基本情報

写真a

田中 幹二

TANAKA KANJI


職名

准教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(医学)

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本産婦人科学会

  • 青森県臨床産婦人科医会

  • 青森県周生期医療研究会

  • 北日本産婦人科学会

  • 日本結合組織学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 産婦人科学

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    子宮頚管熟化 ヒアルロン酸 プロテオグリカン プロゲステロン 4メチルウンベリフェロン 妊娠高血圧症候群

    (研究概要)

    周産期医学、生化学
    ○子宮頚管無力症・切迫早産新規治療薬剤の開発子宮頚管無力症・切迫早産新規治療 薬剤の開発
    ○子宮頚管無力症の病態に関する生化学的な研究。
    ○分娩時子宮頚管熟化に主要な役割を果たすヒアルロン酸の合成と分解機構の解明。

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,4-Methylumbelliferone inhibits hyaluronate synthesis in human uterine cervical fibroblasts,The journal of Obstetrics and Gynecology Research,33巻 6号 (頁 772 ~ 776) ,2007年01月,Kanji Tanaka, Ryouske taniguchi, Tsuyoshi Higuchi, Takashi Ozaki, HIdeki Mizunuma, Keichi Takagaki

    研究論文(学術雑誌),共著,産婦人科学,医化学一般

  • 英語,Anti-inflammatory effect of proteoglycan and progesterone on human uterine cervical fibroblasts ,life science,90巻 (頁 484 ~ 488) ,2012年04月,Asami Fukuyama. Kanji Tanaka, Ikuko Kakizaki, Toshiya Nakamura, Hideki Mizunuma.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Changes of NK cells in preeclmpsia. 共著,American Journal Reprodctive Immunology,67巻 4号 (頁 278 ~ 286) ,2012年04月,Atushi Fukui, Megumi Yokota, Ayano Funamizu, Rika Nakamura, Rie Fukuhara, Kenichi Yamada, Hidetaka Kimura, Asami Fukuyama, Mai Kamoi, Kanji Tanaka, Hideki Mizunuma

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語, Management of eclampsia and stroke during pregnancy,Neurologia medico-chirurgica,53巻 8号 (頁 513 ~ 519) ,2013年08月, Yasumasa Ohno, Michiyasu Kawai, Shigehiko Morikawa, Katumi Sakakibara, Kanji Tanaka

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Conception by IVF-ET after four previous laparotomies, but requiring extraperitoneal cesarean section ant 33 weeks due to hypertension and deteriorated renal function. , Hypertens Res Pregnancy ,2巻 1号 (頁 30 ~ 32) ,2014年03月,Maika Oishi, Kanji Tanaka, Hitomi Chiba, Asami Ito, Rie Fukuhara, Hideki Mizunuma.

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,妊娠高血圧症候群の診療指針2015,メジカルビュー,2015年04月,江口勝人、齋藤滋、田中幹二他

    単行本(学術書),妊娠高血圧症候群の基本的事項,共著

  • 日本語,必携ハイリスク妊娠の診療を極める,永井書店,2009年08月,江口勝人、田中幹二、

    単行本(学術書),切迫早産,共著

  • 日本語,よくわかる妊娠高血圧症候群Q&Aー新基準のガイダンス,金原出版株式会社,2011年01月,渡辺員支, 田中幹二他

    単行本(学術書),妊娠高血圧症候群の母体の問題点、妊娠高血圧症候群の児の問題点、妊娠高血圧症候群はなぜ起こるのですか?,共著,産婦人科学

  • 日本語,妊娠と高血圧,金原出版,2013年10月,江口勝人

    単行本(学術書),加重型妊娠高血圧腎症で高血圧緊急症を回避するために降圧薬を使用した症例,共著,産婦人科学

  • 日本語,臨床に直結する内分泌・代謝疾患治療のエビデンス―ベッドサイドですぐに役立つリファレンスブック ,文光堂,2005年01月,樋口毅、田中幹二、水沼英樹

    単行本(学術書),更年期障害 HRT,共著

全件表示 >>

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 英語, Definition and Classification of “Pregnancy induced Hypertension(PIH)”,Japan society for the study of Hypertension in pregnancy,Hypertension research in pregnancy,1巻 1号 (頁 3 ~ 4) ,2013年08月,Kazushi Watanabe, Katsuhiko Naruse, Kanji Tanaka, HIrohito MEtoki, Yoshikatsu Suzuki

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 英語, A Brief review of the 2009 JSSHP Guidelines for the care of treatment of pregnancy induced Hypertension,Japan Society for the Study of Hypertension in Pregnancy,Hypertension research in pregnancy,1巻 1号 (頁 5 ~ 7) ,2013年10月,Katsuhiko Naruse, Kazushi Watanabe, Yoshikatsu Suzuki,Kanji Tanaka, Hirohito Metoki,et al.

    総説・解説(その他),共著

  • 日本語,女性ホルモンと骨粗鬆症,ライフメディコム,Current Therapy,22巻 3号 (頁 219 ~ 223) ,2004年03月,樋口毅、田中幹二、水沼英樹

    総説・解説(商業誌),共著,産婦人科学

  • 日本語,女性の骨粗鬆症とエストロゲン補充療法,医薬ジャーナル,Clinical Calcium,13巻 (頁 1451 ~ 1456) ,2004年12月,樋口毅、田中幹二、水沼英樹

    総説・解説(商業誌),単著

  • 日本語,腹腔妊娠,金原出版,産婦人科の実際,56巻 2号 (頁 153 ~ 158) ,2007年02月,田中加奈子、山本善光、田中幹二、尾崎浩士、水沼英樹

    総説・解説(商業誌),共著,産婦人科学

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本糖尿病妊娠学会年次学術集会学会長特別賞,2014年11月29日

  • 日本高血圧学会総会高血圧学Start Up YoungInvestigators Forum最優秀賞,2015年10月18日

  • 弘前大学医学部附属病院診療奨励賞,2015年12月

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2018年度,BSL,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,PreBSL,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,クリニカルクラークシップ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,周産期医学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度,検査技術科学専攻学生臨地実習 ,専門教育科目(学部)

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 産科医療協議会,2007年06月 ~ 継続中

  • 平成23年度青年研修 母子保健実施管理コース,2011年11月