基本情報

写真a

伊東 俊司

ITO SHUNJI


職名

教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • アメリカ化学会(American Chemical Society)

  • 有機合成化学協会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 有機化学

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    合成有機化学,反応有機化学,機能分子化学

    (研究概要)

    有機化学
    ○ 多段階酸化還元系における電子移動課程の精密制御
    ○ 単一分子素子をめざした応答性分子の設計と構築
    ○ 拡張多環式芳香族化合物のスタッキング能の解明

    (協力できる内容)

    有機化合物の合成および分析

    (PR)

    有機化合物の合成についてご相談ください。

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Synthesis, Absolute Configuration and Conformation of Optically Active 1,2-Homoheptafulvalene,Org. Biomol. Chem.,1巻 3号 (頁 488 ~ 492) ,2003年02月,S. Ito, M. Kurita, S. Kikuchi, T. Asao, Y. Ito, M. Oda, H. Sotokawa, A. Tajiri, and N. Morita

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Synthesis of Poly(6-azulenylethynyl)benzene Derivatives as a Multi-Electron Redox System with Liquid Crystalline Behavior ,J. Am. Chem. Soc.,125巻 6号 (頁 1669 ~ 1680) ,2003年02月,S. Ito, H. Inabe, N. Morita, K. Ohta, T. Kitamura, and K. Imafuku

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Substrate Specificities of Medium-Prenylchain Elongating Enzymes, Hexaprenyl- and Heptaprenyl Diphosphate Synthases,J. Mol. Catal. B: Enzymatic,22巻 1-2号 (頁 97 ~ 103) ,2003年04月,M. Nagaki, K. Kuwahara, K. Kimura, J. Kawakami, Y. Maki, S. Ito, N. Morita, T. Nishino, and T. Koyama

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Reaction of Azulenes with 1-Trifluoromethanesulfonylpyridinium Trifluoromethanesulfonate (TPT) and Synthesis of the Parent Azulene,Org. Biomol. Chem.,1巻 6号 (頁 1947 ~ 1952) ,2003年06月,S. Ito, R. Yokoyama, T. Okujima, T. Terazono, T. Kubo, A. Tajiri, M. Watanabe, and N. Morita

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Preparation, Characterization, and Cycloaddition Reaction of the Heterocumulenes Attached Directly to Azulenes. An Efficient Strategy for the Preparation of Azulene-Substituted Heterocycles,Tetrahedron,59巻 25号 (頁 4651 ~ 4659 ) ,2003年06月,S. Ito, T. Okujima, C. Kabuto, and N. Morita

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 英語,Stabilized Carbocations as Redox Actice Chromophores: Preparation of Electrochromic Materials Using Stabilized Carbocations, In Recent Developments in Carbocation and Onium Ion Chemistry in ACS Symposium Series 965,American Chemical Society,2007年07月,S. Ito, K. Akimoto, and N. Morita

    単行本(学術書),160-183,編著

  • 日本語,トロポロン類の反応、トロポノイド化学-トロポン、トロポロン、トロピリウムイオンの化学-,アイピーシー,2008年09月,伊東俊司

    単行本(学術書),225-291,単著

  • 英語,Fulvene, In Houben-Weyl Methods of Molecular Transformations, Science of Synthesis, Compounds with All-Carbon Functions Monocyclic Arenes, Quasiarenes, and Annulenes,Georg Thieme Verlag.,2008年12月,S. Ito and N. Morita

    単行本(学術書),Vol. 45a, 429-482,編著

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 日本語,アズレン環の特性を活かした有機機能性物質の創出,有機合成化学協会,有機合成化学協会誌,62巻 8号 (頁 766 ~ 777) ,2004年08月,伊東俊司、森田 昇、久保貴弘

    総説・解説(その他),共著

  • 日本語,新規導入機器の紹介 フーリエ変換高分解能核磁気共鳴装置,弘前大学 機器分析センター,弘前大学 機器分析センター年報,1号 (頁 4 ~ 7) ,2008年02月,伊東俊司

    総説・解説(その他),単著

  • 日本語,アズレン化学の展望と応用,エヌ・ティー・エス,未来材料,8巻 10号 (頁 32 ~ 38) ,2008年09月,齋藤勝裕、川俣 純、伊東俊司

    総説・解説(商業誌),共著

  • 英語,The Chemistry of 2H-Cyclohepta[b]furan-2-one: Synthesis, Transformation and Spectral Properties,The Japan Institute of Heterocyclic Chemistry,Heterocycles,78巻 8号 (頁 1917 ~ 1954) ,2009年08月,N. Morita, K. Toyota, and S. Ito

    総説・解説(学術雑誌),共著

  • 英語,Creation of Stabilized Electrochromic Materials by Taking Advantage of Azulene Skeletons,John Wiley & Sons, Inc.,Eur. J. Org. Chem.,27号 (頁 4567 ~ 4579) ,2009年09月,S. Ito and N. Morita

    総説・解説(学術雑誌),共著

全件表示 >>