基本情報

写真a

宮永 崇史

MIYANAGA TAKAFUMI


職名

教授

ホームページ

http://www.st.hirosaki-u.ac.jp/~takaf/

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • 日本物理学会

  • 日本放射光学会

  • 国際XAFS学会

  • 日本XAFS研究会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 物性Ⅰ

  • 物性Ⅱ

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    物質科学、凝縮系物理学、構造物性、放射光科学

    (研究概要)

    量子材料構造物性、凝縮系物理学、物質構造のダイナミクス(相転移、化学反応、表面過程), XAFS

    ○X線吸収微細構造(XAFS):
    XAFSは放射光の発達とともに近年広がりを見せつつある新しい構造解析法である。放射光からのX線を吸収し、放出された光電子の散乱によって起こる干渉現象を解析するので、物質の局所的な情報が得られる。その意味で、従来から構造解析に用いられているX線回折とは相補的な関係にある。(放射光施設-Phoon Facory, SPring-8, Advansed Photon Source-PNCCAT)

    ○構造のゆらぎを表わすDebye-Waller因子に関する実験的研究と量子統計力学的計算:XAFSや光電子回折法(XPD)の重要なパラメータである温度因子(Debye-Waller因子)には結合の非調和性ポテンシャルに関する情報が含まれている。それに対して、放射光を用いた実験的方法と場の量子論的手法および経路積分による理論的方法を組み合わせて、物質のダイナミクスに関する情報を得る。

    ○磁性合金の磁気XAFS(XMCD):
    放射光源から生じる円偏光X線を用いてて、XAFSを測定することによって、物質の局所的な磁気構造を測定することができる。この方法は、Ni-Mn合金など原子の並び方の短距離秩序が磁性に影響するような系で威力を発揮する。

    ○アモルファスや液体などの構造不規則系物質:
    As-Te系やSe-Te混合系では液体状態からさらに高温になるにしたがって半導体的性質から金属的性質へと状態が転移する。この変化をXAFSによって調べた結果、ネットワークや鎖状であったものが、結合の切断を伴い、より小さい単位へと変化することによって金属化が誘起されることがわかる。

    ○誘電体の性質と構造相転移:
    ある種のPerovskite型化合物は強誘電体として知られ、特定の温度で構造相転移を起こす。これらをXAFS法による局所的な見地より研究することにより、今までの長距離的な情報とは違った、構造相転移の機構が明らかになる。

    ○化学反応の化学物理的研究:
    XAFSの温度因子を詳細に解析することにより、結合の非調和性が調べられ、それと配位子交換反応速度定数との相関が実験的、理論的に示された。また、経路積分を用いた計算により、反応速度定数に対する量子力学的トンネル効果が求められた。

    ○ナノスケールを有する薄膜微粒子材料のXAFSによる構造研究:
    薄膜半導体材料の局所構造を多素子SSD検出器を用いた蛍光XAFS法で調べる。Si基板上に生成されたり高分子中に取り込まれた金属微粒子の構造を全転換電子収量XAFS法によって調べる。ゼオライト中の金属クラスターの形成と構造。

    (協力できる内容)

    材料の構造解析

    (PR)

    従来のX線解析法では解析不可能な構造解析について相談ください。 

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Anomalous infrared and visible light absorption by the spherical gold nanoparticles dispersed in a comb copolymer,Appl. Phys. A,,78巻 (頁 335 ~ 338) ,2004年05月,Y.Suzuki, H.Makanae, H.Kudo, T.Miyanaga, T.Nanke, T.Kobayashi

    研究論文(学術雑誌),共著,物性Ⅱ

  • 英語,effect correction in XAFS-spectroscopy: Temperature measurement approach,Nuclear Instruments and Method in Physics Research B,215巻 (頁 525 ~ 530) ,2004年10月,E.Voronina, D.Guy, T.Miyanaga

    研究論文(学術雑誌),共著,物性Ⅱ

  • 英語,GMR and soft magnetic properties of Ni-Mn alloys with dispersed ferromagnetic nano particles,Rev. Adv. Mater. Sci,6巻 (頁 150 ~ 161) ,2004年10月,T.Okazaki, T.Miyanaga, Y.Sakisaka, S.Sugimoto, K.Yamada, and Z.Honda

    研究論文(学術雑誌),共著,物性Ⅱ

  • 英語,Fe K-edge X-ray Magnetic Circular Dichroism Analyses of Fe-M (M=Si, Al, Sn) Alloys,J. Electron Spectroscopy and Related Phenomena,141巻 (頁 5 ~ 11) ,2004年12月,K.Okamoto. S.Nagamatsu, E.V.Voronina, T.Miyanaga, T.Fujikawa

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著,物性Ⅱ

  • 英語,Local structure of liquid Rb-Se mixtures' chain- and interstitial void- structure near the miscibility gap,J. Phys.: Condensed Matter,17巻 (頁 s3317 ~ s3324) ,2005年05月,K.Maruyama, H.Hoshino, H.Endo, M.Yamazaki, T.Miyanaga

    研究論文(学術雑誌),共著,物性Ⅱ

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,XAFS/EELSによる局所構造解析・状態分析技術,情報機構,2014年,T.Watanabe, T.Miyanaga他

    単行本(学術書),共著

  • 英語,Low-Dimensional and Nanostrucutred Materials and Device, Springer,2016年,T.Miyanaga, T.Azuhata

    単行本(学術書),共著

  • 英語,Zeolites: Useful materials,Intech,2016年,T.Miyanaga, Y.Suzuki, S.Narita

    単行本(学術書),共著

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,物理学の基礎Ⅱ(A),21世紀教育科目

  • 2016年度,環境との共生(D),21世紀教育科目

  • 2016年度,先端物理科学Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,力学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 出前講義,2007年04月 ~ 2008年03月

  • 出前講義,2009年04月 ~ 2010年03月

  • フーコー振り子の展示および説明,2009年04月 ~ 2010年03月

  • フーコー振り子の展示および説明,2011年04月 ~ 継続中

  • 高大連携セミナー,2012年10月

全件表示 >>