2021/03/21 更新

写真a

ロクノヘ ダイキ
六戸 大樹
ROKUNOHE Daiki
所属
医学系 臨床医学領域
専任担当
医学研究科 医科学専攻 皮膚科学講座

学位

  • 博士(医学)

研究分野

  • ライフサイエンス / 皮膚科学

所属学協会

  • 日本皮膚外科学会

  • 日本臨床皮膚科医会

  • 日本皮膚悪性腫瘍学会

  • 日本研究皮膚科学会

  • 日本皮膚科学会

論文

  • Significance of IL36RN mutation analyses in the management of impetigo herpetiformis: A case report and review of published cases

    Miyuki Yoshikawa, Daiki Rokunohe, et al

    The Journal of Dermatology   2021年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Occupational ionizing radiation-induced skin injury among orthopedic surgeons: A clinical survey

    Toru Asai, Daiki Rokunohe, et al

    Journal of Orthopaedic Science   2020年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Analysis of the mechanism underlying a mild phenotype of hereditary coproporphyria due to a homozygous missense mutation in the transcription initiation codon of the coproporphyrinogen III oxidase gene

    Tomohisa Fukui, Eijiro Akasaka, Daiki Rokunohe, et al

    Journal of Dermatological Science   100 ( 2 )   156 - 159   2020年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Deciphering UV-induced DNA Damage Responses to Prevent and Treat Skin Cancer

    Lee JW, Ratnakumar K, Hung KF, Rokunohe D, Kawasumi M

    Photochem Photobiol   2020年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 当科で遺伝子診断を行ったDarier病

    六戶大樹,豊巻由香,中野 創,澤村大輔

    第33回角化症研究会記録集   2019年03月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(研究会,シンポジウム資料等)   共著区分:共著  

  • Nagashima-type palmoplantar keratoderma and malignant melanoma in Japanese patients.

    Korekawa A, Akasaka E, Rokunohe D, et al

    British Journal of Dermatology   180 ( 2 )   415 - 416   2019年02月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • The first Japanese case of familial porphyria cutanea tarda diagnosed by a UROD mutation.

    Matsui A, Akasaka E, Rokunohe D, et al

    Journal of Dermatological Science   93 ( 1 )   65 - 67   2019年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • さまざまな組織像を呈し悪性化の徴候がみられたらせん腺腫の1例

    福井 智久, 金子 高英, 六戸 大樹, 中野 創, 澤村 大輔

    臨床皮膚科   72 ( 11 )   869 - 874   2018年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Juvenile temporal arteritis with eosinophilia associated with systemic sclerosis

    Matsui A, Kaneko T, Takiyoshi N, Rokunohe D

    Journal of Dermatology   44 ( 3 )   e50 - e51   2017年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Rubinstein-Taybi syndrome with multiple pilomatricomas: The first case diagnosed by CREBBP mutation analysis.

    Daiki Rokunohe, Hajime Nakano, Eijiro Akasaka, Yuka Toyomaki, Daisuke Sawamura

    Journal of Dermatological Science   83 ( 3 )   240 - 242   2016年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:単著  

    PubMed

  • Usefulness of ultrasonography in the diagnosis of ischaemic fasciitis

    Takahide Kaneko, Daiki Rokunohe, Noriko Takiyoshi et al.

    Clinical and Experimental Dermatology   41 ( 5 )   502 - 505   2016年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Immunosuppressive effect of adipose-derived stromal cells on imiquimod-induced psoriasis in mice.

    Rokunohe A, Matsuzaki Y, Rokunohe D,他

    Journal of dermatological science   82 ( 1 )   50 - 53   2016年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Primary Amelanotic Rhabdoid Melanoma: A Case Report with Review of the Literature.

