基本情報

写真a

浅野 研一郎

ASANO KENICHIRO


職名

准教授

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本神経内視鏡学会

  • 日本脳神経外科学会

  • 日本脳神経外科コングレス

  • 青森県内分泌研究会

  • 日本脳腫瘍学会

全件表示 >>

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,A case of definitely congenital glioblastoma manifested by intratumoral hemorrhage,Childs Nerv Syst,19巻 1号 (頁 778 ~ 781) ,2003年10月,N.Shimamura,K.Asano, K.Ogane,A.Yagihashi, H.Ohkuma,S.Suzuki

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 日本語,Prevention of malignant glioma cell invasion with N-cadherin gene. ,Neuro-Oncol ,13巻 2号 (頁 15 ~ 20) ,2003年12月,Asano K, Sekiya T, Ohkuma H

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Correlation of N-cadherin expression in high grade glioma with tissue invasion.,J Neuro-oncol ,70巻 1号 (頁 3 ~ 15) ,2004年01月,Asano K, Duntsch CD, Zhou Q, Weimar J, Bordelon D, Robertson JH, Pourmotabbed T.Correlation

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 日本語,高齢者脳腫瘍手術における術後全身合併症の危険因子と予後の検討,Geriatric Neurosurgery,17巻 1号 (頁 83 ~ 87) ,2005年07月,浅野研一郎、吉川朋成、八木橋彰憲、大熊洋揮

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 日本語,SLEにおけるくも膜下出血の合併ー疫学的・臨床的検討ー,第28回東北脳血管障害懇話会記録集,28巻 1号 (頁 37 ~ 42) ,2005年12月,棟方聡、大熊洋揮、菊池潤、嶋村則人、浅野研一郎、中野高広

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,脳神経外科手術のための神経モニタリングアトラス:,医学書院,2003年04月,関谷徹治、嶋村 則人、浅野 研一郎、鈴木重晴

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,脳腫瘍の外科,メディカ出版,2008年01月,浅野研一郎、大熊洋揮

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,津軽承祜公 第12代藩主を継ぐべくして夭逝した津軽承祜公とその時代背景 ,月刊『弘前』,2008年09月,浅野研一郎、大熊洋揮、河本圭司

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,脳神経疾患看護技術,メディカ出版,2010年02月,浅野研一郎

    単行本(学術書),共著

  • 日本語,失語症, ブレインナーシング,メディカ出版,2011年06月,2. 浅野研一郎

    教科書,単著

全件表示 >>

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 英語,Guidelines for the Management of Severe Traumatic Brain Injury, Fourth Edition,Neurosurgery,2017年04月,Asano K,

    書評,文献紹介等,Audio abstract,単著

  • 英語,Complications of Head Immobilization Devices in Children: Contact Mechanics, and Analysis of a Single Institutional Experience.,Neurosurgery,2017年06月,Asano K,

    書評,文献紹介等,Audio abstract,単著

  • 英語,Guidelines on the Management of Patients with Nonfunctioning Pituitary Adenomas: Introduction and Methodology Sponsored by Congress of Neurological Surgeons (CNS) and the AANS/CNS Tumor Section Endorsed by Joint Guidelines Committee of the American Association of Neurological Surgeons (AANS) and the Congress of Neurological Surgeons (CNS),Joint Guidelines Committee of the American Association of Neurological Surgeons (AANS) and the Congress of Neurological Surgeons (CNS),2017年09月,Asano K,

    書評,文献紹介等,Audio abstract,単著

  • 英語,The Effect of Surgical Start Time on Complications Associated With Neurological Surgeries,Neurosurgery,2017年10月,Asano K,

    書評,文献紹介等,Audio abstract,単著

  • 英語,Congress of Neurological Surgeons Systematic Review and Evidence-Based Guidelines for the Management of Patients With Positional Plagiocephaly: Executive Summary.,Neurosurgery,2017年11月,Asano K,

    書評,文献紹介等,Audio abstract,単著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 第16回弘前大学医学部学術特別賞,2012年01月28日

  • 教員業績評価に係るインセンティブ経費授賞,2013年07月01日

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,最新医学の現状(L),21世紀教育科目

  • 2018年度,BSL実習,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,クリニカルクラークシップ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,医療機器説特論,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,脳腫瘍学,修士課程・博士前期課程

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 第13回弘前脳疾患臨床セミナー,2007年04月

  • 弘前脳疾患勉強会,2007年09月

  • 市民公開講座 ,2007年09月

  • 第14回弘前脳疾患臨床セミナー,2007年10月

  • Expert Meeting in Aomori,2008年03月

全件表示 >>