基本情報

写真a

大橋 忠宏

OHASHI TADAHIRO


取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(情報科学)

  • 修士(情報科学)

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 応用地域学会

  • 公益事業学会

  • 日本経済学会

  • 土木学会

  • 東北都市学会

全件表示 >>

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    専門分野:交通経済学,地域経済学,土木計画学
    キーワード:交通計画,都市計画,地域計画

    (研究概要)

    公共施設の整備は産業配置や人口分布に大きな影響を与える.航空輸送を例にすれば,近年のハブ空港は,単なる利便施設にとどまらず,国や地域の発展戦略上の重要施設として位置づけられる.ただし,個人の利便性の面からは空港への近接性は重要であるが,輸送密度の経済性の面からは需要の集約が必要とされる二面性を持つ.以上を考慮した上での運輸施設の効率的配置について研究していく予定である.
     将来的には,運輸施設のみならず,公共施設の配置全般が扱えるような分析システムを確立していきたいと考えている.
    (1)空港等の運輸施設の効率的配置に関する研究
    (2)交通施設整備や交通政策(規制緩和など)が地域経済に与える効果の計測方法の開発
    (3)津軽地方を対象とした公共交通政策のあり方に関する基礎的分析など。

    (協力できる内容)

    交通計画や都市計画,地域計画に関する内容.
    たとえば,地域間交通を中心とした交通施設整備効果の計測手法や交通政策効果など

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,弘前市の道路計画が都市空間構造に与える可能性,人文学部論叢,10号 (頁 11 ~ 26) ,2003年08月,大橋忠宏,鷲見雄哉

    研究論文(大学,研究機関紀要),共著,土木計画学・交通工学

  • 日本語,日本における国内航空政策の効果計測に関する実証研究,応用地域学研究,8(2)号 (頁 45 ~ 55) ,2003年12月,大橋忠宏,宅間文夫,土谷和之,山口勝弘

    研究論文(学術雑誌),共著,経済政策

  • 日本語,ネットワークを考慮した航空旅客市場での空港拡張の効果:羽田空港を例として,土木学会論文集,772号 (頁 131 ~ 142) ,2004年10月,大橋忠宏,宅間文夫,土谷和之,山口勝弘,堀健一

    研究論文(学術雑誌),共著,土木計画学・交通工学

  • 日本語,地域に複数の空港は必要か:アクセスコストと輸送密度の経済性を考慮した航空旅客市場モデル分析,国際交通安全学会誌,32巻 3号 (頁 206 ~ 215) ,2007年10月,大橋忠宏,安藤朝夫

    研究論文(学術雑誌),共著,経済政策

  • 日本語,弘前市の交通実態と乗合バスサービスの現状と課題,人文社会科学論叢 社会科学編,21号 (頁 1 ~ 27) ,2009年02月,大橋忠宏

    研究論文(大学,研究機関紀要),単著,経済政策

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,オペレーションズリサーチA,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,地域科学,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,産業情報演習,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,経済経営のための情報処理Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,経済経営のための情報処理Ⅱ,専門教育科目(学部)

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • ひろだいナビゲートキャラバンin函館,2016年05月

  • 弘前大学見学会(盛岡市立高等学校),2016年06月

  • 弘前大学見学会(七戸高等学校),2016年06月

  • 弘前大学見学会(金木高等学校),2016年07月

  • 大鵬会セミナー,2016年07月

全件表示 >>