基本情報

写真a

大沢 弘

OSAWA HIROSHI


職名

准教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 医学博士

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本内科学会

  • 日本腎臓学会

  • 日本プライマリケア・連合学会

  • アメリカ内科学会

  • アメリカ腎臓学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 腎臓内科学

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    腎炎、レニン・アンジオテンシン、サイトカイン、医学教育

    (研究概要)

    内科学一般、腎臓内科学、基本的臨床能力の教育
    ○腎疾患におけるサイトカイン・成長因子の役割
    ○腎疾患とレニンアンジオテンシン系
    ○透析患者の内科的合併症管理

    (PR)

    日本内科学会総合内科専門医
    日本腎臓学会認定専門医
    日本腎臓学会学術評議員
    日本プライマリ・ケア連合学会認定医
    日本プライマリ・ケア連合学会認定指導医
    米国内科学会専門医

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Effects of eparlestat on plasma levels of advanced glycation end products in patients with type 2 diabetes. ,In vivo,17巻 2号 (頁 177 ~ 180) ,2003年04月,Nakamura N, Yamazaki K, Satoh A, Uratake M, Kobayashi M, Yamabe H, Osawa H, Shirato K, Sugawara T, Nakamura N, Tamura M, Okumura K

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Tissue factor pathway inhibitor production by human proximal tubular epithelial cells in culture.,Thrombosis Research,110巻 2-3号 (頁 141 ~ 147) ,2003年05月,Sugawara T, Yamabe H, Osawa H, Kaizuka M, Shirato K, Nakamura M, Tamura M, Okumura K.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Angioedema associated with eosinophilia.,Internal Medicine,42巻 7号 (頁 626) ,2003年07月,Yamabe H, Takanashi S, Osawa H, Nakamura N, Shirato K, Sugawara T, Nakamura M, Tamura M Okumura K

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Thrombin stimulates production pf fibronectin by human proximal tubular epithelial cells via a transforming growth factor-β-dependent mechanism.,Nephrology Dialysis Transplantation,18巻 11号 (頁 2248 ~ 2254) ,2003年11月,Shirato K, Osawa H, Kaizuka M, Nakamura N, Sugawara T, Nakamura M, Tamura M, Yamabe H, Okumura K.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Plasma concentration of coupling factor 6 and cardiovascular events in patients with end-stage renal disease.,Kidney International,64巻 6号 (頁 2291 ~ 2297) ,2003年12月,Osanai T, Nakamura M, Sasaki S, Tomita H, Saitoh M, Osawa H, Yamabe H, Murakami S, Magota K, Okumura K.

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,一発診断 一目瞭然,日本内科学会,2015年04月,宮崎 俊一、今川 彰久、大沢 弘 他

    単行本(学術書),共著

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 英語,Effects of cilostazol on lipid and fatty acid metabolism,Springer,Clinical and Experimental Medicine,4巻 4号 (頁 170 ~ 173) ,2005年03月,Nakamura N, Osawa H, Yamabe H, Okumura K, Hamasaki T

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 日本語,痙攣,総合医学者,救急・集中医療,19巻 5-6号 (頁 551 ~ 558) ,2007年06月,大串和久、大沢 弘、加藤博之

    総説・解説(商業誌),共著

  • 日本語,症候別患者さんを上手に診るコツ 腹痛,日本医事新報社,Junior,463号 (頁 25 ~ 32) ,2007年06月,大串和久、大沢 弘、加藤博之

    総説・解説(商業誌),共著

  • 日本語,チアノーゼ,へるす出版,救急医学,32巻 3号 (頁 266 ~ 267) ,2008年03月,大串和久、大沢 弘、加糖博之

    総説・解説(商業誌),共著

  • 日本語,用手的気道確保,へるす出版,救急医学,33巻 1号 (頁 19 ~ 22) ,2009年01月,大串 和久、大沢 弘、加藤 博之

    総説・解説(商業誌),共著

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2017年度,BSL,専門教育科目(学部)

  • 2017年度,preBSL,専門教育科目(学部)

  • 2017年度,腎臓内科学,専門教育科目(学部)

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 青森県医師臨床研修対策協議会医師臨床研修指導医ワークショップ,2006年02月 ~ 継続中

  • 内科専門医による教育セミナー(第182回日本内科学会東北地方会),2007年06月

  • 学生・研修医のための内科セミナー(第183回日本内科学会東北地方会),2007年09月

  • 北五医師会第438回集談会,2008年02月

  • 第182回日本内科学会東北地方会 専門医部会教育セミナー,2008年06月

全件表示 >>