    Kaneko T, Korekawa A, Akasaka E, Rokunohe D,他

    Case reports in dermatology   7 ( 3 )   292 - 297   2015年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Mycosis fungoides bullosa associated with bullous pemphigoid

    Korekawa A, Kaneko T, Nakajima K, Rokunohe D, 他

    International Journal of Dermatology   54 ( 9 )   e366 - e368   2015年09月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 最近話題の皮膚疾患 Transient neonatal zinc deficiency

    六戸 大樹, 中野 創, 澤村 大輔

    臨床皮膚科   69 ( 5 )   27 - 30   2015年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Pemphigoid gestationis with prepartum flare.

    Minakawa S1, Kaneko T, Rokunohe D, Nakajima K, Matsuzaki Y, Nakano H, Hashimoto T, Sawamura D

    The Journal of Dermatology   2014年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 後腹膜腔原発B細胞リンパ腫を伴った腫瘍随伴性天疱瘡

    六戸 大樹, 赤坂 英二郎, 北村 英夫, 原田 研, 古賀 浩嗣, 橋本 隆

    皮膚病診療   35 ( 9 )   889 - 892   2013年09月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Multiple aplasia cutis congenita lesions located along Blaschko's lines in a patient with tetralogy of Fallot-A.

    Daiki Rokunohe, Eijiro Akasaka, Akiko Rokunohe, Takahide Kaneko, Yasushi Matsuzaki, Noriko Takiyoshi, Takayuki Aizu, Hajime Nakano, Daisuke Sawamura

    Journal of dermatological case reports   6 ( 2 )   40 - 42   2012年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Buschke-Ollendorff syndrome associated with hypertrophic scar formation: a possible role for LEMD3 mutation.

    A Korekawa, H Nakano, Y Toyomaki, N Takiyoshi, D Rokunohe, E Akasaka, K Nakajima, D Sawamura

    The British journal of dermatology   166 ( 4 )   900 - 903   2012年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Spindle Cell Hemangioma and Decorin Expression

    D Rokunohe, H Takeda, T Kaneko, T Aizu, E Akasaka, Y Matsuzaki, H Nakano, D Sawamura

    Journal of Cosmetics, Dermatological Sciences and Applications   2 ( 1 )   8 - 10   2012年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 皮膚粘液癌の1例

    六戸 大樹, 北村 英夫, 原田 研, 三戸 聖也, 古賀 雄二

    青森県立中央病院医誌   56 ( 4 )   161 - 164   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Diffuse and focal palmoplantar keratoderma can be caused by a keratin 6c mutation.

    E Akasaka, H Nakano, A Nakano, Y Toyomaki, N Takiyoshi, D Rokunohe, Y Nishikawa, A Korekawa, Y Matsuzaki, Y Mitsuhashi, D Sawamura

    The British journal of dermatology   165 ( 6 )   1290 - 1292   2011年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 中波長紫外線(UVB)はヒト表皮細胞のRetinoic Acid-Inducible Gene-I 発現誘導を抑制する

    木村 一之, 松崎 康司, 北村 英夫, 赤坂 英二郎, 六戸 大樹, 中野 創, 今泉 忠淳, 佐藤 敬, 澤村 大輔

    弘前醫學   62 ( 1 )   1 - 6   2011年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • LEMD3遺伝子のエクソン/イントロン接合領域に遺伝子変異を認めたBuschke-Ollendorff syndrome

    是川 あゆ美, 中野 創, 六戸 大樹, 赤坂 英二郎, 中島 康爾, 豊巻 由香, 澤村 大輔

    弘前醫學   62 ( 2 )   117 - 121   2011年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 紫外線防御機構におけるメラノサイト,ケラチノサイトのエンドセリン-1/幹細胞因子を介した相互作用

    赤坂 英二郎, 中野 創, 神 可代, 木村 一之, 六戸 大樹, 芋川 玄爾, 澤村 大輔

    弘前醫學   62 ( 2 )   138 - 143   2011年04月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Relation between the expression levels of the POU transcription factors Skn-1a and Skn-1n and keratinocyte differentiation.

