基本情報

写真a

宮本 量

MIYAMOTO Ryo


職名

准教授

ホームページ

http://www.st.hirosaki-u.ac.jp/~rmiya/sotsuken/index.html

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 理学博士

  • 理学修士

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会

  • 日本希土類学会

  • 錯体化学会

  • 日本コンピュータ化学会

  • 電子スピンサイエンス学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 物理化学

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    電子スピン, 分光学, 分子構造, 磁気共鳴, 磁性, コンピュータ化学, 金属錯体, 金属イオン, 希土類

    (研究概要)

    * 遷移金属錯体・希土類金属錯体中の電子スピンを観測して, 分子構造や分子の性質について研究する。
    * 遷移金属錯体・希土類金属錯体中の安定構造や電子状態を分子軌道法に基づいて理論的に計算して, 実際の分子の性質を予測しあるいは光反応機構を解明する。

    (協力できる内容)

    * 常磁性金属イオンなど電子スピンを機能の中心として含む物質・化合物の分子レベルでの物性測定。
    * 分光学的な測定 (紫外可視吸収, 赤外線吸収, 蛍光・リン光, その他) に基づく分子レベルでの物性測定。
    * 分子軌道法に基づく理論化学的な物性の解明と新規化合物の開発。

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Ab Initio Molecular Orbital Study of Emission Mechanism of 2,6-Bis(quinolnecarboxy)methylpyridine as Fluorescent Chemosensors for Zinc and Cadmium Ions (共著),Journal of Computer Chemistry, Japan.,2巻 2号 (頁 57 ~ 62) ,2003年06月,J. Kawakami, R. Miyamoto, K. Kimura, K. Obata, M. Nagaki, H. Kitahara

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Synthesis and Characterization of Chromium(III) Octaphenylporphyrin Complexes with Various Axial Ligands: An Insight into Porphyrin Distortion (共著),Inorganica Chimica Acta,358巻 8号 (頁 2489 ~ 2500) ,2005年05月,R. Harada, Y. Matsuda, H. Okawa, R. Miyamoto, S. Yamauchi, T. Kojima

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Reactivity of superoxide ions (O2-) occluded in micropores of calcium aluminosilicate varied via substitution with transition metal ions (共著),Studies in Surface Science and Catalysis,158巻 (頁 2001 ~ 2008) ,2005年12月,K. Sato, J. Iritani, R. Miyamoto, S. Fujita, K. Suzuki, M. Ohkawa, T. Mori

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Time-dependent DFT Study of Emission Mechanism of 8-Hydroxyquinoline Derivatives as Fluorescent Chemosensors for Metal Ions (共著),Journal of Computer Chemistry, Japan,5巻 1号 (頁 19 ~ 22) ,2006年03月,R. Miyamoto, J. Kawakami, S. Takahashi, S. Ito, M. Nagaki, H. Kitahara

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,A New Series of Radical-Triplet Pairs: Modulation of Radical-Triplet Interaction by a Counter Ion (共著),Molecular Physics,104巻 10-11号 (頁 1619 ~ 1626) ,2006年06月,L. Maretti, I. S. M. Saiful, T. Kajiwara, R. Miyamoto, Y. Ohba, S. Yamauchi

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,希土類とアクチノイドの化学,丸善 & Wiley,2008年02月,S. A. Cotton 著, 足立吟也 監修, 足立吟也, 日夏幸雄, 宮本量 訳

    単行本(学術書),全14章335頁中第4-8章の翻訳担当,共訳

  • 日本語,レアメタル便覧 (共著),丸善,2011年01月,足立吟也 監修・編集代表

    事典・辞書,第36章,共著

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 英語,Ab Initio Molecular Orbital Study of Emission Mechanism of Fluorescent Chemosensors for Metal Ions (共著),Global Research Network,Research Advances in Photochemistry & Photobiology,2巻 (頁 1 ~ 11) ,2003年04月,J. Kawakami, R. Miyamoto

    総説・解説(学術雑誌),共著

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,化学の基礎Ⅱ(G),21世紀教育科目

  • 2016年度,プログレス物理化学Ⅳ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,構造物理化学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,構造物理化学演習,専門教育科目(学部)

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 化学への招待 (日本化学会東北支部事業) 世話役,2008年08月

  • 化学への招待 (日本化学会東北支部事業),2012年08月

  • 化学への招待 (日本化学会東北支部事業),2013年08月

  • 化学への招待 (日本化学会東北支部事業),2015年08月