基本情報

写真a

伊藤 大雄

ITO DAIYU


取得学位 【 表示 / 非表示

  • 農学

所属学会・委員会 【 表示 / 非表示

  • 日本蚕糸学会

  • 日本農業気象学会

  • 園芸学会

  • 日本作物学会

  • 北日本病害虫研究会

全件表示 >>

専門分野(科研費分類) 【 表示 / 非表示

  • 農業環境・情報工学

  • 園芸科学

自己PR 【 表示 / 非表示

  • (連携キーワード)

    落葉果樹 受光態勢 光合成 蒸発散 地球温暖化

    (研究概要)

    専門分野:農業気象学 果樹園芸学
    現在までの研究概要
    ○微気象学的手法を用いた樹園地の二酸化炭素フラックス並びに水収支に関する研究
    ○白神山地の気象特性、蒸発散並びに二酸化炭素フラックスに関する研究
    ○シミュレーションによる樹形、受光態勢並びに個体群光合成に関する研究
    ○リンゴの無農薬/減農薬栽培に関する研究
    ○リンゴの平棚仕立て栽培に関する研究
    ○リンゴにおける高次倍数体の作出とその形質に関する研究
    ○リンゴ樹/リンゴ葉の光合成・蒸散速度の観測研究

    (協力できる内容)

    ○受光態勢や物質生産に関わる共同研究及び情報提供
    ○作物群落の水収支や二酸化炭素収支に関する共同研究及び情報提供
    ○果樹の減農薬・無農薬栽培に関する共同研究及び情報提供
    ○地球温暖化の農業への影響に関する情報提供

    (PR)

    藤崎農場の専任教官として、リンゴ園をはじめとしてフィールドに立脚した教育研究活動を行っています。全学部を対象とした授業では、地球温暖化問題を扱っています。かつては蚕糸学を専門としており、インドにおいて蚕糸分野で技術指導を行った経験があります。

 

論文 【 表示 / 非表示

  • 日本語,ニホンナシ混合芽の自発休眠覚醒を抑制する温度条件について,農業気象,59巻 1号 (頁 43 ~ 49) ,2003年03月,杉浦俊彦,伊藤大雄,黒田治之,本條均

    研究論文(学術雑誌),実験の一部 ,共著,園芸科学

  • 日本語,ニホンナシ園における実蒸発散量測定とその気象的推定法の検討(続報),東北の農業気象,48巻 (頁 1 ~ 4) ,2004年03月,伊藤大雄・杉浦俊彦・黒田治之

    研究論文(学術雑誌),計画 実験 執筆,共著,農業環境・情報工学

  • 英語,Parthenocarpy and Self- and Cross-incompatibility in Ten European Pear Cultivars,園芸学会雑誌,74巻 6号 (頁 424 ~ 430) ,2005年11月,Yuki Moriya, Yoshihiro Takai, Kazuma Okada, Daiyu Ito, Yunosuke Shiozaki, Tetsu Nakanishi and Takeshi Takasaki

    研究論文(学術雑誌),実験の補助  データ解析の補助,共著,園芸科学

  • 日本語,ニホンナシ園における蒸発散速度の実態解明と日蒸発散量の推定,農業気象,62巻 1号 (頁 23 ~ 32) ,2006年03月,伊藤大雄・杉浦俊彦・黒田治之

    研究論文(学術雑誌),計画 実験 執筆,共著,農業環境・情報工学

  • 日本語,白神山地フラックスタワーの概要と気象概況(2008年7月~10月),白神研究,6号 (頁 18 ~ 25) ,2009年06月,石田祐宣,伊藤大雄,松浦友一朗

    研究論文(学術雑誌),共著

全件表示 >>

解説・総説記事・翻訳等 【 表示 / 非表示

  • 日本語,果樹園における温室効果ガスの収支,日本園芸農業協同組合連合会,果実日本,59巻 6号 (頁 26 ~ 29) ,2004年06月,伊藤大雄

    総説・解説(商業誌),単著

学術関係受賞 【 表示 / 非表示

  • 蚕糸学進歩賞,1988年04月03日

  • 優秀ポスター賞,2016年03月16日

 

担当授業科目 【 表示 / 非表示

  • 2016年度,21世紀の環境問題(A)(1),21世紀教育科目

  • 2016年度,21世紀の環境問題(A)(2),21世紀教育科目

  • 2016年度,作物生態学,専門教育科目(学部)

  • 2016年度,農場実習(園芸農学),専門教育科目(学部)

  • 2016年度,農場実習(応用生命・生物資源),専門教育科目(学部)

全件表示 >>