    Hironobu Takemoto, Katsuto Tamai, Eijiro Akasaka, Daiki Rokunohe, Noriko Takiyoshi, Noriko Umegaki, Koji Nakajima, Takayuki Aizu, Takahide Kaneko, Hajime Nakano, Daisuke Sawamura

    Journal of dermatological science   60 ( 3 )   203 - 205   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Raf kinase inhibitor protein expression correlates with differentiation but not with ERK phosphorylation in cutaneous squamous cell carcinoma.

    Daiki Rokunohe, Hajime Nakano, Eijiro Akasaka, Kazuyuki Kimura, Noriko Takiyoshi, Koji Nakajima, Takayuki Aizu, Takahide Kaneko, Yasushi Matsuzaki, Shigeki Tsuchida, Daisuke Sawamura

    Journal of dermatological science   60 ( 3 )   199 - 201   2010年12月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Leukemia cutis is an early sign of blast transformation that may mimic a common skin disease: sycosis-like eruptions in chronic myelomonocytic leukemia.

    Sonoko Takeuchi, Eijiro Akasaka, Daiki Rokunohe, Sato-Jin Kayo, Yasushi Matsuzaki, Hanae Ooshima, Hajime Nakano, Daisuke Sawamura

    The Journal of dermatology   37 ( 10 )   916 - 918   2010年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Giant cutaneous granular cell tumour with papillomatous appearance

    Rokunohe D, Nakano H, Oshima H, Nakajima K, Aizu T, Kaneko T, Sawamura D

    Clinical and Experimental Dermatology   35 ( 3 )   e7 - e9   2010年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Disseminated lupus vulgaris diagnosed more than 63 years after onset due to early misdiagnosis as a port-wine stain.

    S Takeuchi, H Nakano, D Rokunohe, E Akasaka, A Nishizawa, Y Matsuzaki, D Sawamura

    Clinical and experimental dermatology   35 ( 3 )   e28 - e29   2010年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Linear immunoglobulin A bullous dermatosis possibly induced by mefenamic acid.

    Kayo Jin, Hajime Nakano, Eijiro Akasaka, Daiki Rokunohe, Satoko Minakawa, Satoko Minagawa, Norito Ishii, Takashi Hashimoto, Daisuke Sawamura

    The Journal of dermatology   37 ( 3 )   269 - 271   2010年03月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A linear basal cell carcinoma undergoing spontaneous regression.

    Takiyoshi N, Nakano H, Kaneko T, Aizu T, Nakajima K, Kimura K, Akasaka E, Rokunohe D

    Clinical and Experimental Dermatology   34 ( 7 )   e411 - e413   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • An eclipse in the subungual space: a diagnostic sign for a subungual epidermal cyst?

    Takiyoshi N, Nakano H, Matsuzaki Y, Aizu T, Kaneko T, Rokunohe D

    The British journal of dermatology   161 ( 4 )   962 - 963   2009年10月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Novel and recurrent nonsense mutation of the SLC39A4 gene in Japanese patients with acrodermatitis enteropathica.

    Nakano H, Nakamura Y, Kawamura T, Shibagaki N, Matsue H, Aizu T, Rokunohe D

    The British Journal of Dermatology   161 ( 1 )   184 - 186   2009年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Multiple desmoplastic trichoepitheliomas with ossification and cholesterol deposition.

    Takiyoshi N, Nakano H, Kaneko T, Aizu T, Nakajima K, Akasaka E, Rokunohe D

    Clinical and experimental dermatology   34 ( 5 )   634 - 635   2009年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Novel p.M1T and recurrent p.G301S mutations in cathepsin C in a Japanese patient with Papillon-Lefèvre syndrome: implications for understanding the genotype/phenotype relationship.

    Ochiai T, Nakano H, Rokunohe D, et al.

    Journal of Dermatological Science   53 ( 1 )   73 - 75   2009年01月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • A novel homozygous missense mutation in the fatty aldehyde dehydrogenase gene causes Sjögren-Larsson syndrome.

