基本情報

写真a

種田 晃人

TANEDA AKITO


職名

准教授

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(工学)

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本金属学会

  • 日本バイオインフォマティクス学会

  • 日本RNA学会

  • 情報処理学会

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    計算機、シミュレーション、核酸、遷移金属、アルゴリズム

    (研究概要)

    ○DNA配列に現れる不完全な反復配列の検出とその繰り返し構造を解析するための手法の開発。
    ○第一原理計算に基づくタイトバインディングパラメーターの開発。
    ○タイトバインディング分子動力学法による遷移金属クラスターの安定構造と電子状態。

    (協力できる内容)

    文字列処理やシミュレーション用計算機プログラムのアルゴリズム

    (PR)

    生体分子(主に核酸)や遷移金属を対象として、シミュレーションやプログラミングによる問題解決(文字列処理、最適化問題など)を専門としています。

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Adplot: detection and visualization of repetitive patterns in complete genomes,Bioinformatics,2004年03月,A. Taneda

    研究論文(学術雑誌),単著,生命・健康・医療情報学

  • 英語,A genetic algorithm approach for finding the common structure of two homologous RNAs,15th International Conference on Genome Informatics (GIW2004) Poster and Software Demonstrations,2004年12月,A. Taneda

    研究論文(その他学術会議資料等),単著

  • 英語,Cofolga: a genetic algorithm for finding the common folding of two RNAs ,Computational Biology and Chemistry,2005年04月,A. Taneda

    研究論文(学術雑誌),単著

  • 英語,Prediction of Pseudoknotted RNA Structure by a Structural Alignment Using Genetic Algorithm,16th International Conference on Genome Informatics (GIW 2005) Poster and Software Demonstrations,2005年12月,A. Taneda

    研究論文(その他学術会議資料等),単著

  • 英語,Twelve novel C. elegans RNA candidates isolated by two-dimensional polyacrylamide gel electrophoresis ,Gene,2006年01月,Y Hokii, A Kubo, T Ogasawara, Y Nogi, A Taneda, R Arai, A Muto, C Ushida

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本遺伝学会第84回大会 Best Paper賞,2013年01月

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,電子情報工学実験Ⅲ,専門教育科目(学部)