科目(学部)

  • 2019年度,医用生物学実験(T),専門教育科目(学部)

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 北東北国立3大学集中講義,2007年09月

  • 青森県リンゴ協会講演会,2007年10月

  • 見てみて、聞いてみて、触ってみて、弘前大学,2007年11月

  • 市民講演,2008年05月

  • ドリーム講座(三本木高校),2012年07月

全件表示 >>