基本情報

写真a

小野口 一則

ONOGUCHI KAZUNORI


職名

教授

ホームページ

https://sites.google.com/site/onoguchilabathirosakiuni/

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 情報科学博士

  • 工学修士

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 電子情報通信学会

  • ロボット学会

  • 日本機械学会ロボティックスメカトロニクス部門レスキューロボット機器研究会

  • 日本機械学会ロボティックスメカトロニクス部門第5地区技術委員会

  • 電気学会システム制御研究会ロボット視覚センサ応用技術調査専門委員会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 知覚情報処理

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    コンピュータビジョン、ロボットビジョン、画像処理

    (研究概要)

    ・車載画像認識技術
     車に搭載されたTVカメラの画像を用い、道路環境の状況を認識する。また、フロントウィンドウに付着した雨滴や汚れの状況を把握する。
    ・状況把握技術
     霧や降雪などの状況を監視カメラの映像から把握し、悪天候時の物体認識性能を向上させる。
    ・三次元形状獲得技術
     複数枚の画像から、対象物の三次元形状を復元する。
    ・パターン認識技術
     路面標示やレーンマーカなどの種類を画像から識別する。

    (協力できる内容)

    画像認識・画像処理アルゴリズムの構築

    (PR)

    画像から対象物の三次元位置、形状、種類などを認識する研究を行っています。

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,時間評価型オプティカルフローの検出,電子情報通信学会論文誌,J86-D-II巻 1号 (頁 52 ~ 62) ,2003年01月,岡田隆三,谷口恭弘,小野口一則

    研究論文(学術雑誌),アルゴリズムの基本概念考案,共著,知覚情報処理

  • 英語,Obstacle Detection Using Projective Invariant and Vanishing Lines,Proceedings of the Ninth IEEE International Conference on Computer Vision, (頁 330 ~ 337) ,2003年10月,Ryuzo Okada, Yasuhiro Taniguchi, Kenji Furukawa, Kazunori Onoguchi

    研究論文(国際会議プロシーディングス),アルゴリズムの検討,共著,知覚情報処理

  • 英語,Onboard Surveillance System for Automobiles Using Image Processing LSI,Proceedings of Intelligent Vehicles Symposium(IV'04), (頁 555 ~ 559) ,2004年06月,Kenji Furukawa, Ryuzo Okada, Yasuhiro Taniguchi, Kazunori Onoguchi

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

  • 英語,A Practical Stereo Scheme for Obstacle Detection in Automotive Use,Proceedings of International Conference on Pattern Recognition (ICPR’04),3巻 (頁 346 ~ 350) ,2004年08月,Hiroaki Nakai, Nobuyuki Takeda, Hiroshi Hattori, Yasukazu Okamoto, Kazuonri Onoguchi

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著,知覚情報処理

  • 日本語,複比と消失線に基づく車載単眼障害物検出,電子情報通信学会論文誌,J87-D-II巻 12号 (頁 2165 ~ 2175) ,2004年12月,岡田隆三,古川賢司,谷口恭弘,小野口一則

    研究論文(学術雑誌),共著,知覚情報処理

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,次世代ヒューマンインタフェース開発最前線(共著),株式会社 エヌティーエス,2013年06月,椎尾一郎他

    単行本(学術書),離散ウェーブレット変換を用いたジェスチャ認識の研究,共著,知覚情報処理

  • 英語,Pattern Recognition Applications and Methods, ICPRAM 2014, Revised Selected papers,Springer International Publishing,2015年03月,Ryuichi Ozaki, Kazunori Onoguchi

    単行本(学術書),SCHOG Feature for Pedestrian Detection,共著,知覚情報処理

  • 英語,Pattern Recognition Applications and Methods, ICPRAM 2016, Revised Selected papers,Springer International Publishing,2017年03月,Junki Ishizuka, Kazunori Onoguchi

    単行本(学術書),Raindrop Detection on a Windshield Based on Edge Ratio,共著,知覚情報処理

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 日本語,視界不良に強い画像監視手法,日本工業出版,画像ラボ,19巻 1号 (頁 29 ~ 34) ,2008年01月,小野口一則

    総説・解説(商業誌),単著,知覚情報処理

  • 日本語,CCDカメラを用いたレーンマーカの検出,一般社団法人 映像情報メディア学会,映像情報メディア学会誌,68巻 10号 (頁 775 ~ 779) ,2014年10月,小野口 一則

    総説・解説(学術雑誌),単著,知覚情報処理

  • 日本語,自動運転のためのレーン検出アルゴリズム,一般社団法人 電気学会,電気学会誌,135巻 7号 (頁 421 ~ 424) ,2015年07月,小野口 一則

    総説・解説(学術雑誌),単著,知覚情報処理

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • SI2006 優秀講演賞,2006年12月16日

  • SI2011 優秀講演賞,2011年12月25日

  • 平成24年電子・情報・システム部門大会 企画賞,2013年09月05日

  • 2015年度計測自動制御学会論文賞,2015年10月27日

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,情報Ⅱ,21世紀教育科目

  • 2016年度,コンパイラ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,プログラミング基礎,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,プログラミング演習Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 医用マイクロニクス人材養成ワーキング,2008年02月 ~ 2008年03月

  • メカトロニクスシステム要素技術研修コース,2008年08月 ~ 2008年10月