基本情報

写真a

稲村 隆夫

INAMURA TAKAO


職名

教授

ホームページ

http://www.mech.hirosaki-u.ac.jp/mech/

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 工学博士

  • 工学修士

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本機械学会

  • 自動車技術会

  • 日本伝熱学会

  • 日本液体微粒化学会

  • 日本航空宇宙学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 熱工学

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    噴霧工学,微粒化,噴霧燃焼,熱・流体,燃料ノズル,流れの可視化,数値シミュレーション,エネルギー,自然エネルギー

    (研究概要)

    ○GDIエンジン用燃料噴射弁の開発と微粒化機構のモデリング
    ○燃料ノズル内のキャビテーションに関する基礎的研究
    ○風力発電システムに関する基礎的研究
    ○大動脈弓内の血流の可視化
    ○気流中での液滴の分裂に関する基礎的研究

    (協力できる内容)

    ・エネルギー関連
    ・流れの可視化

    (PR)

    燃焼機器やエネルギー関連機器でお困りの方は是非ご相談ください

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Prediction of Mean Droplet Size of Spray Issued from Wall Impingement-Type of Injector,AIAA Journal,42巻 3号 (頁 614 ~ 621) ,2004年03月,Inamura, T., Yanaoka, H. and Tomoda, T.

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Visualization of airflow around a single droplet deformed in an airstream "jointly worked",Atomization and Sprays,19巻 7号 (頁 667 ~ 677) ,2009年07月,「T.Inamura」 「H.Yanaoka」 「T.Kawada」

    研究論文(学術雑誌),研究計画、実験実施、実験結果の考察,共著,熱工学

  • 英語,Characteristics of Liquid Film and Spray Injected from Swirl Coaxial Injector,Journal of Propulsion and Power,19巻 4号 (頁 632 ~ 639) ,2003年07月,T.Inamura, H.Tamura, H.Sakamoto

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Characteristics of Sprays through a Wall Impingement Injector,Atomization and Sprays,14巻 4号 (頁 375 ~ 395) ,2004年07月,T.Inamura, T.Tomoda

    研究論文(学術雑誌),共著

  • 英語,Spray Formation from Wall Impingement-Type Atomizer,Proc. 9th International Conference on Liquid Atomization and Spray Systems, Sorrento, Italy,2003年07月,T.Inamura, M.Daikoku

    研究論文(国際会議プロシーディングス),共著

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,アトマイゼーション・テクノロジー -微粒化の基礎と基本用語辞典-,森北出版(株),2001年11月,中山満茂他

    単行本(学術書),第4章微粒化のモデリング,第5章5.2噴霧流動の数値シミュレーション,共著,熱工学

  • 英語,Handbook of Fluid Dynamics and Fluid Machinery,John Wiley & Sons,Inc.,1996年08月,J.A.Schetz, A.E.Fuhs, et al.

    単行本(学術書),Vol.I Chap.13 13.4.3 Two-Phase Jets in Cross Flow,共著,流体工学

  • 日本語,燃焼工学ハンドブック,日本機械学会,1995年07月,永井伸樹他

    単行本(学術書),第3章3-1.燃料の微粒化,共著,熱工学

  • 日本語,微粒子工学大系,第1巻基本技術,フジ・テクノシステム,2001年10月,柳田博明他

    単行本(学術書),第2章8-1.噴霧機構,共著,機能物性化学

  • 英語,Experimental Heat Transfer, Fluid Mechanics and Thermodynamics,Elsevier,1993年08月,M.D.Kelleher, et al.

    単行本(学術書),Vol.2, "Disintegration of Liquid and Slurry Jets Traversing Subsonic Airstreams",共著,流体工学

全件表示 >>

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 日本語,噴霧及び混合気形成:微粒化機構,自動車技術会,自動車技術,59巻 4号 (頁 40 ~ 43) ,2005年04月,稲村隆夫

    総説・解説(その他),単著

  • 日本語,渦巻同軸気流噴射器に関する研究,日本液体微粒化学会,微粒化,15巻 49号 (頁 2 ~ 13) ,2006年03月,稲村隆夫

    総説・解説(その他),単著

  • 日本語,弘前大学「医用システム開発マイスター」養成塾による地域連携,日本工学教育協会,工学教育,58巻 5号 (頁 7 ~ 11) ,2010年09月,小野俊郎,牧野英司,稲村隆夫

    総説・解説(学術雑誌),共著,教育工学

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本液体微粒化学会創立10周年記念論文賞,2001年12月21日

  • Participant Award for Most Attractive Poster,2008年11月19日

  • Outstanding Award for Research,2009年11月06日

  • 日本液体微粒化学会創立20周年記念論文賞,2011年12月19日

  • 日本化学工学会2011年度優秀論文賞,2012年03月16日

全件表示 >>

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,情報Ⅰ,21世紀教育科目

  • 2016年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,機械技術B,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,熱力学Ⅰ,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,熱力学Ⅱ,専門教育科目(学部)

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 第3回微粒化セミナー「液体微粒化のモデリング」(日本エネルギー学会・日本液体微粒化学会主催),2007年09月

  • SSH運営指導委員会委員,2008年04月 ~ 2010年03月

  • 八戸工業高等専門学校評議員会委員長,2008年04月 ~ 2012年03月