    Hajime Nakano, Eijiro Akasaka, Daiki Rokunohe, Shohei Yokoyama, Yuka Toyomaki, Noriko Umegaki, Yoshihiko Mitsuhashi, Daisuke Sawamura

    Journal of dermatological science   52 ( 2 )   136 - 138   2008年11月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Calcineurin/NFAT-dependent regulation of 230-kDa bullous pemphigoid antigen (BPAG1) gene expression in normal human epidermal keratinocytes.

    Takayuki Aizu, Katsuto Tamai, Hajime Nakano, Daiki Rokunohe, Yuka Toyomaki, Jouni Uitto, Daisuke Sawamura

    Journal of dermatological science   51 ( 1 )   45 - 51   2008年07月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Papillon-Lefèvre syndrome and malignant melanoma. A high incidence of melanoma development in Japanese palmoplantar keratoderma patients.

    Koji Nakajima, Hajime Nakano, Noriko Takiyoshi, Akiko Rokunohe, Satsuki Ikenaga, Takayuki Aizu, Takahide Kaneko, Yoshihiko Mitsuhashi, Daisuke Sawamura

    Dermatology (Basel, Switzerland)   217 ( 1 )   58 - 62   2008年06月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • Reduction in epidermal Langerhans cells in patients with necrolytic migratory erythema

    Rokunohe D, Nakano H, Ikenaga S, Umegaki N, Kaneko T, Matsuhashi Y, Tando Y, Toyoki Y, Hakamada K, Kusumi T, Harada K, Sawamura D

    Journal of dermatological science   50 ( 1 )   76 - 80   2008年04月

     詳細を見る

    記述言語:英語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

  • 治療 表在型基底細胞癌に対する5%イミキモドの使用経験

    六戸 亜希子, 板井 恒二, 六戸 大樹

    臨床皮膚科   60 ( 11 )   1068 - 1070   2006年10月

     詳細を見る

    記述言語:日本語   掲載種別:研究論文(学術雑誌)   共著区分:共著  

▼全件表示

受賞

  • The 28th KSID Annual Meeting-Poster Presentation Award

    2019年03月

  • 第113回日本皮膚科学会総会アブストラクト賞

    2014年05月

担当授業科目(学内)

  • 2020年度年度,クリニカルクラークシップ I,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,クリニカルクラークシップ II,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,皮膚科学,専門教育科目(学部)

  • 2020年度年度,最新医学の動向,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2019年度年度,クリニカルクラークシップ I,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,クリニカルクラークシップ II,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,皮膚科学,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,臨床医科学III-I 皮膚科学,専門教育科目(学部)

  • 2019年度年度,最新医学の動向,博士一貫課程・博士後期課程

  • 2018年度年度,最新医学の現状(U),21世紀教育科目

  • 2018年度年度,BSL,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,クリニカルクラークシップ,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,プレBSLおよびOSCE試験官,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,ポストBSLおよび試験官,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,皮膚科学,専門教育科目(学部)

  • 2018年度年度,医学・医療の世界-最新医学の現状B-,教養教育科目

  • 2009年度年度,クリニカルクラークシップ,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,チュートリアル,専門教育科目(学部)

  • 2009年度年度,臨床実習(BSL),専門教育科目(学部)

▼全件表示

社会貢献活動

  • Tohoku Melanoma Network Conference

    2020年11月

  • Melanoma Expert Seminar in TOHOKU

    2020年10月

  • Melanoma Expert Seminar in Morioka

    2020年09月

  • Melanoma Expert Seminar in Hirosaki

    2020年02月

  • 第7回 免疫チェックポイント阻害剤 適正使用に向けた院内意見交換会

    2020年02月

  • 第26回アレルギー週間 市民公開講座

    2020年02月

  • Immuno-Oncology Seminar in Hirosaki

    2019年10月

  • Sanofi Asthma Forum in Hirosaki

    2019年09月

  • 第20回 弘前市医師会 医療従事者学術講演会

    2019年07月

  • 北東北水疱症セミナー

    2018年10月

  • 第121回 弘前皮膚科専門医会

    2015年09月

  • 青森県鍼灸マッサージ師会生涯研修会 市民公開講座

    2014年10月

▼全件表示