基本情報

写真a

片岡 俊一

KATAOKA SHUNICHI


職名

教授

ホームページ

http://www.st.hirosaki-u.ac.jp/~kataoka/

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学学士

  • 工学修士

  • 博士(工学)

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 土木学会

  • 日本建築学会

  • 日本地震学会

  • 地盤工学会

  • 日本自然災害学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 構造工学・地震工学・維持管理工学

  • 自然災害科学・防災学

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    耐震,地震時のゆれ,地震防災,構造物の振動

    (研究概要)

    地震工学のうち,地盤震動および地震動予測
     地震のゆれを地盤の状況を踏まえて,ある場合は詳細に,ある場合は簡便の予測す
    ることが主たる研究分野です.

    (協力できる内容)

    ・地震対策について
    ・構造物・地盤の振動について(地震以外も含む)

    (PR)

    地震時の地盤のゆれが専門ですが,地震だけでなく,構造物の振動や地盤の振動の
    問題でもお手伝いできると思います.

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,基礎の反力を利用した既存木造住宅の加力実験 (共著),日本建築学会技術報告集,19号 (頁 117 ~ 122) ,2004年06月,津村浩三

    研究論文(学術雑誌),共著,建築構造・材料,社会システム工学・安全システム

  • 日本語,近接したK-NET観測記録から見た青森県震度情報ネットワークの計測震度の特徴 (共著),第28回地震工学研究発表会論文集,2005年08月,市村強,菊地俊紀

    研究論文(その他学術会議資料等),共著,構造工学・地震工学・維持管理工学,社会システム工学・安全システム

  • 英語,Comparative study on methods to estimate site amplification using microtremor,Asia conference on earthquake engineering,2006年03月,なし

    研究論文(国際会議プロシーディングス),単著

  • 英語,Long period ground motion by large aftershocks of the 1923 Kanto earthquake"jointly worked",Proceedings of the 8th U. S. National conference on earthquake engineering,2006年04月,Miyakoshi Junichi, Sato Toshiaki, Hayakawa Takashi

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著,社会システム工学・安全システム

  • 日本語,地震動記録に基づく青森県内の強震観測点のサイト増幅度 (共著),日本地震工学会論文集,7巻 2号 (頁 110 ~ 129) ,2007年04月,山本博昭

    研究論文(学術雑誌),共著,社会システム工学・安全システム,構造工学・地震工学・維持管理工学

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,2003年三陸南地震,宮城県北部地震災害調査報告書,地盤工学会,2003年10月,風間基樹

    調査報告書,第1編 2003年三陸南地震,第3章「地盤震動」を共著,第2編 2003年宮城県北部地震,第3章「地震被害の全体像」,3.1節「地震の被害」を共著 ,共著,構造工学・地震工学・維持管理工学,社会システム工学・安全システム

  • 日本語,地盤震動-現象と理論-,日本建築学会,2005年01月,萩尾堅治

    単行本(学術書),2章3節を執筆,共著,建築構造・材料,社会システム工学・安全システム

  • 日本語,地震動のローカルサイトエフェクト-実例・理論そして応用-,土木学会,2005年03月,竹宮宏和他

    単行本(学術書),4.3.9,5.3.4章を執筆,共著,構造工学・地震工学・維持管理工学,社会システム工学・安全システム

  • 日本語,平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震災害調査報告書~地震・地震動および社会基盤施設の被害~,東日本大震災に関する東北支部学術合同調査委員会(第一部門),2013年06月,東日本大震災に関する東北支部学術合同調査委員会(第一部門)編

    調査報告書,第1章,共著,自然災害科学・防災学,構造工学・地震工学・維持管理工学

  • 日本語,東日本大震災-弘前大学からの展望,弘前大学出版会,2013年09月,弘前大学震災研究交流会編

    単行本(一般書),構想,第2章,共著,自然災害科学・防災学

全件表示 >>

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 日本語,地震動と地震動による被害状況,土木学会,土木学会誌,96巻 8号 (頁 10 ~ 14) ,2011年08月,後藤浩之,高橋彰浩,盛川仁,片岡俊一

    総説・解説(その他),共著

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,地理学の基礎,21世紀教育科目

  • 2016年度,科学・技術の最前線(E),21世紀教育科目

  • 2016年度,科学・技術の最前線(I),21世紀教育科目

  • 2016年度,コンピュータ演習,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 弘前市立清水公民館 明るい選挙出前講座,2008年08月

  • 青森県立田名部高校 下北半島学,2008年10月

  • 平成21年度 サイエンス体験ツアー,2009年07月

  • 早稲田中央町会 防災&夏祭りフェスタ2009,2009年08月

  • 弘前大学理工学部サイエンス・テクノフェア,2009年08月

全件表示 >>