基本情報

写真a

渡辺 孝夫

WATANABE TAKAO


職名

教授

ホームページ

http://www.st.hirosaki-u.ac.jp/~twatana/

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)

  • 理学修士

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 応用物理学会

  • 日本物理学会

  • アメリカ物理学会(American Physical Society)

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 物性Ⅱ

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    超伝導 単結晶 酸化物  銅酸化物高温超伝導 

    (研究概要)

    高温超伝導体や関連の強相関物質の単結晶育成とその物性研究

    (協力できる内容)

    超伝導技術の講演(基礎から応用まで)。単結晶の作製に関するコンサルタント。

    (PR)

    超伝導は、環境に調和した究極の省エネルギー技術です。 当方の保有技術は、赤外線集中加熱型単結晶育成装置を用いた酸化物単結晶の育成です。超伝導や単結晶の作製に関することならなんでもご相談下さい。

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Tunneling characteristics for Bi2212 intrinsic Josephson junctions with little influence of self-heating using short pulse technique on 60 ns time scale,IEEE Trans. Applied Superconductivity,15(2)巻 (頁 193 ~ 196) ,2005年04月,K. Anagawa, Y. Yamada, T. Watanabe and M. Suzuki

    研究論文(学術雑誌),共著,物性Ⅱ

  • 英語,Characteristic Relationship Between the Maximum Josephson Current and the c-Axis Conductivity Observed for Intrinsic Josephson Junctions in Bi-Sr-Ca-Cu-O,IEEE Trans. Applied Superconductivity,15(2)巻 (頁 189 ~ 192) ,2005年05月,M. Suzuki, T. Hamatani, Y. Yamada, K. Anagawa and T. Watanabe

    研究論文(学術雑誌),共著,物性Ⅱ

  • 英語,2.1-μm Wavelength Strained InGaAs Multiple-Quantum-Well Lasers Grown by Metalorganic Vapor Phase Epitaxy Assisted by Sb Surfactant,International Conference on Quantum Electronics 2005 and the Pacific Rim Conference on Lasers and Electro-Optics 2005 (IQEC/CLEO-PR 2005) , (頁 632 ~ 633) ,2005年08月,T. Sato, M. Mitsuhara, T. Watanabe, K. Kasaya and Y. Kondo

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著,応用物性

  • 英語,Surfactant-mediated growth of InGaAs multiple-quantum-well lasers emitting at 2.1 μm by metalorganic vapor phase epitaxy,Appl. Phys. Lett.,87巻 (頁 211903-1 ~ 211903-3) ,2005年10月,T. Sato, M. Mitsuhara, T. Watanabe and Y. Kondo

    研究論文(学術雑誌),共著,物性Ⅱ

  • 英語,Superconducting gap and pseudogap for overdoped Bi2-xPbxSr2CaCu2O8+d by 60 ns time-scale short-pulse interlayer tunneling spectroscopy,Phys. Rev. B,73巻 (頁 184512-1 ~ 184512-7) ,2006年04月,Kenkichi Anagawa, Takao Watanabe and Minoru Suzuki

    研究論文(学術雑誌),共著,物性Ⅱ

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,先端物理科Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,先端物理科学Ⅱ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,物理科学特別ゼミA,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,物理科学特別ゼミB,専門教育科目(学部)

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 弘前大学オープンキャンパス,2009年08月

  • 弘前大学理工学部サイエンス・テクノフェア,2009年08月

  • 弘前大学サイエンスへの招待,2009年10月

  • 「ワイドレンジな探索手法による高機能多元材料の発見と新概念の創出」研究会,2009年11月

  • 大館鳳鳴高校SSH課題研究,2010年07月

全件表示 >>