基本情報

写真a

高田 晃

TAKADA NOBORU


職名

准教授

生年

1974年

メールアドレス

メールアドレス

研究室電話

0172-39-3771

研究室FAX

0172-39-3771

ホームページ

http://nature.cc.hirosaki-u.ac.jp/lab/2/biochem/takada/home.html

取得学位 【 表示 / 非表示

  • 博士(理学)

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本農芸化学会

  • 植物化学調節学会

  • 新規素材探索研究会

  • アメリカ化学会

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 天然物化学

  • 天然物化学

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    作物、生長制御、天然物化学、生命科学、組織培養

    (研究概要)

    天然物化学、植物生理学、有機機器分析

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 英語,Aurilide, a cytotoxic depsipeptide from the sea hare Dollabella auricularia: isolation, structure determination, synthesis, and biological activity.,Tetrahedron,60巻 (頁 8509 ~ 8527) ,2004年04月,Suenaga, K.; Mutou, T.; Shibata, T.; Itoh, T.; Fujita, T.; Takada, N.; Hayamizu, K.; Takagi, M.; Irifune, T.; Kigishi, H.; Yamada, K.

    研究論文(学術雑誌),共著,生物分子化学

  • 英語,Cytotoxic Antifeedant from Dionaea muscipula Ellis: A Defensive Mechanism of Carnivorous Plants against Predators. ,Bulletin of the Chemical Society of Japan,77巻 (頁 537 ~ 541) ,2004年04月,Tokunaga, T.; Dohmura, A.; Takada, N.; Ueda, M.

    研究論文(学術雑誌),共著,生物分子化学

  • 英語,Isolation of Tribromoacetamide from an Okinawan Alga and Biological Activities of Its Analogs.,Chemistry Letters,33巻 (頁 98 ~ 99) ,2004年04月,Kigoshi, H.; Ichino, T.; Takada, N.; Suenaga, K.; Yamada, A.; Yamada, K.; Uemura, D.

    研究論文(学術雑誌),共著,生物分子化学

  • 英語,Mechanism of antifeedant activity of plumbagin, a compound concerning the chemical defense in carnivorous plant.,Tetrahedron Letters,45巻 (頁 7115 ~ 7119) ,2004年04月,Tokunaga, T.; Takada, N.; Ueda, M.

    研究論文(学術雑誌),共著,生物分子化学

  • 英語,Stimulation of Lambertellol Production by Lambertella corni-maris under Acidic Conditions: a Plausible Mechanism of Mycoparasitism on Monilinia fructigena.,Bioscience, Biotechnology and Biochemistry,71巻 (頁 1230 ~ 1235) ,2007年04月,Murakami, T.; Nagai, S.; Takada, N.; Harada, Y.; Okuno, T.; Hashimoto, M.

    研究論文(学術雑誌),共著,生物分子化学

全件表示 >>

著書 【 表示 / 非表示

  • 日本語,細胞生物学実験法,朝倉書店,2007年04月,野村港二、朝比奈雅志、高田 晃 他

    単行本(学術書),共著,生物分子化学

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 日本語,ランと菌の生存を賭けた闘争 レブンアツモリソウの共生発芽実験から見た「共生」の実体,学会出版センター,化学と生物,44巻 (頁 261 ~ 264) ,2006年04月,志村華子、高田 晃、幸田泰則

    総説・解説(その他),共著,生物分子化学

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 日本化学会第75秋季年会シンポジウム講演賞,1998年04月01日

  • 第43回天然有機化合物討論会奨励賞,2001年04月01日

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,化学の基礎Ⅰ(A),21世紀教育科目

  • 2016年度,化学の基礎Ⅰ(B),21世紀教育科目

  • 2016年度,物理学の基礎Ⅰ(A),21世紀教育科目

  • 2016年度,物理学の基礎Ⅰ(B),21世紀教育科目

  • 2016年度,物理学の基礎Ⅱ(B),21世紀教育科目

全件表示 >>

 

学外の社会活動(高大・地域連携等) 【 表示 / 非表示

  • 八戸高等学校模擬講義,2007年08月

  • ドリーム講座(三本木高校),2008年11月

  • 進学説明会(八戸西高),2009年06月

  • ドリーム講座(三沢高校),2009年09月

  • ひらめき☆ときめきサイエンス,2014年09月

全件表示 >>