基本情報

写真a

小菅 正裕

KOSUGA MASAHIRO


取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)

  • 理学修士

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本地震学会

  • 日本測地学会

  • アメリカ地震学会(Seismological Society of America)

  • アメリカ地球物理学連合(American Geophysical Union)

  • 日本自然災害学会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 固体地球惑星物理学

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    地震・火山防災,地域防災,災害情報

    (研究概要)

    ○震源メカニズムの研究。震源近傍で観測した地震波形を用いて,地震がどの ような断層運動によって発生したかを推定。また,その空間分布から,東北日 本内陸の地殻内及び沈み込む太平洋プレート内応力場とテクトニクスを考察。
    ○低周波地震の発生機構。恐山や十和田近傍で発生する特異な低周波地震の発 生機構を,地震波の解析から研究。
    ○地震波の散乱と減衰。地震波の包絡線の形状や振幅から,地下の地震波散乱 構造や減衰構造を推定(東京大学地震研究所特定共同研究)。
    ○地震発生に至る準備過程。国の「地震予知のための新たな観測研究」計画に 基づき,地震発生前の準備過程においてどのような現象が発生するかを研究 (全国の関係大学との共同研究)。

    (協力できる内容)

    ・地震・火山防災対策について
    ・災害情報の伝達について

    (PR)

    地震防災をお考えの方はご相談ください

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,青森県東方沖のアスペリティ領域周辺における震源メカニズム解の空間分布,弘前大学理工学研究報告,8巻 1号 (頁 31 ~ 42) ,2005年08月,工藤洋平,小菅正裕

    研究論文(学術雑誌),共著,固体地球惑星物理学

  • 日本語,歪集中帯を中心とする大学合同地震観測—跡津川断層域を中心として—,地震研究所彙報,80巻 3/4号 (頁 133 ~ 147) ,2006年03月,歪集中帯大学合同地震観測グループ

    研究論文(学術雑誌),共著,固体地球惑星物理学

  • 日本語,地震波エンベロープを用いた新潟県中越地震のやや低周波の余震の検出,月刊地球,29巻 4号 (頁 252 ~ 256) ,2007年03月,小菅正裕

    研究論文(学術雑誌),単著,固体地球惑星物理学

  • 日本語,1968年十勝沖地震のサブイベント再考,東北地域災害科学研究,43巻 (頁 23 ~ 28) ,2007年03月,小菅正裕

    研究論文(学術雑誌),単著,固体地球惑星物理学

  • 英語,High-resolution aftershock observations in the source region of the 2004 mid-Niigata Prefecture Earthquake,Earth Planets Space,59巻 8号 (頁 923 ~ 928) ,2007年08月,Kato, A. 他

    研究論文(学術雑誌),共著,固体地球惑星物理学

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,東日本大震災 弘前大学からの展望,弘前大学震災研究交流会,2013年09月,檜槙貢,小菅正裕,片岡俊一,他

    単行本(学術書),第1章,共編著,固体地球惑星物理学,地盤工学,社会学

  • 日本語,岩木山を科学する2,北方新社,2015年12月,小菅 正裕

    単行本(一般書),岩木山の地震活動,分担執筆

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,地学の基礎Ⅱ(B),21世紀教育科目

  • 2016年度,科学・技術の最前線(I),21世紀教育科目

  • 2016年度,卒業研究,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,固体地球物理学,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,地学専門実験,専門教育科目(学部)

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 青森地方気象台における講演会,2008年11月

  • 弘前南高校出前講義,2012年07月

  • 日本自然災害学会オープンフォーラム,2012年09月

  • 弘前大学ドリーム講座,2014年10月

  • 弘前南高校南稜セミナー,2015年10月