基本情報

写真a

田中 完

TANAKA HIROSHI


職名

教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本小児科学会

  • 国際小児腎臓協会

  • 日本腎臓学会

  • 日本小児腎臓病学会

  • 米国腎臓学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 小児科学

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    小児腎臓病学,ネフローゼ症候群,腎炎,小児膠原病,
    小児気管支喘息

    (研究概要)

    小児ネフローゼ症候群,IgA腎症の発症機転に関する基礎的,臨床的研究.
    小児慢性腎疾患,膠原病に対する治療法の検討.

    (協力できる内容)

    協力できる内容 上記の内容に関する講演会,勉強会

    (PR)

    小児関連の慢性疾患で御相談のある方はどうぞ

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Glomerular expression of fractalkine is induced by polyinosinic-polycytidylic acid in human mesangial cells: possible involvement of fractalkine after viral infection.,Pediatric Reseach,73巻 2号 (頁 180 ~ 186) ,2013年02月,Aizawa-Yashiro T, Imaizumi T, Tsuruga K, Watanabe S, Matsumiya T, Hayakari R, Yoshida H, Satoh K, Ito E, Tanaka H

    研究論文(学術雑誌),共著,小児科学

  • 英語,Long-term tacrolimus-based immunosuppressive treatment for young patients with lupus nephritis: a prospective study in daily clinical practice. ,Nephron Clinical Practice,121巻 3-4号 (頁 c165 ~ c173) ,2013年01月,Tanaka H, Watanabe S, Aizawa-Yashiro T, Oki E, Kumagai N, Tsuruga K, Ito E.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Interaction between interferon-stimulated gene 56 and melanoma differentiation-associated gene 5 in toll-like receptor 3 signaling in normal human mesangial cells.,American Journal of Nephrology,37巻 2号 (頁 118 ~ 125) ,2013年01月,Imaizumi T, Aizawa-Yashiro T, Matsumiya T, Yoshida H, Watanabe S, Tsuruga K, Tatsuta T, Xing F, Hayakari R, Meng P, Tanaka H.

    研究論文(学術雑誌),共著,小児科学

  • 英語,Retinoic acid-inducible gene-I is induced by double-stranded RNA and regulates the expression of CC chemokine ligand (CCL) 5 in human mesangial cells.,Nephrology Dialysis Transplantation,25巻 11号 (頁 3534 ~ 3539) ,2010年10月,Imaizumi T, Tanaka H, Matsumiya T, Yoshida H, Tanji K, Tsuruga K, Oki E, Aizawa-Yashiro T, Ito E, Satoh K.

    研究論文(学術雑誌),共著,小児科学

  • 英語,Imbalance towards Th1 pathway predominance in purpura nephritis with proteinuria,Pediatr Nephrol,26巻 12号 (頁 2253 ~ 2258) ,2011年10月,Tsuruga K, Watanabe S, Oki E, Aizawa-Yashiro T, Yoshida H, Imaizumi T, Ito E, Tanaka H

    研究論文(学術雑誌),共著,小児科学

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 英語,Toll-like receptor 3 and retinoic acid-inducible gene-I implicated to the pathogenesis of autoimmune renal diseases. In Genes and Autoimmunity - Intracellular Signaling and Microbiome Contribution, Stanilova SA Eds.,InTech, Open Access Publisher, Rijeka, Croatia,2013年03月,Hiroshi Tanaka and Tadaatsu Imaizumi

    単行本(学術書),共著,小児科学

  • 英語,Treatment of pediatric-onset lupus nephritis: New option of less cytotoxic immunosuppressive therapy. In Autoimmune Disorders: Current concepts & advances from bedside to mechanistic insights. Huang FP Eds.,InTec Open Access Publisher, Rijeka, Croatia,2011年11月,Hiroshi Tanaka and Tadaatsu Imaizumi

    単行本(学術書),共著,小児科学

  • 英語,Implication of regional activation of Toll-like receptor 3/interferon-β signaling in human mesangial cells - Possible involvement in the pathogenesis of lupus nephritis. In Autoimmunity - Pathogenesis, Clinical Aspects and Therapy of Specific Autoimmune Diseases. Chatzidionysiou K. Eds.,InTech Open Acess Publisher,2015年06月,Tanaka H, Tsuruga K, Imaizumi T

    単行本(学術書),共著,小児科学

  • 日本語,ステロイド依存性ネフローゼ症候群に対するネオーラル食前1日1回投与法の効果.Annual Review 腎臓 2007.御手洗哲也,東原英二,秋澤忠男,五十嵐 隆,金井好克 編.,中外医学社,2007年01月,田中 完

    単行本(学術書),分担執筆,単著

  • 日本語,小児急性腎不全への対処,治療.腎不全診療のコツと落とし穴,浅野 泰 編,中山書店,2005年06月,田中 完

    単行本(学術書),分担執筆,単著

全件表示 >>

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 英語,Inflammatory chemokine expression via toll-like receptor 3 signaling in normal human mesangial cells,Hindawi Publishing Corporation,Clinical and Developmental Immunology,2013巻 ,2013年06月,Tanaka H and Imaizumi T

    総説・解説(学術雑誌),共著,小児科学

  • 英語,Treatment of young patients with lupus nephritis using calcineurin inhibitors.,Baishideng Publishing Group,World Journal of Nephrology,1巻 6号 (頁 177 ~ 183) ,2012年12月,Tanaka H, Tsuruga K, Watanabe S, Aizawa-Yashiro T, Imaizumi T.

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 英語,Mizoribine in the treatment of pediatric-onset glomerular disease: Revisit its beneficial effects from the histological standpoint,Springer,World Journal of Pediatrics,11巻 2号 (頁 108 ~ 112) ,2015年05月,Tanaka H, Tsuruga K, Imaizumi T

    総説・解説(学術雑誌),共著,小児科学

  • 英語,Mesangial viral and psuedoviral immunity: possible involvement in the pathogenesis of pediatric-onset active lupus nephritis,OMICS Oublishing Group,Journal of Arthritis,4巻 4号 (頁 183 ~ 186) ,2015年12月,Tanaka H, Imaizumi T

    総説・解説(学術雑誌),共著,小児科学

  • 英語,Efficacy and safety of tacrolimus in 101 consecutive patients with rheumatoid arthritis: a possible alternative treatment to methotrexate?,Future Medicine,International Journal of Clinical Rheumatology,5巻 5号 (頁 519 ~ 521) ,2010年10月,Hiroshi Tanaka

    総説・解説(学術雑誌),単著

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2015年度,生活習慣と健康(M),21世紀教育科目

  • 2015年度,スポーツと人間,専門教育科目(学部)

  • 2015年度,加齢と健康,専門教育科目(学部)

  • 2015年度,医学部講義:小児の腎糸球体疾患、小児腎不全,専門教育科目(学部)

  • 2015年度,医学部講義:小児リウマチ性疾患,専門教育科目(学部)

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 青森労災病院非常勤医師,1999年07月 ~ 継続中

  • 秋田赤十字病院非常勤医師,2000年04月 ~ 継続中

  • 鰺ヶ沢病院非常勤医師,2004年04月 ~ 継続中

  • 弘前市医師会急病診療所非常勤医師,2010年04月 ~ 継続中

  • 教員免許状更新講習,2010年08月 ~ 継続中

全件表示 >>