基本情報

写真a

青木 昌彦

AOKI MASAHIKO


職名

教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本医学放射線学会

  • 日本放射線腫瘍学会

  • 日本癌治療学会

  • 米国放射線腫瘍学会(American Society for Radiation Oncology)

  • 日本頭頸部癌学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 放射線腫瘍学

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    放射線治療、放射線腫瘍学、放射線生物学、高精度放射線治療、アイソトープ治療、癌治療、癌化学療法、三次元放射線治療計画、乳房温存療法、密封小線源治療、体幹部定位照射、前立腺癌シード永久挿入療法

    (研究概要)

    ○ 四次元放射線治療計画に基づく高精度放射線治療
    ○ 頭頚部癌に対する化学療法併用放射線治療
    ○ 核DNA量解析による腫瘍の悪性度評価
    ○ 肺腫瘍に対する体幹部定位照射
    ○ 脳転移に対する寡分割三次元原体照射
    ○ 前立腺癌に対するシード線源永久挿入療法
    ○ 仮想単色X線等価CT画像による物質分析

    (協力できる内容)

    放射線治療に関する講義・講演
    癌治療におけるセカンド・オピニオン

    (PR)

    放射線治療の事なら何でもご相談下さい。

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Clinical outcome of hypofractionated conventional conformation radiotherapy for patients with single and no more than three metastatic brain tumors, with noninvasive fixation of the skull without whole brain irradiation.,International journal of radiation oncology, biology, physics,64巻 2号 (頁 414 ~ 418) ,2006年02月,Masahiko Aoki, Yoshinao Abe, Yoshiomi Hatayama, Hidehiro Kondo, Kiyoshi Basaki

    研究論文(学術雑誌),執筆、データ解析,共著,放射線科学

  • 英語,Prognostic factors for survival in stage III non-small-cell lung cancer treated with definitive radiation therapy: impact of tumor volume.,International journal of radiation oncology, biology, physics,64巻 2号 (頁 449 ~ 454) ,2006年02月,Kiyoshi Basaki, Yoshinao Abe, Masahiko Aoki, Hidehiro Kondo, Yoshiomi Hatayama, Shigeyuki Nakaji

    研究論文(学術雑誌),放射線治療,共著,放射線科学

  • 英語,Clinical outcome of stereotactic body radiotherapy of 54 Gy in nine fractions for patients with localized lung tumor using a custom-made immobilization system.,Radiation medicine,25巻 6号 (頁 289 ~ 294) ,2007年07月,Masahiko Aoki, Yoshinao Abe, Hidehiro Kondo, Yoshiomi Hatayama, Hideo Kawaguchi, Akira Fujimori, Katsumasa Suzaki, Morio Seino, Takeshi Morita, Makoto Souma, Takao Tsushima, Shingo Takanashi

    研究論文(学術雑誌),執筆,データ解析,共著,放射線科学

  • 英語,Impact of dexamethasone, etoposide, ifosfamide and carboplatin as concurrent chemoradiotherapy agents for nasal natural killer/T-cell lymphoma.,Molecular and clinical oncology,1巻 4号 (頁 680 ~ 684) ,2013年07月,Yoshiomi Hatayama, Masahiko Aoki, Hideo Kawaguchi, Yuichiro Narita, Katsumi Hirose, Mariko Sato, Yoshihiro Takai

    研究論文(学術雑誌),データ収集、校正,共著

  • 英語,Correlation between tumor size and blood volume in lung tumors: a prospective study on dual-energy gemstone spectral CT imaging.,Journal of radiation research,55巻 5号 (頁 917 ~ 923) ,2014年05月,Masahiko Aoki, Yoshihiro Takai, Yuichiro Narita, Katsumi Hirose, Mariko Sato, Hiroyoshi Akimoto, Hideo Kawaguchi, Yoshiomi Hatayama, Hiroyuki Miura, Shuichi Ono

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,がん放射線療法2002,篠原出版新社,2002年,阿部由直、青木昌彦

    単行本(学術書),分担執筆

  • 日本語,早期のがん治療法の選択 放射線治療,金原出版,2006年10月,阿部由直,青木昌彦,近藤英宏、他

    単行本(学術書),前立腺癌の放射線治療,共著

  • 日本語,市民のための老年病学,弘前大学出版会,2007年01月,青木昌彦,他

    単行本(学術書),食道癌,共著

  • 日本語,放射線治療計画ガイドライン 2008,メディカル教育研究社,2008年04月,青木昌彦,他

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,胃がん診療と化学療法 オンコロジストはこう治療している,ヴァンメディカル,2008年08月,坂田優,青木昌彦,他

    単行本(学術書),緩和的放射線療法の考え方 胃がん診療に関するQ&A,共著

全件表示 >>

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 日本語,特集 PET/CTと治療計画 頭頸部,金原出版株式会社,臨床放射線,54巻 13号 (頁 1731 ~ 1739) ,2009年12月,青木昌彦、畑山佳臣、川口英夫、掛端伸也、清野浩子、森本公平、渋谷剛一、長畑守雄、三浦弘行、小野修一

    総説・解説(学術雑誌),共著,放射線科学

  • 日本語,特集 最善の緩和医療をめざして 緩和的放射線治療の進め方,ヴァンメディカル,臨床腫瘍プラクティス,5巻 2号 (頁 155 ~ 159) ,2009年05月,青木昌彦

    総説・解説(学術雑誌),単著,放射線科学

  • 日本語,特集 前立腺がんの診療 ライナック放射線治療を有効に行うために,ヴァンメディカル,臨床腫瘍プラクティス,3巻 3号 (頁 289 ~ 293) ,2007年08月,青木昌彦、他

    総説・解説(学術雑誌),前立腺癌の放射線治療,共著

  • 日本語,特集 頭頚部がん患者診療のポイント 放射線単独療法,ヴァンメディカル,臨床腫瘍プラクティス,2巻 3号 (頁 264 ~ 267) ,2006年08月,青木昌彦、阿部由直、近藤英宏

    総説・解説(学術雑誌),頭頚部がんの放射線治療,共著

  • 日本語,肺がん放射線治療の最前線(共著),ヴァンメディカル,臨床腫瘍プラクティス,2巻 1号 (頁 106 ~ 108) ,2006年01月,阿部由直,青木昌彦,近藤英宏

    総説・解説(学術雑誌),共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 15th International Congress of Radiation Research (ICRR2015) Excellent Poster Award,2015年05月27日

  • 第74回日本医学放射線学会総会 CyPos賞 Silver Medal,2015年04月19日

  • 第68回日本医学放射線学会総会 Silver Medal,2009年04月19日

  • 第45回日本癌治療学会総会学術集会 優秀演題賞,2007年10月24日

  • 第88回弘前医学会総会 弘前医学会賞 優秀発表賞,2004年06月19日

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,最新医学の現状(S),21世紀教育科目

  • 2018年度,BSL,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,クリニカルクラークシップ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,放射線腫瘍学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,放射線診断学,専門教育科目(学部)

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 第1回三沢病院がん治療研修会・特別講師,2007年07月

  • 第1回弘大病院がん診療市民公開講座・講師,2007年07月

  • 弘前市立病院乳癌学習会・特別講師,2008年08月

  • がんプロフェショナル養成プラン秋季セミナー,2008年11月

  • 癌骨転移疼痛マネジメントセミナー・講師,2009年02月

全件表示 >>