基本情報

写真a

櫛方 哲也

KUSHIKATA TETSUYA


職名

准教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本麻酔科学会

  • 日本救急医学会

  • 日本集中治療医学会

  • 日本ペインクリニック学会

  • 日本麻酔薬理学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 麻酔科学

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    全身麻酔機序、麻酔と睡眠、睡眠科学、麻酔と免疫

    (研究概要)

    1.全身麻酔機序をマイクロダイアリシスを用いノルアドレナリン作動性神経活性から検討
    2.麻酔薬及び麻酔・集中治療管理上使用される各種薬剤の睡眠に及ぼす影響に関する研究
    3.麻酔薬及び麻酔・集中治療管理上使用される各種薬剤の肺胞マクロファージ機能に及ぼす影響の検討
    4.生理活性物質オレキシンに関する研究

    (協力できる内容)

    救急蘇生、神経科学、睡眠生理に関する研究

    (PR)

    1.神経科学、睡眠生理に関する研究をしている方との協同研究を望みます。
    2.救急蘇生の指導教育に協力します。

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Propofol Anesthesia Is Reduced in Phospholipase C-Related Inactive Protein Type-1 Knockout Mice.,The Journal of pharmacology and experimental therapeutics,361巻 3号 (頁 367 ~ 374) ,2017年06月,Yoshikazu Nikaido, Tomonori Furukawa, Shuji Shimoyama, Junko Yamada, Keisuke Migita, Kohei Koga, Tetsuya Kushikata, Kazuyoshi Hirota, Takashi Kanematsu, Masato Hirata, Shinya Ueno

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 日本語,[Marked changes in the core temperature during anaphylactic shock].,Masui. The Japanese journal of anesthesiology,39巻 7号 (頁 854 ~ 857) ,1990年07月,N Kotani, T Sakai, T Kushikata, T Sato, Y Shimodate, A Matsuki

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 日本語,[Clinical study on total intravenous anesthesia with droperidol, fentanyl, and ketamine--6. Effects on postoperative liver function].,Masui. The Japanese journal of anesthesiology,40巻 5号 (頁 749 ~ 753) ,1991年05月,Y Hashimoto, I Araki, T Kushikata, T Murakawa, H Ishihara, A Matsuki

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 日本語,[Clinical study on total intravenous anesthesia with droperidol, fentanyl and ketamine--9. Control of intraoperative hypertension with diltiazem].,Masui. The Japanese journal of anesthesiology,40巻 9号 (頁 1376 ~ 1383) ,1991年09月,H Koh, F Kimura, T Kushikata, T Satoh, H Ishihara, A Matsuki

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 日本語,[Effect of M1 blocker or H2 blocker on gastric secretion during anesthesia and surgery].,Masui. The Japanese journal of anesthesiology,41巻 9号 (頁 1461 ~ 1466) ,1992年09月,T Murakawa, H Takagi, I Araki, F Kimura, T Kushikata, H Kou, T Sato, Y Hashimoto, A Matsuki

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,麻酔薬の薬物動態,真興交易,2006年01月,櫛方哲也, 廣田和美

    単行本(学術書),共著

  • 英語,Neuroimmunology of Sleep,Springer,2007年04月,Kushikata Tetsuya, Yoshida Hitoshi, Yasuda Tadanobu

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,デクスメデトミジンの使い方,真興交易,2007年06月,櫛方哲也, 廣田和美

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,研修医のための携帯エコー活用法ポケットマニュアル,克誠堂,2008年06月,櫛方哲也, 廣田和美

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,神経麻酔Q&A,総合医学社,2014年03月,櫛方哲也

    単行本(学術書),共著,麻酔科学

全件表示 >>

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 日本語,研究室便り,日本麻酔科学会,日本麻酔科学会ニュースレター,2006年02月,櫛方哲也

    総説・解説(その他),単著

  • 日本語,初期臨床研修を考える,真興交易㈱医書出版部,臨床麻酔,2006年09月,櫛方哲也

    総説・解説(学術雑誌),単著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第17回弘前大学医学部学術賞学術特別賞,2013年01月

  • 日本静脈麻酔・Infusion Technology研究会,2005年12月10日

  • 第10回弘前大学医学部附属病院診療奨励賞,2007年04月

  • 第55回日本麻酔科学会最優秀演題賞,2008年06月14日

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,BSL ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,クリニカルクラークシップ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,麻酔科学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,麻酔科学,修士課程・博士前期課程